TVでた蔵トップ >> 番組
2017年8月14日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日

ワイド!スクランブル

出演者
大下容子 船木正人 川村晃司 佐々木亮太 橋本大二郎 久保田直子 下平さやか 荻谷麻衣子 桝田沙也香 東ふき 池上彰 
(ニュース)
“生涯現役” 桂歌丸(81) 高座で熱演

肺炎などのため入退院を繰り返し6月復帰した落語家の桂歌丸さん。昨日毎年8月に出演している、夏恒例の高座に登場した。会場に響き渡る声でお客さんを落語の世界に引き込んでいった。そしてこの日は、桂さんの81歳の誕生日を1日早くサプライズで祝うイベントもあった。81歳の抱負は?という質問に「何もありません。」と笑わせ、生涯現役ということを話した。

キーワード
三遊亭圓楽[6代目]国立演芸場国立演芸場8月中席東京都桂歌丸
“生涯現役” 桂歌丸 きょう81歳誕生日 高座で熱演

今回桂歌丸さんが選んだのは「牡丹燈籠」という有名な怪談話。これを呼吸器をつけたまま長時間話すのはものすごい気迫だと思ったと橋本大二郎がコメントした。また、桂さんはこの日のために1週間検査入院をしたという。荻谷麻衣子はいつも笑点を楽しみにしていたそうで、「ご健在でうれしい」と話した。川村晃司は、桂さんが国策落語などの話をからめて戦争は愚の骨頂だと情熱を持って訴えていたことを話した。また、今回三遊亭円楽さんが落語芸術協会に入り初めて桂さんと同じ高座に上がるいうことになり、円楽さんが「次は介護ベッドでも」と冗談を言って会場をわかせたそうだ。

キーワード
三遊亭圓楽[6代目]国立演芸場東京都桂歌丸牡丹燈籠笑点落語芸術協会
(報道フロアニュース)
白人至上主義者の集会で死者 トランプ氏発言で釈明

バージニア州で12日、白人至上主義の集会に反対するデモ集団に車が突っ込み、32歳の女性が死亡した。これについてトランプ大統領は「憎悪や偏見 暴力を最も強い言葉で非難する」と声明を出したが、白人至上主義については言及しなかった。これに対し民主党や共和党の一部議員が「名指しで避難するべきだ」と批判の声が上がっている。ホワイトハウスは13日に、「トランプ大統領が非難した偏見や暴力には当然白人至上主義者など、全ての過激主義者の集団が含まれる」という声明を出し、釈明した。マクマスター大統領補佐官は、「人々に恐怖を与えるための攻撃はテロだ」と話した。事件の背景は、トランプ政権の移民政策によって白人至上主義者が活動しやすくなったことだと、米メディアは報じている。

キーワード
シャーロッツビル(アメリカ)ドナルド・トランプハーバート・マクマスターベッドミンスター(アメリカ)共和党民主党
コメンテーターの紹介

今日はスペシャルコメンテーターとして池上彰さんにお越しいただいた。月曜日のコメンテーターは荻谷麻衣子さん、川村晃司さん。紹介後、挨拶をした。

米「白人至上主義者」集会 1人死亡“トランプ発言”を釈明

バージニア州で起きた白人至上主義集会をめぐる衝突をうけて、トランプ大統領の発言をホワイトハウスが釈明したニュースについて。池上彰は、厳密に言うとトランプ大統領の発言ではなくホワイトハウスの発言だったとコメント。これまでもホワイトハウスがトランプ大統領の発言の尻拭いをさせられていて、今回も同じケースだと考えている、と話した。

キーワード
シャーロッツビル(アメリカ)ドナルド・トランプ
(ニュース)
ミサイル発射計画 米朝“応酬”激化 “ミサイル発射”の場合 その時なにが!?

北朝鮮のミサイル発射計画を巡りグアムでは住民に緊急ガイドライン。混乱に各国首脳からも懸念の声が上がっている。北朝鮮は弾道ミサイルを発射するのか。発射した場合何が起きるのか。おとといPAC3が陸上自衛隊松山駐屯地に到着し、周囲は物々しい雰囲気となった。朝鮮中央テレビでは火星12は日本の島根、広島、高知県を通過しグアム島周辺の30~40km海上水域に着弾すると報道。これに対しトランプ大統領は北朝鮮が愚かな行為をすれば軍事的に解決する手段は整っていると返すなど緊張の度合いを増している。朝鮮半島の行方は?

キーワード
PAC-3グアム島ドナルド・トランプ島根県広島県弾道ミサイル朝鮮中央テレビ朝鮮半島松山市(愛媛)松山駐屯地火星12型陸上自衛隊高知県
米朝“応酬”激化「ミサイル計画」各国に影響

北朝鮮のミサイル計画。平壌市内の最新映像が公開された。子供らがゲームを楽しむ様子と外の様子が映っていた。街は反米メッセージで溢れ、壁には弾道ミサイルの写真やロケット盟主国のスローガンも。平壌市民は我々は首領様らの代からアメリカの制裁を受けながら暮らしてきた。人民が怒っていることを肝に命じるべきだと述べるが、街には開戦前夜の緊張感は見られない。朝鮮中央テレビでは朝鮮人民軍戦略軍が8月中旬までグアム島に向けた包囲射撃計画し、8月中旬に完成させ発射待機態勢を整え命令を待つと報道しているがトランプ大統領は北朝鮮が愚かな行為をすれば軍事的解決の手段は整っている。金正恩が別の道を見つけることを望むとの姿勢を示している。北朝鮮は米帝に対する怒りと1000倍の報復の意思を爆発させ全人民が祖国決死守護の生鮮へ総決起していると報道など壁期な応酬が続く米朝。北朝鮮はなぜグアムを狙うのか?

キーワード
キム・ジョンウングアム(アメリカ)ドナルド・トランプドナルド・トランプ公式ツイッター労働新聞平壌(北朝鮮)弾道ミサイル朝鮮中央テレビ朝鮮人民軍戦略軍

北朝鮮のミサイル計画の不安は日本にも広がっている。自衛隊はミサイル通過を予告された島根、広島、高知、愛媛県にPAC3を配備している。安倍総理はおととい国民の生命などを守るために最善を尽くすと述べた。影響は中国にも及んでいる。トランプ大統領は中国がアメリカの知的財産権を侵害しているとして14日に通商法301条に基づく調査を指示。中国による不公平な貿易の是正が目的としているが、中国が北朝鮮に対し貿易面からの圧力をかける狙いもあると見られている。ミサイル発射はいつ?日本への落下の可能性はあるのか?

キーワード
B-1PAC-3アメリカ空軍 公式サイトグアム(アメリカ)ドナルド・トランプ安倍晋三島根県広島県松山市(愛媛)松山駐屯地知的財産権自衛隊通商法301条長門市(山口)高知県
「ミサイル計画」 米朝“過激挑発”どこまで!?

トランプ大統領が「世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになる」と言えば、北朝鮮は「弾道ミサイル『火星12』をグアムへの4発同時発射計画を発表した」と述べる。するとトランプ大統領は「8日の『炎と怒り』では足りなかった。グアムに対して何かすれば誰もみたことのないような事態が北朝鮮で起きるだろう」と述べ「北朝鮮が愚かな行動に出るなら軍事的な解決の準備は万全で臨戦態勢にある」と述べ続けていたが、これに対してロシアのラブロフ外相からは「軍事衝突の可能性が非常に高い、より賢明で強力な側が身を引くべき」と述べ、中国の習近平国家主席は「緊迫する朝鮮半島をエスカレートさせる。言動を慎んでほしい」と述べ、ドイツのメルケル首相も「過激な言動の応酬は解決につながらない」としていた。

キーワード
アンゲラ・メルケルウラジーミル州(ロシア)グアム(アメリカ)セルゲイ・ラブロフドナルド・トランプドナルド・トランプ公式ツイッター 大統領版ニュージャージー州(アメリカ)ベルリン(ドイツ)島根県広島県朝鮮中央通信火星12型習近平高知県
「ミサイル計画」 米朝“過激発言” 各国の対応は!?

橋本大二郎は「アジアからも懸念の声が次々出ているがその声の影響力はどうなのか」と聞くと、辺真一さんは「もしかするとお互いに手を出してしまうのではないか、問題は北朝鮮が火星12でグアムを狙うとした包囲射撃計画は北朝鮮の戦略軍司令官によると8月中旬に準備が整い(金正恩委員長に)報告するという。北朝鮮がこれをやめる条件は米韓合同軍事演習の中止もしくは爆撃機を導入しないことだとしているが、金委員長に屈して演習を中止することは考えられない。すると火星12は今月あるいは来月発射されることになる」と最悪の展開を述べた。

キーワード
B-1Bキム・ジョンウングアム(アメリカ)ドナルド・トランプニュージャージー州(アメリカ)火星12型米韓合同軍事演習
「ミサイル計画」 米朝“過激挑発”どこまで!?

橋本大二郎さんは水面下での交渉ともいわれるが、北朝鮮はグアムに包囲射撃を行う可能性は高いのかということを聞くと、辺真一さんは高いと見ているとし、北朝鮮の言い分ではロケット戦略の威力を示すと言っていたことと、歴史的なグアム包囲射撃を人民に公開すると言っていたことをあげた。さらに生中継で放送するのだという。アメリカが迎撃する可能性もあり、迎撃に失敗する可能性もあるかもしれないとした。さらに金正恩委員長はこのような特例的な措置と述べていて、人民に勇気を与えるために発射するとも述べていたためだとしている。最後に発射する可能性をきかれると90%と述べていた。池上彰さんは「もしそういうことをやれば戦争になる危険性が高いはずだが、北朝鮮軍もアメリカ軍も変わったところがないのは言葉の応酬なのではないかと思う」と述べた。

キーワード
アメリカ合衆国軍キム・ジョンウングアム(アメリカ)朝鮮人民軍火星12型
北朝鮮「ミサイル計画」グアム “緊急ガイドライン”公表

北朝鮮からミサイルを打ち込むと名指しされたアメリカのグアムでは緊急ガイドラインをウェブ上で公開した。全部で4部あるのだが、内容には「10日分の食料・水・薬は準備できているか?」というと問いかけや、あらかじめ用意しておくもののチェックリスト、さらにミサイル危機に備えて「地面に伏せて頭を覆う・閃光や火の玉を見ない・放射性物質に汚染された服はすぐに脱ぐ・石鹸やシャンプーで体を洗う」などが書かれていたが、リンスは放射性物質を髪に結合させてしまうためとしている。また窓やドアや空調に目張りをして空調を切った図も公開されていて、汚染の緊急事態に最善の方法だと紹介している。北朝鮮が打つ計画だとされている火星12は大型の核弾頭が搭載できるのだといい、だからこそここまで警戒しているのだという。池上彰は「この資料はロシアとの不仲時代にアメリカが作ったもので、それをあわてて引っ張り出したもの。本当の恐ろしさをアメリカは分かっていないのでは」と述べた。

キーワード
グアム(アメリカ)ミサイル国防省放射性物質朝鮮中央通信火星12型
「ミサイル計画」 “核”搭載!? 火星12…米の対応は

アメリカが行動を取ったときの北朝鮮の行動について辺真一さんは「オーバーリアクション。北朝鮮のミサイルは核も搭載していないしグアム本土に落とすわけではない。もしアメリカが迎撃・攻撃してきたら北朝鮮が反撃して戦争が始まる。という危険からマニュアルを公開したと思うが、局地紛争だけで(核は搭載されていないので)核戦争にはならないだろう」としている。橋本大二郎さんは「局地紛争は基地への攻撃を意味するのでしょうか」と聞くと、辺真一さんは「アメリカにとっての脅威は核とミサイル基地で、北朝鮮に反撃する場合は反撃能力を削いで終わらせることだとするが、そこで終わるかどうかが問題でそこは金正恩委員長の判断次第になっている」と述べた。大下容子さんが「ICBMを使わないのは北朝鮮の譲歩なのか」と聞くと辺真一さんは「これでミサイルの発射が終わるわけではなく、狙いは本土なのでグアムへの攻撃が成功すれば、アメリカ本土に向かう可能性があり、それまでの間にトランプ政権に対して北朝鮮は対話を引っ張りたいためで、(北朝鮮は)次の手も考えているが、させる訳にはいかないためこの作戦をトランプ政権がどうやって封じ込めるのか、武力行使か・制裁圧力か・対話するのかの三択でどれを選択するかにかかっていると述べた。

キーワード
キム・ジョンウングアム(アメリカ)ドナルド・トランプニュージャージー州(アメリカ)大陸間弾道ミサイル火星12型
「ミサイル計画」 米朝“過激挑発”どこまで!?

北朝鮮のミサイル計画についてのトーク。トランプ大統領が軍事力で脅かせば脅かすほど、金正恩委員長も核は絶対に手放さない方向に行くだろうとも懸念されている。中国の今後の出方にも注目される。

キーワード
キム・ジョンウンドナルド・トランプ
「ミサイル計画」 “核”搭載!?火星12…米の対応は

北朝鮮のミサイル計画についてのトーク。北朝鮮側もアメリカ側も戦いたくはないが、出口を見据えて戦略を立てて行動しているはずなので見極めが大切などと話した。

キーワード
キム・ジョンウンドナルド・トランプニュージャージー州(アメリカ)
北朝鮮「潜水艦基地」に新たな動き 米が公表

北朝鮮の潜水艦基地に新たな動きがあると米が公表。北朝鮮の新浦の映像では潜水艦の船首と船尾がネットやシートで覆われているのがわかる。去年5月ごろにも潜水艦に同じような動きがあったあと7月9日にSLBMが発射されており、今回も何らかの準備がされているとも考えられる。中国がどう出るかが問題だが、中国では共産党の党大会がまもなく開かれるため、習近平国家主席が妥協すると権力基盤が弱くなってしまうという国内事情もあるなどと話した。

キーワード
キム・ジョンウンドナルド・トランプ中国共産党新浦級潜水艦新浦(北朝鮮)潜水艦発射弾道ミサイル習近平
(池上彰&増田ユリヤが徹底生解説 世界が混乱…トランプ大統領vs米メディア)
池上×増田 “舌戦”トランプ氏vs金氏 どちらの発言?

イギリスのBBCはホームページでこの発言がトランプ大統領のものか金正恩委員長のものかというという問題を出していて、「世界で一番強力な国でない時など来ない!」などという発言を大下はトランプ大統領と答え正解。「敵国を破滅させるボタンを押せば挑発した基地は一瞬で海に沈むだろう!」などという発言を萩谷が北朝鮮と答え正解。「彼らは世界がこれまで見たことのない炎と怒りに直面する」などという発言はトランプ大統領のもの。今日のテーマは「トランプ大統領vsメディア世界が混乱、フェイクはどっち?」。

キーワード
BBC ホームページキム・ジョンウンドナルド・トランプ英国放送協会
池上×増田 メディアと対立…トランプ氏「リアルニュース」開始

アメリカ・バージニア州で白人至上主義を掲げる集団と反対集団が衝突し、死者が1人、34人がけがをした。休暇中のニュージャージー州で会見を開いたトランプ大統領は暴力行為を避難したものの白人至上主義者らを批判せず、報道陣が意見を求めても無視を貫いたため、現地メディアからは非難の声が挙がっている。

キーワード
ドナルド・トランプニュージャージー州(アメリカ)バージニア州(アメリカ)

こうした中トランプ大統領が自らのフェイスブックに投稿した動画タイトルが物議を醸した。「リアル・ニュース」と題されたものは以前CNNテレビでコメンテーターをしていた女性がキャスター役で登場し、トランプ政権に都合のよい情報を読み上げた。その一方でロシア疑惑など自分に不利な情報は伝えていないため、アメリカメディアから批判の声が挙がった。こうしたメディアとの対立は大統領当選後に行われた初めての記者会見で、CNN記者に対し「君の質問は受けない」などと述べたことが始まり。さらに演説では「私ほどメディアから不公平な扱いを受けた政治家はいない」などと述べた。また、厚生長官に大声で質問を繰り返したとして男性記者が逮捕、今月4日には機密情報流出の取り締まり強化を発表した。

キーワード
Cable News Networkケイリー・マッキーナニーコネチカット州(アメリカ)ジェフ・セッションズツイッタートランプ・ジュニア氏のインスタグラムアカウントドナルド・トランプドナルド・トランプ フェイスブックニューヨーク(アメリカ)リアル・ニュースワシントン・ポストワシントン(アメリカ)
トランプ大統領 vs メディア 世界が混乱“フェイクはどっち?”

トランプ大統領はフェイスブックで「リアル・ニュース」と題されたものを報じた。ニュースでは「トランプ大統領が過去3か月分の月給を教育省に寄付した」、「自分より米国を優先している」などと報じCNNテレビでは「北朝鮮で見るようなプロパガンダ」、ワシントン・ポスト紙では「本物のニュースというより、本物のプロパガンダだ」と報じている。「リアル・ニュース」配信の背景にはロシア疑惑があり、これに対しトランプ大統領はフェイクニュースと述べている。トランプ政権は4日に機密情報流出の取締を強化する方針を発表した。セッションズ司法長官は「メディアの役割を尊重するが限度がある。」と述べた。萩谷弁護士は「メディアの信頼は難しい問題。真実を正しく伝えるとともに、自己批判もできる能力も備えていないと信頼は勝ち取れないと思う。」などと述べた。川村氏は「今までの大統領とは違いトランプ氏自らがメディアとなり、自分自身が存在感を高めるためにメディアを利用している気がしてならない。」などと述べた。

キーワード
Cable News Networkケイリー・マッキーナニージェフ・セッションズツイッタートランプ・ジュニア氏のインスタグラムアカウントドナルド・トランプドナルド・トランプ フェイスブックドナルド・トランプ・ジュニアニュージャージー州(アメリカ)バラク・オバマリアル・ニュースロシア疑惑ワシントン・ポスト教育省
1 - 2
refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.