[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年6月19日放送 22:00 - 22:30 NHK総合

クローズアップ現代+
波紋広がる”特区選定”

出演者
武田真一 鎌倉千秋 
(オープニング)
オープニング

加計学園をめぐる問題の新文書を入手。事業者が選定される前から政権幹部が加計学園の名前を出し指示していて指示していたと記されている。公平性・透明性が求められる国家戦略特区選定、適切に進められていたか検証する。

キーワード
加計学園国家戦略特区文部科学省菅義偉
波紋広がる”特区選定” 独占入手・加計学園”新文書”
オープニングトーク

そもそも獣医学部の新設は52年間認められず、獣医師は足りてるとして、新設に規制が設けられていた。国家戦略特区制度が開始し、去年1月、対象地域として愛媛・今治市が指定され、11月に国家戦略特区で扱える事業として獣医学部の新設が加わった。今年1月、加計学園が選ばれた。先週、総理のご意向など書かれた文書の存在が確認され、ほとんどは獣医学部新設が決まる前の時期のもので、野党からは加計ありきとの疑問の声が挙がっている。今回、萩生田官房副長官が文部科学省の担当者に指示したとする内容の新文書を入手した。

キーワード
今治市(愛媛)加計学園国家戦略特区文部科学省萩生田光一
加計学園”新文書” 特区選定で何が?

今治市の獣医学部の建設予定地では3ヵ月前に起工式が行われた。来年4月の開学を目指していて、新設は長年の悲願だった。加計学園は10年前から新設を希望してきたが容認されず、国家戦略特区制度の誕生で、安倍総理と40年来の友人の理事長に便宜が図られたのではないかの疑問が出ている。安倍首相は否定し、諮問会議の議員は会議でのプロセスは適切だったとした。

キーワード
今治市(愛媛)加計孝太郎加計学園国家戦略特区安倍晋三文部科学省斎藤嘉隆竹中平蔵

今回の取材で安倍首相の名前を使い加計学園を売り込んでいたとするメールの文書が見つかった。文科省OBの豊田三郎氏は今治市が特区選定される前の平成27年、文科省職員に新設に向けた意気込みを語ったとしている。職員が書いたメールには安倍総理と親しいとしたうえで、新設に力を入れていくと豊田氏が伝えた様子が記されている。メールを共有してい現役職員は、加計学園は新設において無視できない存在として省内で認識されるようになったという。

キーワード
今治市(愛媛)加計学園国家戦略特区安倍晋三文部科学省豊田三郎

特区選定の背景には新設を長年認めなかった文科省と内閣府とのせめぎあいがあった。諮問会議は新設の地域について新潟市や京都府も手を挙げる中、今治市を選び、加計学園に決定した。決定前の去年11月、ある条件が加えられたことについて疑問の声があがった。先週文科省の追加調査で公表された文書で、手書きで獣医学部のない空白地域に限定される内容が加えられていた。そこで萩生田副長官が指摘を受けた。萩生田氏は否定し、山本大臣は文言修正は自分の判断だとし、理由について諮問会議の有識者の意見を受けたことに加え、獣医師増加を懸念する獣医師会の要請に配慮したもので、他の地域を排除する意図はなかったとしている。

キーワード
今治市(愛媛)内閣府加計学園国家戦略特区山本幸三文部科学省福山哲郎

しかし京都府、京都産業大学の中には異なる受け止めをした人がいる。畜産センター所長の上村さんは入念に準備をして、最新技術を持った獣医師を育てるとした。しかし新条件で、関西地域には別の獣医系学科があり条件と合わなくなった。新設を目指す大学の松本元教授は選考のプロセスに納得できないとしている。

キーワード
京都産業大学内閣府加計学園国家戦略特区綾部(京都)

NHKは新文書を入手。去年10月21日、萩生田副長官が文部科学省局長と面会し、官邸や内閣府の考えを伝えた発言をまとめたものだった。文書は3部署の10人が共有していたことが分かっている。まだ新設が決まっていない時期だが、加計学園の名前も挙がっていて、開学の時期まで区切り早く進めるよう求める内容だった。新設には4条件が閣議決定されていて、文科省は加計学園が満たしてないとみていた。文書では萩生田副長官が四国で条件をクリアするための具体的なアドバイスをしたと記されていた。そして加計学園の事務局長を文科省課長に会いに行かせると伝えたという。

キーワード
内閣府加計学園文部科学省萩生田光一
萩生田官房副長官 ”新文書”への回答

今回明らかになった萩生田官房副長官の発言をまとめたとされる新たな文書について取材に対し文書で回答。全文を紹介した。

キーワード
内閣府加計学園文部科学省萩生田光一
加計学園”新文書” 意味するものは/獣医学部新設 特区めぐる構図/獣医学部新設 選定は適切だったか

大河内直人は今回の経緯について説明。先週の追加調査で14の文書を確認したが新たに見つかったことについて「個人のパソコンについては任意だった。提出するかどうかは職員の判断に任されていた」と明かした。文部科学省OBの発言について「取材に対して詳しい内容は覚えていない」としていたが面会した事実は認めている。原聖樹は獣医学部新設・特区をめぐる構図を解説した。大河内直人は「透明性は確保されている。獣医学部をめぐっては内閣府と文科省が水面下で交渉を行なっていた。省庁間の交渉も含めて検証する人がある」と説明した。

キーワード
内閣府加計学園文部科学省萩生田光一
波紋広がる特区制度 安倍首相は?

加計学園の獣医学部新設について安倍首相は記者会見で「専門家の育成 公務員獣医師の確保は喫緊の課題。そうした時代のニーズに応える規制改革は、行政をゆがめるのではなく、ゆがんだ行政をただすものです。岩盤規制改革を全体としてスピード感を持って進めることはまさに総理大臣としての私の意志であります」と述べた。

キーワード
内閣府加計学園安倍晋三文部科学省
加計学園”新文書” 政権への影響は?

今後の政権運営の影響について原聖樹は「少なからずともあると思う。内閣支持率が回復しなければ、政策の推進力に影響が出ることが予想される」と説明した。

キーワード
内閣府加計学園安倍晋三文部科学省
波紋広がる特区選定 専門家の見解は?

国家戦略特区の10の地域を紹介。今回立場の異なる2人の専門家に特区選定のプロセスと制度の意義について聞いた。八田達夫所長は「諮問会議の議論においては公平性や透明性に問題はなかった」としている。高橋伸彰教授は「特区選定のプロセスには選定する点が多い」と指摘した。

キーワード
加計学園国家戦略特区
波紋広がる特区選定 専門家の影響は?

国家戦略特区による規制緩和について原聖樹は「過疎化が進む地方の活性化に向けた切り札と安倍政権は位置づけている。公平・更正なプロセスを高めていく努力が必要」「国民の疑念を持たれない公文書管理のあり方を政府は模索していく必要性がある」と説明した。大河内直人は「2つの省庁で意見が食い違ったままで、専門家からは真相を解明するには第三者の調査を求める意見も出ている」と説明。加計学園の獣医学部が開学については「特区では新設が認められたが開学には文科省の諮問会議で認可される必要がある」と説明した。

キーワード
加計学園国家戦略特区文部科学省
refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.