[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2010年12月10日放送 22:54 - 23:58 テレビ東京

ワールドビジネスサテライト

出演者
繁田美貴 中島厚志 前田有花 森本智子 小谷真生子 二村智子 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

忘年会「お得は昼間」
シーズン到来!忘年会 今年の傾向は

飲食店にとって最大のかき入れ時である年末年始の宴会シーズン。そんななかこれまでの常識を打ち破るスタイルが広がっている。とある居酒屋では、幹事に店を体験してもらい宴会獲得につなげようと、ぐるなびが展開する忘年会下見クーポンを導入。これにより忘年会の予約客が300人を超え、売上が去年に比べて10%もアップしている。今年の忘年会の傾向は高単価なコース、昼の時間を利用した昼宴会という。

キーワード
ぐるなび忘年会木村屋本店 渋谷109前栗田朋一畠中健太
「女子会」「ノンアルコール」多様化する宴会

宴会も多様に進化している。女性だけで集まって会話を楽しむ「女子会」。専用のプランを用意し、女性が好むようなメニューをそろえる店が人気を集めている。また、20代男性のアルコール離れが非常に顕著でソフトドリンクなどノンアルコール飲料を入れてほしいという調査結果も出ていることからサントリーでは8月に発売した「オールフリー」の生産能力を2倍にした。実際ノンアルコールビールを取り扱う居酒屋も増えており、「ノンアルコール宴会」も出てきたという。

キーワード
オールフリーサントリー女子会栗田朋一
忘年会「お得は昼」の発想力

今まで宴会は夜するものという固定観念に縛られていたが、「昼宴会」の発想は斬新でまた違った楽しみ方もできるかもしれないとスタジオトーク。

キーワード
中島厚志
(ニュース)
所得控除 上限1,500万円に

政府税制調査会は、サラリーマンの給与所得控除について対象となる収入の上限を1500万円とする方針を固めた。いっぽうでは法人減税など主要項目については結論を持ち越した。

キーワード
法人税減税給与所得控除野田佳彦
電子書籍端末 2社同時に発売

きょう大手家電メーカー2社が相次いで電子書籍端末を発売した。両社に共通しているのはより幅広い利用客を取り込もうと家電とは異なる販売戦略をとっていること。電子書籍端末「ガラパゴス」を投入したシャープが新たな販売網として選んだのはコンビニ。全国およそ2万4000店舗で取次ぎの申し込み受付を始めた。

キーワード
ガラパゴスシャープファミリーマートローソン

いっぽう大手書店の店頭にも電子書籍端末が並ぶ。ソニーの電子書籍端末「リーダー」発売日のきょう、大手書店チェーンの店頭に実演スペースを設け、期間限定で書店でも購入できるようになっている。ソニーでは電子書籍の価格が通常の書籍より3~4割程度安くなるとしている。

キーワード
ソニーソニー・リーダー磯村英男紀伊國屋書店新宿本店
(特集)
電子書籍ウォーズ シャープマル秘戦略

日本で相次いで電子書籍が発売された今年は電子書籍元年とも呼ばれている。日本で本格的に普及するか否か各社の戦略に迫る。

キーワード
Amazon.comiPadアップル・インコーポレイテッドガラパゴスキンドル2ギャラクシータブサムスン電子シャープソニーソニー・リーダーリブレットW100東芝

ガラパゴスを今日発売したシャープの片山社長は取材に対し、「据え置き型のテレビからタブレット端末やモバイル機器に自由にコンテンツが動く時代が来ると思っている」とコンテンツ移動技術の実用化を目指す考えを表明した。消費者はハードウェアを求めているのではなくて、ハードウェアでどんなサービスができるのか、どんなコンテンツが楽しめるかが重要と話す片山社長は、「ハードとサービスを一体化したようなビジネスモデル」が普及のカギだという。

キーワード
ガラパゴスシャープスマートフォン片山幹雄

作家側も「本を読む機会をより多くの人に浸透させていくということが大事」と電子書籍の可能性に期待を寄せている。読みたいと思った読者の気持ちを取り逃がさないのが電子書籍のメリットだと話す。

キーワード
かたちだけの愛カルチュア・コンビニエンス・クラブ八重洲ブックセンター本店平野啓一郎
電子書籍ウォーズ “自炊”生活公開

iPadに約500冊の電子書籍をダウンロードしている男性は「重たい書籍を持ち運ばなくてすむのが電子書籍のメリットだが、ストアからダウンロードできる種類はあまり多くない」と話す。この男性は書籍を自ら電子化させる、いわゆる“自炊”して端末に取り込んでいる。

キーワード
iPadアジル アソシエイツ坂口孝則夏目漱石日本経済復活一番かんたんな方法私の個人主義
電子書籍ウォーズ 小説家も変わる

広がり始めた電子書籍市場、作家の創作活動にも影響を与え始めている。電子書籍作成サイト「パブー」を通じて作品を発表する作家も増えており、価格は現在無料。「紙に印刷する本に比べて、より多くの人に手軽に読んでもらえるのが魅力」と小説家の男性は言う。電子書籍作成配信サービス「パブー」を手掛ける企業の担当者は「立ち上げ5ヵ月で6000作品も集まるとは想像できなかった」とその反響の大きさに驚く。

キーワード
パブーペーパーボーイアンドコー中山智幸空で歌う馬居優子
電子書籍ウォーズ コンテンツの可能性

電子書籍は出版の流通を大きく変える。これまでは著者→出版社→取次ぎ→書店→読者という流れが一般的だったが、電子書籍になると中間の流通を一手に引き受けるコンテンツ配信会社の存在が重要となる。そんななか生き残りをかけ動き出した大手出版社の角川書店は、将来的にニコニコ動画で電子書籍を配信することで新しい電子書籍の読み方を提案したいという。また、角川があえて電子書籍の市場に参入するのには海外で人気のある日本のマンガがネット上で流通可能になれば大きなビジネスチャンスになるというのも背景にあるという。

キーワード
iPadドワンゴニコニコ動画ブックウォーカー千野裕司安本洋一栗本直彦角川コンテンツゲート高橋信康
「電子書籍元年」商戦が本格化

電子書籍ビジネスに参入を表明している企業連合の一覧をフリップで紹介しながら、プラットフォームで主導権を握ろうと各社がしのぎを削っている現状について解説。企業グループに書店が名を連ねているのが日本的スタイルだとスタジオトーク。

キーワード
Amazon.comKDDINTTドコモアップル・インコーポレイテッドカルチュア・コンビニエンス・クラブグーグル(Google)シャープジュンク堂書店ソニードワンゴ中島厚志丸善凸版印刷大日本印刷朝日新聞社紀伊国屋書店角川グループパブリッシング
(ニュース)
COP16 激しい対立

温暖化対策を話し合う国連の会議COP16は、最終日を迎えても激しい対立が続いている。日本が孤立しているという状況を分析してみると、国益をめぐるパワーゲームの激しさが浮き彫りとなった。タイムリミットが迫る中、溝は埋まらず各国の調整が続いている。

キーワード
松本龍気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書第16回気候変動枠組条約締約国会議解振華
「京都延長」日本反対なぜ?

京都議定書で排出削減の義務を負うのは世界の排出量の4分の1にすぎない日本やEUなどだけで、排出量で世界1位の中国、2位のアメリカは京都議定書が延長されてもCO2削減の義務を負う必要がないという、日本が京都議定書の延長に反発する理由を解説。日本とEUは京都議定書に変わる新しい枠組み作りを提案しているが、中国や途上国は負担が重いと反発している。

キーワード
京都議定書
「京都」延長論争 EU離脱で・・・

EUが京都議定書の延長という選択肢に舵を切った背景には排出権取引市場の存在がある。排出量取引で世界に先行するEUは、このまま京都議定書の期間が終了し、CO2削減の義務がなくなれば排出量の買い手が減り、取引価格が暴落するというシナリオを懸念しているという。

キーワード
京都議定書双日排出権取引市場欧州連合衛藤正論

COP16で孤立感が高まっている日本はあくまでも京都議定書の延長を拒むべきなのか専門家が解説。日本は最後まで諦めないで中国やアメリカなどが入った仕組みをつくるべきで、野心的な目標値をある程度現実的な数字に下げないと先に進まないだろうと話していた。

キーワード
京都議定書日本エネルギー経済研究所第16回気候変動枠組条約締約国会議豊田正和

今の京都議定書の枠組みは途上国を支援する枠組みで、排出権取引市場を支える枠組みとなっており、本来CO2の削減を世界でいかに達成するかという枠組みからそれているとスタジオトーク。

キーワード
中島厚志京都議定書
この後は

CM後の内容を紹介。

1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.