TVでた蔵トップ >> 番組
2017年9月10日放送 15:55 - 17:30 テレビ朝日

帰れまサンデー
拡大SP!! 秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅!

出演者
トシ(タカアンドトシ) タカ(タカアンドトシ) 
(オープニング)
オープニング

タカトシの2人が番組の挨拶。今回はサンドウィッチマンと高橋ひとみ&つるの剛士が奥多摩線に乗って巡る路線バスの旅をお送りする。

キーワード
つるの剛士まっぷる 群馬 草津・伊香保・みなみかみ ’17-18サンドウィッチマン上野村(群馬県)神流川神流町(群馬県)高橋ひとみ
旅のルール

旅のルールはサイコロで出た目の数だけバス停を進み、そこから近くの飲食店を探すだけとなっている。旅のスタート地点となるのは群馬県神流町にある川中。

キーワード
川中(群馬県)
秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅
サイコロ1投目

秘境路線バスのスタート地点へ。富澤さんは「ヤバいでしょ?ここからさらに奥に行く?」、つるのさんは「飲食店見つかる?」と話し辺りを見回す。スタートは奥多野線の川中。バスが無い時間もあるほど本数が少ない。川中からしおじの湯まで30個、10面サイコロを振り出た目の数だけバス停を進む。10を3回出したらクリアと話す富澤さんにひとみさんは「そんな夢のような話ない」と話す。バス停を見ながら楽しいところ行きたいなどと話す。ひとみさんがサイコロを投げる。出た目は5、1投目の目的地は三島橋に決定。伊達さんは「三島橋の方が飲食店ありそう」、つるのさんは「三島定食みたいな」などと話し笑う。10時44分バスが到着、中は誰も乗っていない。

キーワード
奥多野線

最初に向かうのは三島橋、飲食店はあるのか。奥多野線は鮎で有名な清流神流川に沿って上流の山奥へ向かっていく。川には釣りをする人が。町はあったがまだ目的地ではない。細い道を進み山間の道に入る。恐竜センターバス停を過ぎるとき、ひとみさんが「あれが恐竜センター?」と言うと伊達さんは「宗教の建物じゃない?」と返した。建物は恐竜センターだった。神流町は日本で初めて恐竜の足跡が発見された場所。恐竜センターは化石発掘体験などもできる子どもにも人気のスポット。最初の目的地三島橋前になりボタンを押す。周辺は何もなく、山の道へ入っていく。つるのさんは「飲食店絶対ない、これは壊滅的」、富澤さんは「やばい!始まったぞ」などと話し一行は騒ぐ。少し建物があるが細い道をバスが進む。10時50分、三島橋に到着した。

キーワード
アユヤマメ奥多野線恐竜センター神流川神流町(群馬)
三橋橋

三島橋で降りた一行は橋から川を眺め水がきれい、景色について画が持つなどと話す。川中から3キロの三島橋、山と川に挟まれた集落には60軒ほど建物がある。現在10時53分、次のバスは12時40分。このバス停の1日平均利用客数は2人。飲食店はあるのか。住人に飲食店があるか聞くが歩いて30分くらいの上野村まで行かないとないという。鮎釣りに来た人に聞くとコンビニも1軒もないという。とりあえず上野村方面を目指しバス通りを歩くが次のバス停がどの道かわからない。細い道につるのさんは「これはないでしょ」と話すが伊達さんは「これはないって所通ってきた」と話す。結局民家がある通りを選択した。これが明暗を分けることになる。道中に蔵があった。富岡製糸場が近く養蚕が盛んだった。母屋で養蚕をするため荷物などを置く蔵がどの家にもあった。歩くと平原バス停に到着。さらに進むと店を発見した。

キーワード
上野村(群馬)富岡製糸場
三島橋

秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅。奥多野線の三島橋から歩く事10分。かりんとう屋さんを見つけた。残念ながら飲食店はやっていないという。その味の評判は広まって道の駅でも販売されているという。次のバスまで1時間あるため、かりんとうを頂くことに。近くの飲食店を聞くと途中で細道で断念した先にパン屋があったという。

キーワード
重子の台所

パン屋に向かった一同。絶対にこっちに人なんて来ない場所に分かりづらく小さい看板があった今日はお店の日ではなかったが、特別に開けてもらえる事に。

キーワード
mugiccoぱん
mugiccoぱん

mugiccoぱんは築100年の古民家を改装し今年4月にオープンした。営業日にはお昼には完売してしまう日もあるという。mugiccoぱんは大阪から移住してきたという。ボランティアの緑のふるさと協力隊という事業でここに派遣されたという。お子さんにも恵まれ2017年4月パン屋をオープンした。「地粉のめろんぱん」を頂いた。表面のクッキー生地に地粉を使用している。バター不使用で甘すぎないという。さらにドリンクは「かんな高原農場の甘いにんじんジュース」と「梅酵素サイダー」を頂いた。

キーワード
mugiccoぱんかんな高原農場の甘いにんじんジュース地粉のめろんぱん梅酵素サイダー神流町(群馬)
サイコロ2投目

奥多野線三島橋バス停で飲食店を見つけた4人は次のバスまで時間があるので歩いて3つ先のバス停高橋へ。細い道を川沿いに進む。草取りをしている人に路線沿いに飲食店がないか聞き込み。小学校前に山里うどん、勝山に琴平センターがありイノブタ丼などが有名だと話す。お礼を言ってバス停へ。サイコロ2投目もひとみさん、5か6が出れば近くに飲食店があるバス停。出目は8、次の目的地は乙母。飲食店があるような場所なのか、12時44分出発。バスは山間の道を進む。つるのさんは「最後の温泉って混浴?」と話し、混浴どうか聞かれたひとみさんは「全然大丈夫」と答えた。小学校前に入り先程教わったと思われるうどん屋を通過した。乙母近く、バスは先程のような集落の細い道を進む途中猪豚料理と書かれた看板を発見。12時58分に乙母に到着。

キーワード
やまざと食事処琴平
乙羽

12時58分に川中から約9キロ乙母に到着。これまでより大きな集落だが飲食店はあるのか。現在13時、次のバスは14時3分。住人の方に先程の看板について聞くと旅館だという。飲食店について聞くとその旅館で食べさせてくれると思うと話す。今井家旅館へ向かった。撮影許可をもらい、ご飯を食べさせてもらえるか聞くと1時間で作ると上がらせてもらった。今井家旅館では予約をすれば名物の猪豚料理が味わえる。ここは著名人が訪れる名店、この地の歴史に関わる場所だった。

キーワード
今井家旅館
今井家旅館

母屋は築400年だという。釘を使わず木を組み上げる建築法で作られている。上野村は日航機墜落事故が起きた御巣鷹山に近く当時事故対応や救助活動に村をあげて協力した。この旅館も報道陣の前線基地になっていた。グランドが発着場になっていた。永六輔さんや大滝秀治さん、中曽根元総理や福田元総理もこの旅館を訪れたという。そんな旅館の猪豚料理とは何か。現在時刻は13時39分、次のバスは14時3分、逃すと次は16時3分。15分前になり焦る一行、催促するか相談するが、猪豚鍋が出来た。バスが来るまであと9分、猪豚鍋を食べる。味は麦味噌だという。岩茸は断崖絶壁に生えていて、タカトシも黄金伝説で挑戦していた。幻のキノコと言われている。バスが来るのでお店を出る一同。バス停に向かう。

キーワード
いきなり!黄金伝説。上野村(群馬)中曽根康弘今井家旅館坂本九大滝秀治岩茸御巣鷹山永六輔猪豚鍋福田康夫
サイコロ3投目

一行はサイコロを振り、3が出た。路線バスはさらに山奥へ!

乙父大橋

秘境路線バスに乗って、飲食店を見つける旅。終点は秘湯、しおじの湯。バスに乗る一行。乙父大橋に到着した。歩いて飲食店を探す。しかし、見当たらない。商店で聞いてみると焼肉店があるという。カフェもあるとのこと。カフェをさがしに歩く一行。

キーワード
乙父大橋 バス停奥多野線群馬県

乙父大橋で飲食店を探す。山の方へ登るとカフェがあると教えてもらい、そこを目指して歩く。しばらく登るとカフェの看板を見つけ、中へお邪魔することに。

キーワード
乙父大橋 バス停
母の菜豆

自宅を改装してオープンしたカフェ「母の菜豆」はご主人やご近所の人が作った野菜の料理を提供している。独自製法のフレンチトーストが人気。試食したメンバーは死ぬほどうまい、パンがパリパリなどと話した。砂糖を使っていないのがこだわりだと店主は話した。店を出て、乙父大橋から2つ先の中村というバス停に向かう。

キーワード
フレンチトースト乙父大橋 バス停和ランチ奥多野線母の菜豆群馬県
サイコロ4投目

バスにのって亀甲橋へ向かう一行。川沿いを走るバス。飲食店がなさそうだ。バスを降りる一行。

キーワード
しおじの湯バス停奥多野線群馬県
亀甲橋

地名の由来は、国指定の天然記念物・亀甲石の産地なのだという。亀甲橋を渡る一行。つるのさんは橋が怖くてなかなか渡れない。

キーワード
亀甲橋バス停亀甲石十石茶屋 子宝うどん奥多野線群馬県

奥多野線・亀甲橋バス停周辺で大家族と遭遇した。この場所で「子宝うどん」を営む細野さん一家はなんと16人の大家族。大自然の中で仕事と子育てがしたいと、3年前に群馬の中心市街から上野村へと移住した。店の仕事は家族で分担している。細野さん一家と別れ、一行は上野村ふれあい館のバス停へとたどり着いた。

キーワード
ざるうどん上野村ふれあい館バス停上野村(群馬)亀甲橋バス停十石茶屋 子宝うどん奥多野線
モリカフェ

上野村ふれあい館のそばにある「モリカフェ」で特産品のプラムジュースやいのぶたフランク、しいたけフランクを味わった。

キーワード
いのぶたフランクしいたけしいたけフランクプラムジュースモリカフェ上野村ふれあい館バス停上野村(群馬)奥多野線
サイコロ5投目

ここで2以上を出せば最終バスに乗ってゴールまで行くことができるが、1を出せば一駅自力で歩かなければならない。高橋ひとみがサイコロを振り、5を出した。スタート地点の川中バス停から走ること実に20km。約7時間かけて終点しおじの湯へと到着した。四方を山に囲まれた中にぽつんと佇む集落だが、飲食店は見つかるのか。

キーワード
Google Earthしおじの湯バス停上野村ふれあい館バス停上野村(群馬)奥多野線
1 - 2
refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.