[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年5月18日放送 19:57 - 20:54 フジテレビ

奇跡体験!アンビリバボー

出演者
日村勇紀(バナナマン) 設楽統(バナナマン) 剛力彩芽 ビートたけし 西山茉希 上白石萌歌 
裁判史上類を見ない!仰天事件簿
敏腕弁護士!忘れられない依頼

都内に法律事務所を構える加茂隆康さん。保険金トラブルと交通事故賠償のスペシャリストとして、これまでに3000件以上の依頼を受けてきた。そんな加茂さんには、忘れられない裁判があるという。その裁判について、加茂さんは「ちょっとした油断やごまかしがトラブルを招き、とんでもない訴訟に発展したケースだった」と話した。

キーワード
加茂隆康法律事務所

今から20年以上前、加茂弁護士にある損害保険会社から裁判の依頼が舞い込んだ。依頼の約3ヶ月前、セールスレディの歌代和子(仮名)という女性は、一つでも多くの契約を結ぼうと、バイクを買ったという19歳の少年に保険の売り込みを粘り強く続けた。少年が契約書にサインしたのは、バイクが納車される2日前。サインと同時に保険料をもらうつもりだったが、少年が保険料を忘れたため、明後日までに指定の口座に振り込むよう伝えた。しかし期限当日になっても保険料が振り込まれず、少年の会社にも何度か足を運んだが、少年とは会うことができなかった。

困った歌代さんは、先輩のセールスレディに相談。保険料の立て替え払いは会社の規則で禁止されていたが、先輩から立て替えの提案をされた歌代さんは、少年名義で保険料を振り込んだ。その料金の催促をしようと、少年が一人暮らしをするアパートに電話を入れたが、いつも留守で伝言を残すことしかできなかった。立て替え払いから約10日後、少年の実家に電話を入れ事情を説明。母親によれば、少年は実家に立ち寄り保険料を払ってほしいと言って、振込先のメモを渡していた。メモを預かった母親は父親に、保険料の振り込みを頼んだという。しかし父親は仕事の忙しさから忘れていた。安心していた少年は、歌代さんへの連絡を怠っていた。

立て替え払いから約1ヶ月後、少年の母親から歌代さんのもとへ電話があった。

保険料立て替え…事故死で波紋

社内規則を破り、19歳少年の保険料を立て替えた歌代和子さん(仮名)。少年はバイクで転倒事故を起こし、命を落とした。少年の母親からの「死亡事故の場合はどうなるのか」という保険についての質問に、歌代さんは「運転中の事故で死亡した場合は2000万円の保険金が両親におりる」などと説明し、立て替えている保険料を改めて請求した。この4日後、2万5000円の保険料が振り込まれた。その後、歌代さんは保険金の請求手続を進めたが、保険料を立て替えた事実を正直に報告した。

キーワード
保険料

少年がサインした自動車保険の契約内容には、「保険期間が始まった後でも保険料領収前に生じた事故については保険金を支払わない」と書かれていた。少年側が実際に保険料を振り込んだのは、事故から4日後だったため、保険会社は「立て替えでは少年が保険料を払ったことにはならない」と判断した。

キーワード
保険料
明日のフジテレビ
その原因、Xにあり!死を招く痛みSP

「その原因、Xにあり!死を招く痛みSP」の番組宣伝。

世界ゴミ屋敷バスターズ

「世界ゴミ屋敷バスターズ」の番組宣伝。

ダウンタウンなう

「ダウンタウンなう」の番組宣伝。

BOXING FES 2017 SUPER 2 DAYS

「ボクシングフェス SUPER 2 DAYS」の番組宣伝テロップ。

裁判史上類を見ない!仰天事件簿
保険料立て替え…事故死で波紋

社内規則を破り、19歳少年の保険料を立て替えた歌代和子さん(仮名)。少年はバイクで転倒事故を起こし、命を落とした。少年がサインした自動車保険の契約内容を理由に、保険会社は「立て替えでは少年が保険料を払ったことにはならない」と判断した。少年の両親は納得できず、保険金の支払いを求める訴訟を起こした。加茂隆康さんによると、会社の立て替え払い禁止は建前であって、何も問題なければ会社はそれを黙認していたという。

キーワード
保険料
スタジオトーク

保険料立て替えをめぐる裁判についてスタジオトーク。西山茉希は、「親の立場からすると怒るのも分かるが、冷静になればちゃんと保険料を払えばよかったということも考えるべき」などとコメント。設楽統は、「保険料が入っていればシステム的には出ると思うし、出るとも言われているので怒るのも分かる」などと話した。上白石萌歌は、「自転車保険に入っているので、他人事ではないと思った」などと述べた。

キーワード
保険料
保険会社vs遺族!2千万円かゼロか

保険料の立て替えから引き起こった、保険金2000万円をめぐる裁判。裁判で証人尋問に立った歌代さんを、両親側の代理人弁護士は追い詰めた。その一方、少年の父親の証人尋問も行われた。裁判官は、判決ではなく和解という形で解決を図った。裁判から約1ヶ月後、和解勧告の期日を迎えた。

キーワード
保険料

保険料の立て替えから引き起こった、保険金2000万円をめぐる裁判。裁判官は、解決金50万円の支払いという和解案を提示した。保険会社側の代理人弁護士だった加茂隆康さんは、「50万円という金額は保険会社側の価値を意味していた」などと話した。少年の両親は、裁判官の和解案のショックを受け、両親は弁護士の強い説得で和解を受け入れた。保険会社側も裁判が長引くことを望まず、双方が和解に応じた。

キーワード
保険料
明日は我が身!?油断から大トラブル

保険料の立て替えから生じたトラブル。和解金は双方の話し合いの結果、70万円になった。保険会社側の代理人弁護士をしていた加茂隆康さんは、「保険料を振り込んでおけば保険金はおりたのにという後悔と、金銭への執着が前回の期日まではあったと思う。しかし、息子はお金には代えがたいという思いに至ったからこその和解応諾に思えた」などと話した。一方、立て替えをした歌代和子さん(仮名)は、会社からペナルティを受けることはなかったという。

キーワード
保険料
スタジオトーク

保険料の立て替えから起こったトラブルについてスタジオトーク。西山茉希は、「親の気持ちからすると子どもが亡くなると感情で動いてしまう。それが両親の場合はお金の方にいってしまったのでは」などと話した。設楽統は、「やはりどこか気持ち悪い部分がある。飛び抜けて悪い人がいないからだと思う」などと述べた。

キーワード
保険料
80歳…アルツハイマーを患う老人の奇跡
家族の壮絶な日々

昨年、イギリスの田舎町で、アルツハイマーを患った80歳の名もなき老人の快挙が話題となった。老人は、長年諦めていた大きな夢を叶えた。

キーワード
アルツハイマーイギリス

テッド・マクダーモットさんは、38歳の時にリンダさんと出会い結婚。ほどなく、息子のサイモンさんにも恵まれ、地元の工場で働きながら家族を養った。サイモンさんはビジネスマンになり、イギリスを離れて南アフリカで生活していたが、多忙で帰省もできずに親孝行らしいことは何もできなかった。月日は流れ2011年、サイモンさんはリンダさんから「気性が荒く物忘れが目立つようになった」という父についての電話を受け、実家のあるブラックバーンからロンドンの会社に転職した。

キーワード
サイモン・マクダーモットテッド・マクダーモットブラックバーン(イギリス)リンダ・マクダーモットロンドン(イギリス)南アフリカ

久々に実家に帰ったサイモンさん。玄関の掃除をしていると、突然父のテッドさんから罵倒を受けた。テッドさんは、息子の顔を忘れていた。専門医は、アルツハイマー型認知症と診断した。

キーワード
アルツハイマー型認知症サイモン・マクダーモットテッド・マクダーモットブラックバーン(イギリス)
(番組宣伝)
BOXING FES 2017 SUPER 2 DAYS

「ボクシングフェス SUPER 2 DAYS」の番組宣伝テロップ。

1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.