[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2016年12月29日放送 23:25 - 4:55 NHK総合

ドキュメント72時間
朝まで!ドキュメント72時間 2016

出演者
(オープニング)
オープニング

毎年恒例の「朝まで!ドキュメント72時間」。今年は鈴木おさむ、山田五郎、市川実日子の3人が、浅草の老舗遊園地からお届けする。2016年は36か所の3日間(72時間)を放送してきた。この中から、視聴者からのリクエストが多かった人気作10本を一挙放送する。さらに、その後が気になる人たちを徹底取材。また、番組テーマ曲「川べりの家、」を含むメドレーを松崎ナオが熱唱。

キーワード
川べりの家松崎ナオ浅草(東京)鴨川(京都)
(朝まで!ドキュメント72時間 2016)
視聴者が選ぶ もう一度見たい「72時間」

今年の収録場所は老舗遊園地のジェットコースター乗り場の前。今年の放送を振り返り、鈴木おさむは「この番組はブームと無縁のところでやっているのが特徴ですが、ポケモンの公園とかオバマ大統領が来た広島とか、ニュースやブームを取り上げたのが今年の特徴だった。」と話した。また、市川実日子が気になったのは日本最高齢のゾウ・はな子の回だと述べた。

キーワード
Pokémon GOはな子バラク・オバマ竹原市(広島)
吹石一恵 メッセージ

番組ナレーション担当の吹石一恵からメッセージVTRが届いた。吹石は今年の番組を振り返り、面白かったのは『ブラジル 祈り満つる秘密の聖地で』の回だと話した。

キーワード
ブラジル
視聴者リクエスト10位・9位

視聴者リクエスト第10位は「真冬の東京 その名は“はな子”」。第9位は「福岡・中洲 真夜中の保育園」。このあと2本を続けて放送する。

キーワード
はな子中洲(福岡)
(10位:真冬の東京 その名は“はな子”)
オープニング

今回は一頭の不思議な象を前にして人は何を思うのか3日間耳を傾ける。

キーワード
はな子
1月20日(水)

1月20日、 井の頭文化公園のはな子は戦後すぐにタイから日本へやってきた。今年で69歳で1日中あまり動かない。大阪の動物園から訪れた飼育員の男性は勉強のため各地を見て周っている。毎週1回は来ているという女性ははな子に会わないと元気がでないと話した。

キーワード
はな子井の頭自然文化園

1月20日、お昼過ぎ象のはな子は日差しが弱まると暖かい部屋の中に自分から戻るという。初めてはな子を見に来た女性はすごく大事にされていると思ったよかったと話した。はな子に負担をかけないよう姿を見られるのは午後3時までになっている。

キーワード
はな子井の頭自然文化園
1月21日(木)

1月21日、開演1時間前にはな子の飼育員がやって来た。9時30分に開演、朝一番に訪れた男性ははな子に人には言えない悩みや不満をはな子に打ち明けるという。バックヤードでは食事の準備、手間をかけ工夫を凝らした特別食だった。

キーワード
はな子井の頭自然文化園

1月21日、外国人男性がはな子の飼育場を隈なく見て周っていた。去年から海外のネット上ではな子が可愛そうだと非難の声が上がっている。はな子に親しげに話しかけている女性は40年以上はな子の元に通い続けているという。

キーワード
はな子井の頭自然文化園
1月22日(金)

1月22日、はな子の元にはたくさんの人が押し寄せていた。動物園では人は人生で3回象に会いに行くと言われている。幼い時に親、成長して恋人、そしていつか子供と一緒に。

キーワード
はな子井の頭自然文化園
1月23日(土)

撮影最終日の1月23日、外はあいにくの曇り空、はな子はわずか15分で室内に入った。

キーワード
はな子井の頭自然文化園
エンディング

エンディング映像。

(9位:福岡・中洲 真夜中の保育園)
オープニング

今回は朝7時から深夜2時まで開いている福岡・中洲の保育園の72時間に密着。

キーワード
中洲(福岡)
10月12日(水)

10月12日午後4時。中洲の街にある保育園を取材する。親たちの仕事は様々で、生活スタイルに合わせて迎えに来るそうだ。迎えが遅い子どもたちは夕食を食べる。帰り支度を終えて絵本を読む親子がいた。母は夫婦で新聞記者をしているが、半年前に夫が単身赴任しているため、1人で子育てしているという。母は、付いていくことも考えたが、今の仕事を変えたくないため残ったという。午後8時。保育園では、子どもたちが寝る準備を始めていた。日付が変わる頃、日本料理店を切り盛りする女将さんが子どもの迎えに訪れた。深夜1時過ぎ、目を覚ました子はお母さんが来る頃になると必ず起きるという。母親の女性は中洲のバーで働いていて、シングルマザーだという。女性は、私は父親の男性が好きだったが、男性にとっては大勢の中の1人だったなどと理由を話した。

キーワード
中洲(福岡)
10月13日(木)

10月13日午前7時。開演と同時に次々と親子が訪れた。女将さんは、息子の発熱に慌てた様子を見せた。お昼前に父が訪れた。男性は、父子家庭で子供と自分だけだという。男性は、夜のレストランで働いていたが、融通の効くアルバイトに転職したという。男性は、自分が子供なら親にそばに居て欲しいと思うからとその理由を述べ、小児科の先生に「父親は母親になれない、父親らしく育てて下さい」と言われたがどうしようと思ったなどと話した。夕方、帰り際、サッカーを楽しんでいる親子がいた。わずか15分の帰り道が親子のささやかな触れあいの時間だ。息子はあと半年で小学生、今では店の手伝いもしてくれるそうだ。父は、祖父母に子供を預け、再び仕事に戻った。昨日のシングルマザーの女性が子供を連れて訪れた。息子は大泣きしたが、母が見えなくなると泣き止んだ。保育士の女性は、大体そうですと話した。

キーワード
中洲(福岡)
10月14日(金)

10月14日午前7時。今日はお弁当持参の遠足の日。シングルファーザーの男性は、今日はスーパーに寄って、惣菜を買って詰め直して弁当にした、食べてくれるかななどと話した。お父さんが作ってくれたお弁当を見た息子は、「これパパが作ったの」と話し、美味しそうに食べた。夜、新聞記者のお母さんが夫と保育園を訪れた。娘も嬉しそうだ。午後22時半頃、チャイムの音で目を覚ましたのは、キャラ弁の顔が崩れて落ち込んでしまった子供。深夜1時過ぎ、お母さんが来ると、キャラ弁の顔が崩れてしまったと聞き、子供だからわからないだろうと思うが、毎回作りたくなる、子供ももっと幸せにしてあげたいし、頑張らなきゃと思うなどと述べた。

キーワード
中洲(福岡)
10月15日(土)

10月15日午前7時。土曜日も保育園には色々な親子の姿が見えた。

キーワード
中洲(福岡)
(朝まで!ドキュメント72時間 2016)
9位「福岡・中洲 真夜中の保育園」

視聴者リクエスト9位「福岡・中洲 真夜中の保育園」について、鈴木おさむは「キャラ弁であんなドラマになりますか」と話した。この回に届いた視聴者の方からのメッセージを紹介。同じ立場だという女性は“子どもが待っているから笑顔で迎えに行こう”と感じたという。

キーワード
中洲(福岡)
遊園地名物 噴水ショー

老舗遊園地名物の噴水ショーが始まった。市川実日子ら3人は「結構激しい!」と楽しんでいた。

10位「真冬の東京 その名は“はな子”」

視聴者リクエスト10位「真冬の東京 その名は“はな子”」。この回に届いた視聴者の方からのメッセージを紹介。「長寿って何だろう?」などのメッセージが寄せられた。はな子がいなくなった動物園の様子を紹介。はな子がいなくなって7か月。ぞう舎にはファンから贈られた沢山のプレゼントがあり、今も訪れる人は絶えないという。

キーワード
はな子
1 - 2 - 3 - 4 - 5

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.