[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年1月5日放送 19:00 - 21:54 TBS

プレバト!!
毒舌先生vsオールスター特待生★縁起モノ和食★水彩画

出演者
浜田雅功(ダウンタウン) 豊崎由里絵 梅沢富美男 馬場裕之(ロバート) 馬場典子 藤本敏史(FUJIWARA) 東国原英夫 村上健志(フルーツポンチ) 千賀健永(Kis-My-Ft2) 石田明(NON STYLE) 篠原ともえ 熊谷真実 賀来千香子 横尾渉(Kis-My-Ft2) ミッツ・マングローブ 内田理央 若月佑美(乃木坂46) 武田翔太 尾上右近[2代目] 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。今夜は3時間スペシャルを放送する。

俳句の才能 昇段昇級査定SP
コーナーオープニング

俳句の才能査定。今回は特待生7人が集結、昇段・昇級を目指す。今回のお題は新春の富士山。ランキングシートは昇格3人、現状維持1人、降格3人。

キーワード
富士山
特待生5級 フルポン村上

特待生5級のフルポン村上が昇級に挑戦。村上は辛口の夏井いつき先生に絶賛され、わずか2回で特待生に昇格した天才肌。魅力は映像の切り取り方だという。

村上が今回詠んだ俳句は「初日記 とめはねに差す ひかりかな」。富士山はおめでたいという事で、初日記を書くときの気持ちの高まりを照らし合わせたという。夏井先生の査定は2ランク昇格、特待生3級となった。2ランク昇格はプレバト史上初の快挙。

キーワード
富士山

2ランク昇格した村上が今回詠んだ俳句は「初日記 とめはねに差す ひかりかな」。夏井先生は発想と技術が非常に巧いと称賛した。

キーワード
富士山
特待生3級 ミッツ・マングローブ

特待生3級のミッツ・マングローブは1度も降格なし、特待生の階段を着々と登ってきている。夏井先生によると魅力は自分を投影した発想力だという。

今回、ミッツが詠んだ俳句は「寝正月 澄みたる富士の お墨付き」。査定のポイントは下五がしっかりと行きているか。夏井先生の査定は1ランク降格、特待生4級になった。下五の”お墨付き”が生きていない事が理由だった。添削後は「富士は 澄みわたりて 寝正月の空」という一句に。

キーワード
富士山
特待生3級 NON STYLE石田

特待生3級の石田は3回で特待生に昇格した秀才。夏井先生によると発想は普通だが、魅力は安定した技術力だという。今回、石田が詠んだ俳句は「富士もまた 見惚れるが如 初茜」。

石田が詠んだ俳句は「富士もまた 見惚れるが如 初茜」。夏井先生の査定は1ランク降格、特待生4級となった。ムダが多い句だったことが降格の原因。添削後は「富士も 見惚れるか まほらの初茜」。

特待生2級 東国原英夫

特待生2級の東国原英夫はわずか1回で特待生となったが、その後に2度の降格を味わっている苦労人。夏井先生によると魅力はズバ抜けた発想力だが、暴れ馬を乗りこなせていない感じがあるという。

今回、東国原英夫が詠んだ句は「初富士や 北斎の プルシャンブルー」。プルシャンブルーは19世紀にドイツから入ってきた紺青色。葛飾北斎が好んで使っていた。夏井先生の査定は1ランク昇格、特待生1級となった。

キーワード
富士山葛飾北斎

東国原英夫は1ランク昇格、詠んだ句は「初富士や 北斎の プルシャンブルー」。夏井先生はプルシャンブルーという語句だけで初富士の美しさを見せようとするチャレンジが素晴らしいとした。

キーワード
富士山葛飾北斎
特待生1級 横尾渉

特待生1級の横尾渉は破竹の勢いで昇格を重ね、名人に王手をかけている。魅力は細やかな詩心だという。

今回、横尾渉が詠んだ俳句は「風止みて 闇の深きを 雪舞えり」。夏井先生の査定は現状維持、名人昇格はお預け。非常にもったいない句で、”舞えり”が失敗しているという。

キーワード
富士山

横尾渉が詠んだ俳句は「風止みて 闇の深きを 雪舞えり」。風が止んで深き闇に雪が降っている句だが、舞うという動詞では風景が違ってくる。添削後は「風止みて 闇の深きを 雪しずか」。

キーワード
富士山
昇格はどちらか1人 梅沢×フジモン

名人2段の藤本敏史は過去、プレバト史上最高傑作という一句を詠んだ。夏井先生によると魅力は誰にでも伝わる言葉選びだという。対する名人4段の梅沢富美男は豊富な俳句の型が魅力、丁寧に練習して自分のものにしている。この2人のうち、昇格は梅沢富美男、降格は藤本敏史。

降格した藤本敏史が詠んだ句は「空の旅 下に初富士 子がつまむ」。飛行機から富士山が見え、子どもがつまむ真似をしている情景を表した一句。夏井先生によると発想は良いが、語順が悪いという。添削後は「子がつまみ たるかに眼下なる 初富士」。

キーワード
富士山

名人5段に昇格した梅沢富美男が詠んだ句は「御降りの 洗いて清し 富士青し」。御降りは正月三が日に降る雪や雨、縁起物とされる。雨が降ってくれたおかげで空が掃除され、富士山が綺麗に見えている一句。

キーワード
富士山
縁起和食の才能査定ランキング
コーナーオープニング

料理自慢の5人が縁起和食の才能査定ランキングに挑む。

横尾渉を査定

横尾渉を査定、作ったのは「金目鯛の祝い煮付け」。金目鯛は切ること無く、口から内臓を取り出した。切る事は演技が悪いのだという。査定するのは和食店「分とく山」の野崎洋光先生、査定ポイントは素材を生かせているか・味のバランスがとれているか・めでたい料理か。横尾の査定は凡人、美味しいが魚の身が固い事が減点。

キーワード
分とく山金目鯛の祝い煮付け長嶋茂雄
1 - 2 - 3

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.