[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年5月18日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日

アメトーーク!
高校ダブり芸人

出演者
蛍原徹(雨上がり決死隊) 宮迫博之(雨上がり決死隊) 博多大吉(博多華丸・大吉) 森木俊介(ラフ・コントロール) 森田哲矢(さらば青春の光) 小峠英二(バイきんぐ) ひぐち君(髭男爵) 植野行雄(デニス) 小宮浩信(三四郎) 相田周二(三四郎) 川田裕美 
(オープニング)
今夜は…

今夜は、留年はツライよ!!高校ダブり芸人。

留年はツライ 高校ダブり芸人
オープニングトーク

「高校ダブリ芸人」が登場。ひぐち君は1年生のときに留年したとして、超進学校にいたなどと話した。ゲストの博多大吉は、最初それを聞いた時、何でそんな良い高校を出て貴族のフリをしているのか不思議でしょうがなかった等と話し笑いを誘った。後列の森木俊介と植野行雄は2回留年したそうだ。1年生で2回留年したという森木は違う学校に飛ばされて卒業した、途中、漁業も経験したなどと話した。

留年が決まった日

ひぐち君は学校からTELで通知をもらったが、さっきまで食べていたカレーの味が全くしなくなったとして、家族会議で留年は隠蔽しようという話になったなどと話した。森田哲矢は毎日学校に行ってダブったとして、当時の担任に「よくも俺の経歴に泥を塗ってくれたな」と言われたなどと話した。小宮浩信の相方・相田周二が登場した。相田は小宮とは中学の同級生。相田は、小宮はノストラダムスの予言を信じて勉強せずにテストに挑んでいたなどと話した。小峠英二は芸人になりたいと思い高校を辞めると先生に話すと、先生は「休学にしとけ」と話し、それで休学して大阪に行ったが吉本の養成所に落ちて留年したなどと話した。川田裕美が補習など救いの手を差し伸べてくれなかったのかと尋ねると、森木はテストはできているつもりだったため不安がなかったなどと話した。

キーワード
シド・ヴィシャス
留年から数日間

小峠は留年初日、好奇の目の波状攻撃を受けたと話した。小宮は、全校集会でボケで前の学年の列に並ぶとウケたが、本当のクラスに戻った時の虚無感がすごかったなどと話した。森田は留年まではひょうきんな人間だったが、一個下のクラスに入ると恥ずかしかった、そこでミステリアスなキャラを演じたなどと話した。上野は隠れてあだ名を付けられていて、「I’ll be back」だったと話した。森木はクラスの8割が女子で、危ないやつだと思われ、女子に避けられていたなどと話した。小峠はダブり仲間とは結束力が高まったなどと話した。

ナメられない為カマす!!

ひぐち君は敬語の人としか話さないようにしていたら誰からも話しかけられなくなったと話した。上野は夏も長袖を着て、タトゥーを想像させていたなどと話した。相田は小宮は4日目から呼び捨てされて、後輩にパシられていたなどと話した。

キーワード
罪と罰
留年後の体育祭

高校ダブり芸人が留年後の体育祭についてトーク。小峠と植野はクラスメイトとジャージの色が違う、小宮はキャプテンになるもがないがしろにされる、森田は騎馬戦で元同級生との攻防を繰り広げるもあっさり1年に取られてしまった、森木はまったく記憶がないと話した。

留年後の修学旅行

高校ダブり芸人が留年後の修学旅行についてトーク。修学旅行に2回参加している森田は一度は断ったものの沖縄に変更したことを聞き、行くことに。だが、同級生の巻き添えで停学になった。森木は定時制だったため応募制だったが2人しかいなかったため中止になったと話した。

元同級生&自分の卒業生

高校ダブり芸人が元同級生&自分の卒業生についてトーク。小峠は同級生から何で卒業しないの?とイジられる、植野は元同級生の卒業生女子からボタンがほしいと言われるがまだ通うため渡せなかった、小宮は厚意でもともといたクラスの卒業写真に載せてもらったと話した。

留年の切ない思い出

小峠は2回留年した女の子と付き合ったら、ダブルとトリプルで周りからフィフスと呼ばれたなどと話した。上野は文化祭でホットドッグ屋をやってみんなにちやほやされたが、その後留年して文化祭をやった時は誰にもいじられず、技術も上達してしまったなどと話した。森木は編入試験のために半年以上の職歴がいると言われて漁業をして、1ヶ月感勉強して合格発表に行くと、1枚の紙に「全員合格」と書いてあったなどと話した。

(番組宣伝)
MUSIC STATION

MUSIC STATIONの番組宣伝。

金曜★ロンドンハーツ

「金曜★ロンドンハーツ」の番組宣伝。

留年はツライ 高校ダブり芸人
あの頃の自分へメッセージ

それぞれがダブった頃の自分にメッセージを送った。

ひぐち君アンケート

ひぐち君がアンケートに書いていた文言を紹介。ひぐち君は自分が留年した時、テレビで留年経験を話す芸能人はいなかった、貴重な体験をした芸人がこんなにいて当時の話を聞けるなんて、あの頃の自分が見たら心の支えになり頑張れたと思う、ダブリの子にとって希望の星だと思うなどと綴っていた。

(エンディング)
次回予告

「アメトーーク!」次回予告。

日曜もアメトーーク

日曜もアメトーークの番組宣伝。

(番組宣伝)
夜の巷を徘徊する

夜の巷を徘徊するの番組宣伝。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.