[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年5月19日放送 19:00 - 19:57 フジテレビ

その原因、Xにあり!
その痛み、突然死を招く病のサイン!?知って助かる見分け方

出演者
里見浩太朗 恵俊彰 羽田美智子 宮澤智 宮澤エマ 森本レオ 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。今夜は死を招くキケンな痛みスペシャル。

その痛み、突然死を招く病のサイン!?知って助かる見分け方
目の痛み

鈴木俊之さんは病気発症の半年前に仕事中に目の奥に鈍い痛みを感じにその数日後には痛みとともに視界がぼやけてきた。疲れと判断した鈴木さんは市販の目薬で対処すると一週間ほどで症状は治まったが、数週間後に再発。54歳という年齢もあり老眼の始まりと思っていた。その後電気が走ったような頭痛に襲われるようになり市販の頭痛薬で対処、目の痛みから2カ月後に手がしび指先に力が入らなくなり、5カ月後には左側の視界だけぼやけて見えなくなった。しかし鈴木さんは加齢と仕事の疲れといって病院へ行くことはなかった。

キーワード
鈴木俊之

目の痛みから半年後、強烈な頭痛に襲われ1時間後に頭痛は治まったが右のまぶたが垂れ下がり動かなくなった。目の痛みから始まった大病とは?

キーワード
鈴木俊之

目の痛みから始まった鈴木さんの異変、半年後には右目が垂れ下がり動かなくなってしまった。すぐに眼科へ行くと脳の病気かもしれないと診断された。鈴木さんの病気はくも膜下出血によって引き起こされたものと、診断した長田恒明先生は話す。

キーワード
くも膜下出血鈴木俊之

くも膜下出血は脳の表面で起こる出血で、南田洋子や木村拓也が亡くなっている。くも膜下出血は血管にできたコブによって起こるもので、破裂してしまうと脳を圧迫してしまいハンマーで殴られたような激痛が走る。鈴木さんの脳内にできていたコブは約4mmの大きさで、このコブが目の痛みや頭痛などの症状を引き起こしていた。

キーワード
くも膜下出血南田洋子木村拓也

コブにより目の神経が圧迫されたことにより最初の目の痛みが起き、わずかな出血により頭痛が発生、手のしびれはコブがだるま形に成長し血栓が血管をつまらせ脳機能を低下させ、左側が見えにくかったのは大きく成長したコブが目の神経を強く圧迫したため。そして最後の激しい頭痛と右目が動かなくなったのはコブが破裂したために起きた。

キーワード
くも膜下出血

病院へ搬送された鈴木さんが施された手術がコイル塞栓術。足の血管からプラチナ製のコイルを脳に送り脳にできたコブをコイルでふさぐ手術方法で、コブの中に血液が流れず出血を防ぐことができる。手術から7年、現在の鈴木さんは後遺症が残ることなく元気に暮らしていた。

キーワード
くも膜下出血コイル塞栓術鈴木俊之
死者数年間1万2000人以上 くも膜下出血と老眼の見分け方

くも膜下出血のサインは「目の奥の痛み」「吐き気を伴う頭痛」「手の痺れ・指先に力が入らない」「片側の視界だけぼやける」「ろれつが回らない」など。コブは脳内のあらゆる血管でできる可能性があるため、できる場所によって現れるサインが変わる。年齢によって動脈硬化が進んでいき、閉経後の中高年女性に多い。

キーワード
くも膜下出血

くも膜下出血のサインの一つである「目がぼやける」症状と老眼の見分け方を紹介。老眼の場合は両目・片目ともにぼやけて見えるが、くも膜下出血の場合は両目はぼやけて見えるが片目すつははっきり見える。長田恒明先生は出血しても24時間以内なら救える命もあるので、コブが破裂する前に脳ドッグを受けて欲しいなどと話した。

キーワード
くも膜下出血
背中の痛み

61歳の女性は病気発症の2カ月前、1週間以上の便秘になり市販の便秘薬を服用したが効き目はなく便秘とともに食欲不振にも襲われた。便秘の症状から1カ月後に背中に痛みを感じ筋肉痛と思っていたが、背中の痛みは1週間経っても治まらず慢性的な痛みになっていた。背中の痛みから2週間後、今まで経験したことのない激痛に襲われ病院へ搬送された。背中の痛みを引き起こす大病とは?

61歳の女性が抱えていた慢性的な背中の痛み、圷宏一先生は腹部大動脈瘤が引き起こしたものと話す。

キーワード
腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤は大動脈にコブができる病気で、コブが破裂すると致死率は50%以上といわれている。コブによって腸が圧迫され便秘と食欲不振が引き起こされ、切迫破裂状態のコブにより血管表面の神経を刺激し背中の痛みと勘違いする。女性は漏れ出した血液を取り除き、破裂した血管を人工血管に取り替える緊急手術が施された。

キーワード
腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤破裂から3カ月後、女性は日常生活を送れるまでに回復し便秘・食欲不振も改善された。スタジオで腹部大動脈瘤を早期発見できる方法を紹介する。

キーワード
腹部大動脈瘤
死を招く腹部大動脈瘤を早期発見!最新エコーを 里見浩太朗が体験!

腹部大動脈瘤のサインは「慢性的な便秘・食欲不振」「お腹に拍動を感じる」「背中や腰の痛み」など。大動脈瘤が破裂する前には症状がない方が非常に多く比較的見つかりにくい病気と圷宏一先生は話す。

キーワード
腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤を早期発見できる超音波エコー検査を里見浩太朗が体験、大動脈に以上は見つからなかった。個人差はあるが大動脈は1年で2~3mm大きくなるので1年に1回は超音波エコー検査を受けてほしいと圷宏一先生は話した。

キーワード
腹部大動脈瘤
肩の痛み

ブラザートムはバブルガム・ブラザーズとして活躍し、1990年にリリースした「WON’T BE LONG」は売上げ100万枚以上。また連続テレビ小説「純情きらり」に出演するなどマルチに活躍している。そんな時に起きた死に至る肩こりは年間3万7000人以上が命を落とす大病の前兆だった。

キーワード
WON’T BE LONGブラザートム純情きらり

病気発症の半年前、ブラザートム50歳のとき突然の肩こりに襲われたが、たかが肩こりと気にもとめなかった。2週間ほど経っても肩こりは治まらずマッサージ店で施術を受けたが治らなかった。1カ月が経つと背中に痛みが広がり、3カ月が過ぎたある日に目が覚めると目の奥にジワジワくる痛みが走る、この日を境に毎朝目の痛みに悩まされるようになった。目の痛みから数日後には頭痛が起きた。さらに痛みはアゴにまで広がり、痛みは1日の中で変化していった。痛みは一向に治まる気配はなく、飲んでいた鎮痛剤は1日1錠から1日16錠に変化。そして肩こり発症から半年後、強い手のしびれとともに胸に鋭い痛みと身体が勝手に丸まる状態になった。5分以上立ち尽くし自力で病院へ行くと医師から「肩こりはあったか」と聞かれ、半年前からと答えると「一切動かないでください。今から救急車を呼びます」といわれ搬送された。肩こりから始まった大病とは?

キーワード
ブラザートム
(番組宣伝)
今夜のフジテレビ

「世界ゴミ屋敷バスターズ」「ダウンタウンなう」「全力!脱力タイムズ」「ネタパレ」の番組宣伝。

ボクシングフェス2017

「ボクシングフェス2017」の番組宣伝。

その痛み、突然死を招く病のサイン!?知って助かる見分け方
肩の痛み

ブラザートムを襲った肩の痛みの正体は心筋梗塞の前兆だと考えられると榊原雅義先生は話す。

キーワード
ブラザートム心筋梗塞
1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.