[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年3月15日放送 19:00 - 21:54 日本テレビ

「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル

出演者
(オープニング)
オープニング

盗撮・盗聴・詐欺・窃盗・痴漢…逮捕までの一部始終!!

オープニングトーク

藤井貴彦ら出演者が挨拶。

「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル
恐怖!盗撮犯はすぐ近くに 犯人逮捕までの全記録/カップルの寝室で盗聴器発見 撃撮!犯人逮捕までの全記録

酒井賢一さんが車を走らせていると盗聴波を捉える機械が電波をキャッチした。アパートの2階を訪ね、盗聴波が出ている可能性を説明した。部屋の借り主は20代会社員の男性で盗聴されるような心当たりは全くないという。盗聴器は電源タップだった。男性は半年前から女性と同居を始めていた。電源が足りなくなり延長コードを買ったという。その時、直接壁のコンセントに付けていた。酒井さんは彼女のストーカーなのか興味本位でやっている人間の可能性が高いと説明した。盗聴器を外すと盗聴犯が確認のために部屋に侵入する可能性があるので小型カメラを設置した。

キーワード
盗聴
侵入した盗聴犯は驚きの人物 カメラは全てを捉えていた

3日後、盗聴器が仕掛けられていた部屋の男性から連絡が入り酒井さんが仕掛けたカメラがなくなっていたと連絡が入った。男性は7時に仕事から帰宅し部屋の異変に気付いたという。カメラとハードディスクの他に干してあった女性用下着、パソコンもなくなっていた。1台設置していた居間のカメラは無事だったので同居する女性と共に確認した。

キーワード
盗聴

午前8時20分、家主の男性が出勤、午後1時54分、ドアポストから人がいない事を確認してから犯人が侵入した。

キーワード
盗聴
侵入した盗聴犯は驚きの人物 カメラは全てを捉えていた/侵入した盗聴犯は“元同僚” 合鍵入手の卑劣な手口

午後1時54分、メガネをかけた男が部屋に侵入した。4分の間に男は小型カメラの映像を記録するハードディスクを持ち出し1回外へ出た。午後4時4分、男は再び侵入しノートパソコンを持ち出した。家主の男性は男に見覚えはなかったが同棲している彼女は先月辞めた職場の先輩に似ている事に気付いた。犯人の服装は青と黒のネルシャツ、胸ポケットにスマートフォン。男は既婚者でたまに話をする程度、自宅を教えた事もなかった。

キーワード
盗聴

酒井賢一さんらが元同僚の自宅を張り込んだ。出てきた男は小型カメラに映った犯人と同じ青と黒のネルシャツ、手に持っていたスマートフォンも犯人が胸に刺していたものと同じだった。数日後、被害者の男性と共に元同僚の自宅へ向かい男が出てくるのを待った。

キーワード
盗聴
(番組宣伝)
得する人損する人

得する人損する人の番組宣伝。

フランケンシュタインの恋

フランケンシュタインの恋の番組宣伝。

「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル
元同僚の盗聴犯を徹底追跡!“証拠がない”卑劣な態度に怒り/ついに盗聴犯逮捕へ!“元同僚”に下った判決は?

酒井賢一さんが車に乗り込もうとした元同僚の男から話を聞いた。すると何も知らないと白を切った。画像を要求する男に酒井さんが犯行当時の写真を見せると男は犯行を認めた。男は会社の机にあった鍵を持っていって合鍵を作り財布に入っていた免許証から住所を調べていた。犯行理由を聞かれた男は抑えきれなかったと供述し女性が感じた恐怖感や自分の犯した罪の深さを分かっていなかった。男はこの日の夜に住居侵入、窃盗、器物損壊の容疑で逮捕された。盗んだカメラやパソコンは証拠隠滅のために川に投げ捨てていた。懲役2年、執行猶予3年の判決がくだされた。

キーワード
住居侵入器物損壊罪盗聴窃盗罪
盗聴犯は身近にいる!どうすれば身を守れる?

スタジオに犯行に使われたものと同型の盗聴器が登場。盗聴器の電波は微弱なのでそばで聞いている可能性があるという。菅野朋子さんは「盗聴自体は罪にならない。誰かに内容を話したり情報を売って利益を得たりそういうのは電波法違反になる」と話した。

キーワード
盗聴電波法
生活保護不正受給は170億円 あきれた実態を徹底追跡

2015年度の生活保護費の不正受給は4万3938件、169億9408万円にのぼり年々増加している。こうした一部の不正受給者のために本当に生活保護を必要としている人にも迷惑がかかっている。

キーワード
生活保護
だまし取られる生活保護費 不正受給を徹底追跡!/生活保護で“余裕の生活”追跡で判明!まさかの行き先

愛媛県松山市の松山市役所に生活保護費の不正を調査する専門チームがある。メンバーは役所の職員と警察OBで構成され彼らは不正受給の疑いがある人物を追跡、その実態をあぶり出す。彼らが調査する50代の女性は介護の仕事をしているが収入が約4万円しかなく生活が苦しいと深刻、足りない生活費として月約8万円を受け取っていた。だが匿名の通報で役所に登録している住所に住まず車を乗り回しているという。保護費のうち約3万円は家賃として支給されている。女性が借りているマンションへ行くとポストに入ったチラシは雨風でボロボロになっていた。電気メーターも回っていなかった。女性の実家は貸店舗で父親は家賃収入を得ていた。親族から援助が可能であれば生活保護を受ける理由はない。職員は実家の前で張り込みを行った。2時間後、女性が実家から出てきた。そして停めてあった車を運転しだした。松山市では事故などの賠償が出来ない恐れがあるため受給者の車の運転は原則禁止にしている。車の行き先は行列のできる人気店だった。

キーワード
松山市役所松山市(愛媛)生活保護
生活保護で“余裕の生活” ドライブ先は行列のパン屋さん/生活保護で“余裕の生活” なぜ可能?驚きの“カラクリ”

生活保護費不正受給をする50代女性の車を追跡すると、行き先は行列のできる人気のパン屋だった。実家からパン店まで10キロ以上離れた場所にあり女性は店内で朝食をとった。正午すぎ、女性は焼肉店へ入った。1日中車で移動し午後5時、実家に帰宅した。その後も女性を追うと買い物や外食に明け暮れる毎日を送っていた。

キーワード
生活保護

中村信雄弁護士は「扶養してくれるような家族がいる場合はその扶養が優先されて生活保護費は受けられない。完全に生活保護要件についてウソをついた。詐欺罪になると思います」と説明。後日、職員は女性が家から出てきたところで事情を聞いた。すると女性は実家に住んでいる事は認めたものの掛け持ちだと答えた。そこで市役所で事情を聞く事にした。

キーワード
生活保護詐欺罪
ダンマリ女性がついに認めた!不正受給 あきれた“カラクリ”/不正受給 あきれた“カラクリ” 父親の預金で“余裕の生活”

生活保護費不正受給をする50代女性は1月から申告している住所に住んでおらず実家に暮らしているが、父親はグループホームに入居しており自分の生活費は生活保護費でやりくりしていると説明した。しかし女性は父親の預金を管理しているという。そこで父親の通帳を持ってくるよう伝えた。翌日、女性が父親の通帳を持ってやってきた。中身を確認すると毎月30万円ずつ使われていた。父親の援助を受ける事が可能でこれまで受け取ってきた不正受給額は約150万円。松山市は保護費の返還を要求し生活保護を廃止した。

キーワード
松山市(愛媛)生活保護
だまし取られる170億円 不正受給は詐欺罪に

詐欺罪で逮捕された生活保護費不正受給の事例を紹介。京都府の55歳の女は収入がありながら約107万円を不正受給し、和歌山県の74歳の男は土地・建物の所有を隠して約49万円を不正受給、東京都の48歳の女は複数の自治体から約267万円を不正受給し有罪判決を受けている。菊地幸夫は「保護を受ける方が弱者ということで自治体も一方的に責めるのがためらわれる。生活保護法自体も不正受給という刑罰を設けている。詐欺の刑罰より軽いんですよ。だから一般の市民の事例だと厳しく言い切れない面もある」と話した。詐欺は10年以下の懲役、不正受給は3年以下の懲役または100万円以下の罰金になる。

キーワード
不正受給生活保護詐欺罪
インターネット通販の悪い客 被害400万円超 逮捕までの全て/インターネット通販の悪い客 商品を取り寄せ“横流し”!?

2015年9月、インターネットで商品を取り寄せては金を払わず売り払っている人物がいるという情報が寄せられた。問題の人物は千葉県在住の41歳の女。被害を受けた電源装置等の製造会社「光城精工」ではマニア向けの高額オーディオ商品を扱っておりデモ機を1週間無料で貸し出すサービスを行っている。女はそのサービスを受けたいとメール注文してきた。約35万6000円の商品を貸出したが家族に不幸があったなどの理由で延長し最終的に返却される事はなかった。会社は督促状を送ったが返事はなかった。被害業者が調べてみると女が勝手に売り払っていた事が分かった。

キーワード
光城精工

他の音響機器の製造販売会社でも同様の被害を受けており、被害金額は38万8800円。こうした被害はここばかりでなく大阪では高級オーディオのデモ機47万円、広島では経理用会計ソフト3万3600円、静岡では抹茶と高級茶器1万4750円、東京では技術者用専門ソフト2万2500円、被害総額128万4850円にのぼった。

インターネット通販の悪い客 “商品横流し女”を追え!

弁護士が商品の送り先になっている住所に向い張り込みを行うと女の姿を捉えた。すると被害業者から「これ以上取材に協力できない、取られた商品はあきらめる」と電話が入った。その理由を聞くと女側の弁護士による通知で被害業者達は返却も請求も諦め始めていた。通知には100社を超える債権者がいると書かれ、女からの手紙には転売の手口が書かれていた。その結果、自己破産で終わらせようとしている。

1 - 2 - 3

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.