[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年1月31日放送 20:00 - 21:54 テレビ朝日

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
名医が教える【漢方】SP

出演者
ビートたけし 斎藤真美 中田喜子 榊原郁恵 具志堅用高 ガダルカナル・タカ 
(オープニング)
冷え性から認知症まで症状改善 【漢方】の疑問に名医が答えます!

近年、医学界で特に注目されている不調改善法の漢方。大学病院の漢方外来数は、15年前の19から79まで急進している。今、漢方治療は実際の医療の現場で西洋医学と融合し、広く使われ始めている。事実、2015年12月には科学的根拠にもとづいた漢方薬の効能のガイドラインが作成され、高齢者の様々な病への漢方薬の有効性が世界で初めて明らかにされた。今回は、知っているようで知らない漢方を大特集する。

キーワード
東京慈恵会医科大学附属病院港区(東京)漢方
名医が教える漢方で長引く不調を解消SP
日本屈指の【漢方外来の名医】が気になる【漢方】の疑問に答えます!

千葉大学医学部附属病院に、漢方を取り扱う和漢診療科がある。2005年に開設されたが、その歴史は1939年に国立大学初の漢方の研究会が発足した時まで遡る。和漢診療科を訪ねてくるのは、治らない症状に悩む方々。

キーワード
千葉大学医学部附属病院漢方
高血圧から認知症まで症状改善 【漢方パワー】の秘密とは?

73歳の紅谷和子さんによると、様々な治療を試しても治まらなかった全身の痛みが、漢方治療で改善されたという。さらに71歳の山崎靖生さんも、高血圧が漢方治療で劇的に改善された。

キーワード
漢方高血圧
日本屈指の【漢方外来の名医】が気になる【漢方】の疑問に答えます!

日本東洋医学会理事で千葉大学和漢診療科診療教授の並木隆雄先生を紹介。漢方の歴史について解説した。漢方は5~6世紀ごろ、仏教伝来と共に中国から伝わったと言われている。日本の風土に合わせて、日本独自の医療として発達した。現在に近い形で確率したのは江戸時代で、徳川家康も漢方マニアだった。漢方は漢方薬だけでなく、ハリ・灸・あんまも全て含んでいる。ガイドラインでは、認知症・脳卒中・肺疾患等の症状緩和の効果が認められている。千葉大学和漢診療科でも、がんの症状緩和や副作用の軽減を目指した治療を行っている。

キーワード
がん千葉大学徳川家康日本東洋医学会漢方肺疾患脳卒中認知症
冷え性・便秘・肩こりをどう治す?不調の出ない身体を作る【漢方】の秘密

漢方が高い効果を発揮するのが、原因のよくわからない未病と呼ばれるもの。代表的な3つが冷え性・便秘・肩こり。漢方は身体の状態を改善することで、不調の出ない身体に作り変える。

キーワード
便秘冷え性漢方肩こり
治らない冷え性の治療に密着 不調の出ない身体を作る【漢方】の秘密

1年でも寒いこの時期、多くの女性は冷え性に悩まされる。千葉大学和漢診療科で、冷え性患者の原因究明と対処法をどのように行っているのか、取材した。今回、冷え性に悩む女性2人に密着。1人目の山田久美子さんは、ニット帽やネックウォーマーなどの重装備で26℃のエアコンとストーブをつけているにも関わらず、健康な人なら30℃以上の足先の表面温度は19℃、手の指先も20.3℃だった。2人目の片山恵美子さんは、靴下を4枚重ね履きしているにも関わらず、足先の表面温度は13.4℃だった。

キーワード
冷え性千葉大学漢方

なかなか治らない冷え性に悩む山田さんと片山さん。山田さんの診察の様子を紹介した。千葉大学の並木隆雄先生は、普段の冷えの症状を細かく聞き出した。漢方診察では、最初に問診を行う。問診を終えると、並木先生は脈を取り始めた。脈を診る脈診は漢方独特の診察法で、脈の強弱を診て体調を推察する。すると、今度は舌を見せるよう指示。舌の状態を診察する舌診も漢方独特の診察法で、表・裏・色・形などを診る。次に腹診を行い、お腹を押しながら硬さや痛みのある場所を探る。

キーワード
冷え性千葉大学漢方

続いて片山さんの診察の様子を紹介。最初に問診で症状を詳しく聞き出し、脈診と舌診、腹診を行った。

キーワード
冷え性千葉大学漢方

並木先生は山田さんの冷え性について、「ストレスが原因」と結論づけた。

キーワード
ストレス冷え性千葉大学漢方

千葉大学和漢診療科の並木隆雄先生。山田さんの冷え性の原因を、ストレスだと診断した。診断のカギは、舌診と腹診にあった。舌診の際、並木先生は色・厚さ・大きさ・形など、数十種類の舌の状態を見分けていた。山田さんの舌は健康な舌と比べて白い苔が多く、これはストレスで自律神経に異常がある際によくみられる症状だという。また腹診の際には、ストレスで心身が衰弱したときによくみられるというお腹の反発力が弱いことが分かった。これらのことから、並木先生は患者の体質を導き出している。

キーワード
ストレス冷え性千葉大学漢方自律神経

漢方には、気・血・水と呼ばれる体質を決める3つのポイントがある。気とは自律神経や精神状態、血は血液の流れに関係する状態、水は体内の水分に関係する状態のこと。山田さんの場合は、舌の苔の量とお腹の反発力の弱さから、気に問題があり冷え性が起きていると並木先生は診断した。山田さんは冷え性を感じ始めた20年前に転職しており、慣れない仕事にストレスを感じていたという。

キーワード
ストレス冷え性千葉大学漢方自律神経

片山さんの冷え性の原因について、並木先生は「血がドロドロしている事」と診断した。舌診の際、舌が全体的に紫がかっているというのが並木先生の診断で、これは血流が悪くなっているときにみられる特徴。さらに腹診でも、お腹を押すと鈍い痛みを感じるのも、血の巡りが滞っているときに現れやすい症状だという。

キーワード
冷え性千葉大学漢方

ストレスが原因だと診断された山田さん。「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」という漢方薬が処方された。ストレスなどで高まった交感神経を鎮める効能を持つ。血液の滞りが原因だと診断された片山さんには、「加味逍遥散」が処方された。血の流れをよくする働きがある。漢方の診断では、体質を見極め個人に応じた治療を行う。その後、山田さんと片山さんは、漢方薬を1日3回1週間服用した。

キーワード
ストレス交感神経冷え性加味逍遥散千葉大学当帰四逆加呉茱萸生姜湯漢方

処方された漢方薬を1週間服用した山田さんと片山さん。山田さんは、治療前と比べて厚着をせずとも気にならなくなったという。手足の表面温度も、足が26.1℃、手も24.5℃と大幅アップした。一方、片山さんも足が22.4℃と、9℃もアップしていた。

キーワード
冷え性漢方
不調の出ない身体を作る【漢方】の秘密 あなたの体質を【舌】でチェック

西洋医学では、病気の原因を見つけてピンポイントで攻撃する。これに対し、漢方はその人の体質を診てその体質を改善する。漢方では、その人の体質を見極めることが重要。体質を見極めるポイントは舌診で、舌にはいろんな情報が含まれている。舌の苔は胃や腸など消化管の状態と関係している。

キーワード
漢方

健康な舌はほんのり赤いピンク色できれいな状態だが、血流の悪い人は色が紫で裏に血管が浮き出ている。紫色の舌は、更年期の女性に多く冷え性・便秘・肩こり等が起こりやすい。一方、自律神経の異常で抵抗力が低下している舌は、苔が多く厚ぼったい。胃の状態が悪くなると苔が増える。イライラしがちで高血圧の人の舌は、色が赤い。ストレスから交感神経が興奮し、イライラしやすくなっている。水分過剰でむくみやすい人の舌は、歯型がついている。水分過剰で舌がむくんでいる状態で、全身のむくみ・下痢・めまい・頻尿等になりやすい。

キーワード
むくみめまいストレス下痢交感神経便秘冷え性漢方肩こり自律神経頻尿高血圧
不調の出ない身体を作る【漢方】の秘密 【漢方薬】の上手な使い方を名医が伝授

漢方の治療法の中で中心となるのが漢方薬。今やドラッグストアや薬局に漢方薬コーナーが常設されており、全国の9割の医師が漢方薬を処方している。

キーワード
便秘漢方
不調のでない身体を作る【漢方】 治らない便秘を改善する【漢方薬】の秘密

専業主婦の斎藤智子さん。2年前から義理の母の介護に追われていた。そんな斎藤さんは、20年来便秘に悩まされていた。これまで市販の便秘薬で対処してきたが、便秘薬が効かずお通じがこないことが増えたという。便秘は1週間経っても便意がこないほどまで悪化し、8日目には腹痛が起こった。そこで近所の消化器内科を受診した斎藤さん。すると医師は、便に水分を足し柔らかくして便通を促す薬を処方。するとその2日後、お通じがやってきた。

キーワード
便秘

薬服用の3ヶ月後、薬を飲んでも1週間以上お通じのない状態に逆戻りした。斎藤さんは再び消化器内科を受診。すると今までの薬に加え、腸の運動を活性化させる下剤を併用することになった。しかし効果を感じたのは最初だけ。2つの薬をもってしても便秘解消には至らなかった。すると夜中、斎藤さんは腸を締め上げられるような激痛に襲われた。痛みは1時間経っても治らず、救急車で運ばれる事態になった。診断の結果、斎藤さんは腸閉塞になっていた。

キーワード
便秘腸閉塞

浣腸によって便を排出すると、斎藤さんに3つ目の薬としてより強力な下剤が処方された。しかし強い薬でもお通じは1週間に1度程度。その後も激しい腹痛で何度か救急搬送された。そんな時、事態を重く受け止めたかかりつけの医師が漢方の提案をした。こうして斎藤さんは、千葉大学の並木隆雄先生のもとにたどり着いた。

キーワード
便秘千葉大学漢方
1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.