[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 今日ネタ! >> ニュース詳細

競泳 渡辺一平 20歳 世界新誕生の理由

2017年5月15日放送 22:53 - 23:04 テレビ朝日
報道ステーション (スポーツニュース)

今年1月29日に行われた北島康介杯・200m平泳ぎ決勝で、世界新記録となる2分6秒67をマークした渡辺一平。渡辺の凄さはまずその体。193センチの身長に対して体重78キロという細長い体型が、水の抵抗を受けにくく有利だという。さらに、肩の柔軟性という特徴を持っている渡辺。正面から泳ぎを見ると、他の多くの選手と違って腕の形がM字になっていることがわかる。これによって水を捉える位置が頭より前になり、より大きな推進力を得ることができているという。
1997年・大分県出身の渡辺は、「一人の平凡な男になってほしい」との願いを込めて「一平」と名付けられた。しかし、渡辺は7歳で水泳を始めると非凡な才能を発揮。その競泳人生の中で、掲げた目標は1年以内に達成し続けてきたという。そして、高校3年生のときに出場したユース五輪で金メダルを獲得した渡辺は、去年のリオ五輪200m平泳ぎ・準決勝で目標である2分7秒台の達成だけでなく、五輪記録をも更新してみせた。金メダルへの期待も高まる中、同室だった萩野公介に「金メダル部屋を作ろう」という言葉をかけられたという渡辺は、「準決勝と同じことをしようと考えた。その時点で準決勝を超えることはできなかった」と振り返る通り、迎えた翌日の決勝では準決勝よりタイムの遅い6位に終わった。このレースを見ていた奥野景介コーチは「失敗は『最大のハードルは決勝進出』と言ってしまったこと。短時間ですぐ次の目標設定をするステップが足りなかった」と反省を口にする。しかし、常に高い目標を持ち続ける重要性に気づいたことは、渡辺にとって大きな転機となった。渡辺がリオ五輪直後に立てた目標は、世界記録の更新。これをあえて口に出すことで有言実行を目指した。思い描いていたのは、金メダルへの大きな期待が寄せられる中で北京五輪に出場し、結果を残した北島康介だ。そして今年1月、渡辺は北島康介杯・200m平泳ぎ決勝で世界記録更新の目標を達成した。レースを見た北島康介は「楽そうに世界記録を出した。もっと伸びしろがある」と評した。そんな渡辺一平の次の目標は「2分5秒台で優勝する」だった。


キーワード
萩野公介北京オリンピックリオデジャネイロオリンピック渡辺一平南京ユースオリンピック2017年世界水泳選手権第10回東京都選手権水泳競技大会 KOSUKE KITAJIMA CUP 2017

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.