[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年1月12日放送 0:30 - 0:55 NHK総合

ドキュメント72時間

出演者
(オープニング)
オープニング

今回の舞台は、昭和歌謡の専門店。平成の世に人はなぜ昭和の歌を求めるのか。3日間観察した。

キーワード
昭和歌謡
昭和歌謡に引き寄せられて
2月19日 13:00

2月19日 13:00。お店が有るのは新宿駅の直ぐ側。金曜の午後撮影を開始。3万枚の中古レコードやCDが所狭しと並んでいる。早速レコードを探す大学4年生の女性は、昭和歌謡が好きでこういうレコード屋さんによく来るという。歌謡曲好きの両親の影響で自然に好きなったと言い、一番のお気に入りは「はいからさんが通る」という南野陽子の曲。店内には誰でも使えるレコードプレーヤーも完備している。

キーワード
はいからさんが通るセクシャルバイオレットNo.1南野陽子思い出のワルツ tribute 三人娘桑名正博雪村いづみ

ゆっくりと階段を降りて店内に入ってきた男性は元広告会社の社員で若いころは桑名正博さんなどのプロモーションを手がけていたという。若いころはストレスから暴飲暴食し、脳梗塞になって倒れたなどと話す。今は運動を兼ねてレコード店めぐりを楽しんでいるといいこの日は雪村いづみのベスト盤を買った。今でも根強い人気の昭和歌謡。震災以降、懐かしい音楽に癒やしを求める人が増えたという。

キーワード
セクシャルバイオレットNo.1想い出のワルツ脳梗塞雪村いづみ
2月19日 16:38

2月19日 16:38、金曜の夕方。若いグループがレコード屋に入ってきた。インドネシアからの留学生で、小学校の頃からずっと日本に行きたいと思っていたといい、やっと夢がかなっていると話す。探しているものが見つかったみたい。ヤプーズの戸川純のコンサートプログラムブックを持ち、戸川純大好きだと語った。中でもお気に入りは「蛹化の女」。

キーワード
YAPOOSカルメン・マキ戸川純空へ蛹化の女

フランス人観光客が店内に入ってきた。フランスの友達に日本の歌を教えてもらったと言う。お目当ては、カルメン・マキ。パリで見た日本の映画で彼女の歌が流れていたらしい。男性は「まるで僕が好きなディープ・パープルやレッド・ツェッペリンのようだ」などと話した。昭和歌謡は海外でクールだと言われているらしい。夜9時に閉店。明日はどんな歌に出会えるんだろう。

キーワード
Led Zeppelinカルメン・マキディープ・パープル空へ
2月20日 10:15

2月20日 10:15。レコード屋には開店前、全国の愛好家から買取用のレコードが送られてきた。金額の査定が終わったレコードは、すぐ棚に並ぶ。値段は1枚数百円から中には数万円するものもあるらしい。祭コきた晩(ピンキーチックス)というレコードはよりキワモノというか知名度がない分価値が高く、3万円以上の値段が付けられていた。11時に開店すると休日のサラリーマンたちがレコードを探しに来る。菊池桃子の卒業が高校卒業の時の思い出の曲らしい食料品スーパー店員の男性は、自分が卒業するときに卒業というタイトルの曲を歌ってくれた、と話す。この日は終日雨模様。客足も途絶えがち。店員さんがスタッフに声をかけてきた。2週間前にここで働き始めたばかりという店員は、前は新幹線の社内販売をしていたといい、もともと歌を歌っていると話した。仕事をやめてプロを目指すべきか悩んでいる時後押しをしてくれたのが山口百恵のThis is my trialだった。

キーワード
This is my trialピンキー・チックス卒業~GRADUATION~山口百恵祭コきた晩菊池桃子
2月20日 18:12

2月20日 18:12。レコード店に随分若い男の子がやってきた。今日は南野陽子のコンサートの帰りで寄ったという。80年代アイドルの大ファンで受験勉強の合間によくOneway Generation/本田美奈子を聴くという。将来の進路に迷った時、この歌詞に勇気づけられたという。明日の予定と聞かれ、ガールズ&パンツァーというアニメを映画館に観に行くと答えた。

キーワード
Oneway Generationガールズ&パンツァー劇場版南野陽子本田美奈子.
2月21日 11:00

2月21日 11:00。レコード店の開店と同時に大きな荷物を持った男性が入ってきた。給料日前でお金が無くてレコードを売りに来たという。今年になって1500枚のシングル盤を買っているという。別の男性はじっとレコードジャケットを見つめていた。岡田有希子さんが残した曲をもう30年聞いていると良い、毎年命日は墓参りに行っているという。石原裕次郎の「赤いハンカチ」に聞き入る元公務員の男性は、初恋の人との思い出の曲らしく、彼女には知りあった時すでに親が決めた許嫁がいた、などと振り返った。

キーワード
岡田有希子石原裕次郎赤いハンカチ
2月21日 18:36

2月21日 18:36。レコード屋でCDをじっくりと探し続ける男性がいた。男性は大学の事務職員をしながら、高齢のお義母さんを介護しているらしい。美空ひばりの奴さんを歌ったりするといい、一緒に歌うと嬉しそうな顔をするという。介護を父とシェアしながらやっているといい、つらいなあと思う時もあるなどと話した。そんな時は気分転換も兼ねて、お母さんの気に入りそうな曲を探すんだという。美空ひばりの「人生一路」を心の支えにしてきた自営業の男性は、子供の頃新聞配達をしていて田舎だからすごい雪で配ってつらいんだけど、やがて春がくるんだからがんばろうと思っていたなどと話した。

キーワード
人生一路奴さん美空ひばり
2月22日 8:00

2月22日 8:00。レコード店で最後に会ったのは20歳のフリーター。買ったのは、16歳で早逝したアイドルのレコード。レコードはまわり、人生も回る。そうして歌は受け継がれていく。

(次回予告)
次回予告

ドキュメント72時間の番組宣伝。

refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.