[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 今日ネタ! >> ニュース詳細

”築地改修案”市場関係者の間で賛否

2017年4月10日放送 7:13 - 7:20 テレビ朝日
グッド!モーニング 明快!まとめるパネル

築地改修案についてスタジオで検証した。市場問題PTが公表した案では、現在平屋構造の築地市場を大きく変えず1階を市場、2階を駐車場に新築する。工期は計7年。総事業費は734億円と想定内に納まった。維持管理費は年間10~20億円で赤字になるが、豊洲新市場ではこれが100~150億かかることから、改修案が採用されれば赤字は1/7~1/15に軽減される計算になる。
市場は集まった魚を大卸が引き受けセリを行う。そして仲卸が各小売、飲食店に売るというのが市場の主な仕組みだ。この大卸と仲卸との間に対立が生まれている。仲卸業者の多くは改修案に賛成で豊洲移転に反対している。一方、大卸業者の7~8割は移転に賛成しており改修案には反対だ。移転反対派の東京都水産物販売者協会 伊藤裕康会長は「改修案は物流をわかっていない」「築地市場は以前は合理的な設計だった」と話している。
築地市場は1935年開場した。杉山淳一氏によると当初物流の基本は“鉄道と船”だった。船着き場から魚が卸されてセリを行う。これが駅に出荷できる合理的な設計だった。しかし今はトラックが主流となっている。そこで移転推進派は、築地市場はトラック対応になっていない、日中でも渋滞しやすく道幅もせまいとし指摘。杉山氏も豊洲市場の方が大型トラックに対応し便利だとしていると話している。
30年前の築地再整備計画では営業活動への影響から調査が難航、工期の遅れや整備費が増大し、400億円投入したところで頓挫した。移転推進派の築地東京青果物商業協同組合 泉未紀夫理事長は改修案に対し、この再整備計画が頓挫したことを引いて批判した。今後市場問題PTは5月に報告書をまとめ「市場のあり方戦略本部」が検討した後、最終的に小池都知事が移転の可否を判断する。


キーワード
小池百合子築地市場築地市場移転計画東京都水産物卸売業者協会豊洲市場築地東京青果物商業協同組合泉未紀夫市場問題プロジェクトチーム伊藤裕康

TVでた蔵 関連記事…

豊洲移転問題のイマ 側近「築地民営化ある」 (あさチャン! 2017/8/17 5:25

「築地・豊洲併用」で困惑 行政手続きに問題? (あさチャン! 2017/8/17 5:25

都プロジェクトチーム “安全宣言の必要なし” (首都圏ニュース845 2017/8/4 20:45

豊洲移転問題 都プロジェクトチーム ”安全宣言… (首都圏ネットワーク 2017/8/4 18:10

就任1年 市場移転問題は (報道ステーション 2017/8/2 21:54

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.