[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年4月29日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ

新・週刊フジテレビ批評

出演者
渡辺和洋 西山喜久恵 久代萌美 パトリック・ハーラン(パックンマックン) 斎藤隆 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

オープニングトーク

今回のコメンテーターはパックンマックンのパトリック・ハーラン。今回の批評対談は斎藤隆を招いて、「メジャーリーグに学ぶプロ野球の未来図」について話す。

キーワード
サンディエゴ・パドレスハーバード大学パックンマックンボストン・レッドソックスメジャーリーグベースボール大統領の演説実践!英語でしゃべらナイト斎藤隆日本放送協会東京工業大学東北楽天ゴールデンイーグルス横浜DeNAベイスターズ
テレビウィークリー
みんなのニュース

視聴者の声を紹介する。最初は「みんなのニュース」。番組は区議らの海外視察を現地取材して、視察内容を調査した内容だと伝えた。視聴者からは「細かい取材に釘付け」や「報道の仕方がひどい」などの意見が寄せられた。

キーワード
みんなのニュース
金曜プレミアム 映っちゃった映像GP

視聴者の声を紹介する。次は「金曜プレミアム 映っちゃった映像GP」。世界中のUFOや未確認生物の最新情報、心霊現象などについて特集した内容。視聴者からは「もっと心霊番組増やして」や「もう少し質の高い動画を」などの意見が寄せられた。

キーワード
中川翔子中村豪映っちゃった映像GP未確認飛行物体金曜プレミアム
潜在能力テスト

視聴者の声を紹介する。次は「潜在能力テスト」。記憶力や動体視力、想像力など学歴や年齢に関係ない潜在的な能力で解いていくクイズ番組。視聴者からは「飽きずに参加できた」という意見が寄せられた。

キーワード
出るの!?出ないの!?潜在能力テスト
フジテレビに届いた視聴者の声

スタジオではパックンが「学歴で食べているので学歴を否定してほしくない」と語った。また海外視察のニュースでは、税金の使い方について「見える化」を掲げて随分経過しているが、そろそろ国民にも見せるような仕組みにして欲しいと語った。

キーワード
フジテレビジョン
今週のメディアニュース
NYフェスティバルでフジテレビが銀賞受賞

フジテレビの「ザ・ノンフィクション 「わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年~」がニューヨーク・フェスティバルの人物・電機部門で銀賞を受賞した。全校児童の7割が津波の犠牲になった小学校で奇跡的に助かった少年は、残された自分がすべきことを考える、など2人の心の成長を追った番組。この他、アニメ番組部門で「舟を編む」が銅賞を受賞し、「Bリーグ開幕戦 アルバルク東京×琉球ゴールデンキングス」が制作デザイン・美術ディレクション部門で銅賞に選ばれた。

キーワード
Bリーグ開幕戦ザ・ノンフィクションザ・ノンフィクション 「わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年~」ニューヨーク・フェスティバルフジテレビジョンラスベガス(アメリカ)八木里美舟を編む長嶋なぎさ
? ハテナTV
企画説明

テレビにまつわるあらゆる疑問を調査するハテナTV。みんなのニュースのお天気コーナー・「上を向いて歩こう」では木村拓也アナが人力車夫となって、地元の人々共にお天気中継をしている番組。これまで被災地を訪問したり、日光東照宮を目指し200キロを走った夏キャラバンの映像を紹介した。毎日生中継で伝えるこのコーナーはどうやって作られているのか、その裏側を密着した。渡辺和洋は実際にこのコーナーに出たことがあると言い、中継までの準備に凄く時間をかけるので、舞台裏は初めて見てもらえるのでは、と語った。

キーワード
みんなのニュース木村拓也
ハテナTV「上を向いて歩こう!」のウラ舞台

午前10時、木村拓也アナが出社。そしてすぐに向かったのは上を向いて歩こうのスタッフルーム。ズボンと手ぬぐいなどは木村アナが自ら洗濯している。午前11時、この日の中継コーナーについて会議がスタート。会議のテーマは、中継で紹介する焼肉店についての話題になる。焼き始めるタイミングをリハーサルで入念に確認することになった。会議が終わり早速現場に移動する。正午過ぎ、勝どきに到着。人力車は中継先の町までトラックで運んでいた。そしてストレッチをして、人力車を引き町を移動し始めた。たくさんの人が木村アナに声をかける。走ること1時間、目指す焼肉店に到着。スタッフ全員が木村アナの人力車に並走したりときに先回りをしなくてはいけない。ネギタン塩の発祥とされる人気店で、まずは中継の流れを確認していく。木村アナは「実際に天気予報をお伝えしながら中継先のお店から皆さんが並んでるばしょに戻ってくるので、それを想定しながら移動しながらお天気を読んでいた」とリハーサルの様子を説明した。順調そうに見えたリハーサルだったが、やはり肉が焼けるのに時間がかかるため、中継の予定時間をオーバーしてしまうようで、ネギタン塩を焼き始めるタイミングを早めることにした。本番40分前に中継を見に勝どきの人が続々とやって来た。ポーズの練習が終わると木村アナが見学者に、フリップを持ってくれる人を探していると話し、2組の親子にお願いした。そしてみんなのニュースの放送が始まった。そして午後5時25分、いよいよ本番。

キーワード
みんなのニュース人力車勝どき(東京)

木村アナの生中継が始まった。焼肉店に入り、リハーサルとは焼き始めるタイミングを早め、ベストなタイミングで焼きあがる。そして天気原稿を読みながら移動し、最後のポーズをする場所に戻ってポーズをして無事に、生中継終了。そして2回目のお天気中継も無事に終了。木村アナは、「将来は日本一平和な中継を目指したいと思っている」等と話した。西山アナは、5分間の中継は段取り含めて覚えたりスゴイ大変だと語ると、ぱっくんは、スタッフは1週間位かけてその5分や10分をやっていると話した。

キーワード
みんなのニュース木村拓也
THE 批評対談
今日のTHE 批評対談

14年間、横浜大洋ホエールズで活躍し続けた斎藤隆。その後ロサンゼルス・ドジャースに入団し渡米。36歳でメジャーリーグに挑戦し5球団で活躍した。2013年日本球界復帰し、2015年の引退後は、サンディエゴ・パドレスの球団アドバイザーとして契約した。その斎藤隆がパトリック・ハーランと「メジャーリーグに学ぶプロ野球の未来図」について対談する。

キーワード
サンディエゴ・パドレスパトリック・ハーランロサンゼルス・ドジャース斎藤隆東北楽天ゴールデンイーグルス横浜大洋ホエールズ
パドレス球団アドバイザー 斎藤隆×パックンマックン パトリック・ハーラン

斎藤隆について、ドラフト1位で横浜大洋に入団し、15年引退など略歴を紹介。今日は、「中にいて分かる 米メジャーの実情」など、3つのポイントについて対談をする。36歳の時にドジャースに入団し、その後もメジャーの球団を渡り歩き、最後に引退の地に選んだのが楽天だった。

キーワード
アトランタ・ブレーブスアリゾナ・ダイヤモンドバックスサンディエゴ・パドレスボストン・レッドソックスミルウォーキー・ブルワーズロサンゼルス・ドジャース東北楽天ゴールデンイーグルス東北福祉大学横浜大洋ホエールズ
パドレス球団アドバイザー 斎藤隆×パックンマックン パトリック・ハーラン「メジャーリーグに学ぶ プロ野球の未来図」

斎藤隆は、パドレスで昨年はベースボールオフィスというところで1年間GMが何をして動いているのかを、一歩引いた感じでインターンとして見てきたといい、今年は昨年の仕事にプラス、アジア極東のスカウトも兼ねて日本とアメリカを行ったり来たりする形だと説明した。斎藤はドジャースに入る時にマイナー契約だったが、その時のドジャースがパドレスのオーナーに変わり、数人のスタッフもパドレスに今いるといい、たまたまサプライズで挨拶に行ったら、トントン拍子で話が決まったという。今年から担当しているスカウトでは日本選手も対象になると言う。今はGMからスカウトまで、日本の選手を知らない球団はないくらいで、プロはほぼ把握しているしアマチュアも高校生、中学生も知っているという。世界の流れとして、南米系選手の青田買いが問題になっているので、今度はアジアとかに向いているという。

キーワード
サンディエゴ・パドレスハーバード大学パックンマックンボストン・レッドソックスロサンゼルス・ドジャース大統領の演説日本放送協会東京工業大学東北楽天ゴールデンイーグルス東北福祉大学横浜大洋ホエールズ英語でしゃべらナイト

パックンは関心を持っているのは日本の選手で次にメジャーに行くのは誰なのかだといい、大谷翔平はどうかと質問。斎藤は、自分がその名前を上げるまでもなく、今となっては他の29球団全てのスカウトが把握しているとした。日米の違いを聞かれた斎藤隆は、沢山あるとしながら、フロントに入って知った違いとして、GMの存在が大きくて、日本だと各球団の監督に重きをおいていたが、向こうはGMが監督を選ぶために何人も監督面接をする、GMがどういうチームを作るかと言う部分が日本と違う、とした。もう一つのトレンドとして社長職もくっついて、球団社長兼GMになることもあるという。アメリカでは名監督はマイナーで現役を断念した方が多いといい、専門職、スペシャリストを求める傾向があって、そこも日本とは違うところだと説明した。斎藤はプレイしている時のほうが英語はあまり気にしなかったが、今のほうが英語が大変だという。MLBはパワーバランス対策について、お金持ちのチームとそうでないチームも優勝していることについて聞かれると斎藤は、入れ替えがないリーグは1強になるのがある意味リーグの崩壊と考えるので、ラグジュアリー・タックスという年俸が上限を超えた場合の残りの球団に支払うシステムがある、などと説明した。MLBでは、グッズが売れたら一度リーグにお金が入ってから分配することになり、日本は球団に直接入るのでそこが違うとも話した。

キーワード
ハーバード大学パックンマックンボストン・レッドソックスラグジュアリー・タックスロサンゼルス・ドジャース北海道日本ハムファイターズ大統領の演説大谷翔平日本放送協会東京工業大学東北楽天ゴールデンイーグルス東北福祉大学横浜大洋ホエールズ英語でしゃべらナイト
パドレス球団アドバイザー 斎藤隆×パックンマックン パトリック・ハーラン「野球を巡る日米メディアの違い」

斎藤隆は、日米のスポーツとメディアの違いを聞かれ、細かい所で言うと、時間を決めてロッカールームにメディアが自由に出入りできる時間があるというと、西山は入ったことがあると話した。色んな事を聞かれるといい、その答えについても、メジャーの新人研修のような時期に教育をされたという。斎藤が驚いたというのが、チャーター機に乗るとメディアのシートが用意されていたといい、しかし日本から来ている記者と食事をするというと、馬鹿か?と否定されたという。

パドレス球団アドバイザー 斎藤隆×パックンマックン パトリック・ハーラン「日本プロ野球の発展に必要なこと」

最後に、日本のプロ野球の発展のために必要なことは?と質問された斎藤隆は、今思うのはとにかく一旦集まってみませんか、と提案した。最初はプロだけでもアマチュアだけでもいいから集まって、システム的に一つになれることを目指して皆で集まってベースボールサミット的なものを開催してみませんか、と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.