[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年3月17日放送 20:57 - 22:00 TBS

中居正広の金曜日のスマイルたちへ
南房総にログハウス建築

出演者
假屋崎省吾 中居正広 大竹しのぶ 室井佑月 山本匠晃 ベック 
たった2人のログハウス建設ー425日間の全記録ー
コーナーオープニング

一昨年2015年、金スマは房総半島の海沿いにある山中の広大な土地を借り、自然を楽しむための家づくりをスタートさせた。着手したのはド素人の2人、指導者もいない中で建築。設計から強度計算、基礎工事を全てこなした425日間に迫る。

建築ド素人 425日間の全記録

スタジオ収録前、中居らスタジオメンバーは完成したログハウスを見学した。直系30cm以上の丸太が積み上げられ、たった2人によるものとは信じられない大きさだった。建てたのは共に東大卒で金スマディレクターの清水徹郎とミュージシャンのグローバー。東大合格を果たした集中力と粘り強さはピカイチ。

キーワード
東京大学

ログハウス作りのスタートは2015年12月、場所は千葉県・南房総市の山中。まずは丸太の調達から開始、お隣の鴨川市で許可を得て杉伐採に参加した。事前に2日間に渡りチェーンソーの扱いの講習を経て伐採免許を取得していた。2016年に入ると切った丸太だけで足りない分を求め、木材市場で購入した。揃った丸太は50本で合計15トン、中を感想させるため鎌や木の皮ハギを使ってひたすら皮むきをした。この皮むきはかなりの重労働、最初は1本剥くのに1日かかった。2か月かけてようやく皮むきが終了。

キーワード
南房総市(千葉)木の皮ハギ鴨川市(千葉)

皮むきを終えた2人に待っていたのは建築確認申請、家を建てるには法律で決まった建築基準を守るという役所への申請が必要。調査・図面を建築士に頼む人が多いが、これも2人で勉強しながら作成。1か月ほどかけて合計32ページの申請書を作成、周りの土地の測量も自ら行った。こうして南房総市役所に提出し申請をクリアした。一級建築士の小宮歩さんによると、一般の人が1ヶ月でまとめるのは普通は難しく、このまま勉強したら建築士試験に合格できるかもしれないという。

キーワード
南房総市役所

開始から4ヶ月後の2016年4月、ようやく建築がスタート。まずは基礎(土台)を建築、ユンボを借りて基礎の形に穴を掘り、砕石を埋めて地盤改良。コンクリートを合計10トン練り、鉄筋を約500ヶ所針金でまとめた。更に木材で型枠を作り、溝にコンクリートを入れて固めてハウスを載せる。コンクリートが固まったらレベラーと呼ばれる液体コンクリートで形を整える。全て固まったところで型枠をはずせばようやく基礎が完成。

キーワード
レベラー
スタジオトーク

ログハウス作りについてスタジオトーク。室井佑月は「頭が良くて根性がないと東大は無理ということですね」と話した。

キーワード
東京大学
建築ド素人 425日間の全記録

清水徹郎とグローバーによるログハウス作り。2016年6月、基礎に縦半分に切った丸太を載せアンカーボルトに通して固定する。ログハウスは丸太同士を交互に組み合わあせて組むのだが、丸太をそのまま重ねてもキャンプファイヤーのように隙間ができる。そこで重なる部分がぴったりになるよう丸太を削る。問題となるのが1本1本の形が違うこと、スクライバーと呼ばれる道具で全て測って切っていく。いざはめると噛み合わない事もあり、たった5ミリでもずれると新たな丸太を使い1から削り直す。

キーワード
スクライバー

清水徹郎とグローバーによるログハウス作り。丸太を重ねただけでは強度は不十分、そこで組んだ丸太を貫く長い穴をあけ、ダボと呼ばれる鉄筋を差し込む。この強度計算は建築申請の際にはじき出されている。丸太をある程度積み上げたところで防腐剤を塗装、丸太は全部で7段となった。こうして3か月かけて隙間のない壁が完成した。

キーワード
スクライバー

2016年9月、2人は屋根作りを開始。普通の建設現場では鳶職人が設置する足場も自分で作った。屋根の土台となるのも丸太、前後6本の丸太を使う。6本の丸太を壁の最上段に設置、その6本の丸太の上に太い3本の木を渡す。ここのタイミングで近所の皆さんを呼んで上棟式を行った。

(番組宣伝)
炎の体育会TV

「炎の体育会TV」の番組宣伝。

世界ふしぎ発見!

「世界ふしぎ発見!」の番組宣伝。

ニュースキャスター

「ニュースキャスター」の番組宣伝。

たった2人のログハウス建設ー425日間の全記録ー
建築ド素人 425日間の全記録

清水徹郎とグローバーによるログハウス作り。屋根が完成したところで天窓用の穴をあけた。残すは床作り、砂利で出来た地盤の上にコンクリートの土台を乗せる。大事なのは全てが水平になっているかというもの、スマホのアプリを使って水平かを確かめた。水平なのが確認できたら土台の上に木の土台を組む。床下には湿気を吸う効果があるゼオライトと呼ばれる鉱物をまいた。断熱材もしっかりと使い、フローリング材を敷いたら完成。床だけで約2ヶ月かけた。

キーワード
ゼオライト

床が完成するとご近所に住んでいた”さかなクン”が訪問してきた。ロケとしての訪問意外にもプライベートでは3回目、差し入れをしてくれた。更にイラストレーターとしても活躍するさかなクンにベニヤ板に縁起が良いブリの絵を描いてもらった。このベニヤ板は天井に設置。

そして2017年2月、窓などの内装も全て仕上げ中居たちを招待したのだった。ハウス内には家具なども入りおしゃれな作り、中居は出来栄えを大絶賛した。カウンターバーが設置されており、ロフトは畳の空間になっている。アジアンテイストのランプシェードも自作、外に繋がるベランダもロフトと同じ高さにあった。

中居たちが案内されたのはログハウス近くにある展望スペース。ここにはバーベキューを行うためのテーブルやレンガ製コンロなどを設置。中居たちは「トマト風味クラムチャウダー」を味わいつつ、グローバーが作ったオリジナルソングを聞いた。

キーワード
丸太でGO
スタジオトーク

ログハウス作りについてトーク。大竹しのぶは「やり遂げるという喜びは何事にもあるけど、ここまでスゴイと言葉がでない」と話した。

建築ド素人 425日間の全記録

収録後、さかなクンが再び完成祝に駆けつけてくれた。この日はバーベキュー広場に滑り台を完成させ、さかなクンが試しに滑った。清水徹郎らは札を差し替えれば永久に使えるカレンダーを作っており、さかなクンがデザインを担当した。これがログハウス最後の内装、カレイをイメージして作ってくれた。

(番組宣伝)
下剋上受験

「下剋上受験」の番組宣伝。

A LIFE

「A LIFE」の番組宣伝。

refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.