[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年5月13日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ

新・週刊フジテレビ批評

出演者
渡辺和洋 西山喜久恵 久代萌美 江川紹子 能勢伸之 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

オープニングトーク

西山喜久恵らが挨拶し、きょうのコメンテーター・江川紹子さんを紹介した。きょうの「THE 批評対談」は能勢伸之解説員とともに、軍事情報をテレビが伝える意義というテーマで話す。江川さんは「色んな情報が飛び交っているが、何が正しく、何を疑うべきかの見極めが難しい。見極めのポイントを聞いてみたい」とコメントした。西山は、Twitterへの意見や感想の投稿を呼びかけた。

キーワード
オウム真理教事件フジテレビジョン外務省新・週刊フジテレビ批評ツイッター早稲田大学神奈川新聞社能勢伸之防衛省
テレビウィークリー
FNNスピーク

フジテレビに届いた視聴者の声を紹介する。先週木曜日に放送した「FNNスピーク」では、上京して入社2年目の女性記者が若者と大人の境界線はどこにあるかをテーマに街頭インタビューを行っていた。この内容について、50代男性が寄せた「新鮮な意見を期待して見たが、結局統計?気づきのある意見をもっと紹介してほしかった。どんな分野の番組も薄っぺらな内容になっているのを象徴している」という意見が紹介された。

キーワード
FNNスピーク
直撃LIVE グッディ!

先週金曜日に放送された「直撃LIVE グッディ!」では、小池百合子知事の自宅を訪問した内容について、40代女性が寄せた「知事の自宅でのインタビューはとてもよかった。時間が足りなく感じた。7月の都議会選挙が終わったらまた話を聞きたい」という意見を照会した。

キーワード
小池百合子東京都議会議員選挙直撃LIVE グッディ!
新・週刊フジテレビ批評

先週土曜日に放送した「新・週刊フジテレビ批評」では、ドラマウォッチャーが春の新ドラマについて放談した。この内容について、40代女性が寄せた「惨憺たる月9を少しでも戻したのは「貴族探偵」。若者も楽しめる推理ドラマで視聴率は思うようにいかないだろうが視聴率だけでドラマを評価することがナンセンスだと思う。身内びいきにならない批評をしてもらいたい」という意見を紹介した。

キーワード
新・週刊フジテレビ批評視聴率貴族探偵
土曜プレミアム ENGEIグランドスラム

土曜プレミアム ENGEIグランドスラムに寄せられた「大御所になってもネタを演る人が少なく登場するのは若手ばかり、雨上がり決死隊やダウンタウンなどを出演させるとさらに盛り上がるのではないか」「字幕データが画面の中ほどか高めの位置にある、字幕が出演者の顔にかかるケースがよくある」という視聴者からの意見を紹介した。

キーワード
ENGEIグランドスラムダウンタウン
ワイドナショー

ゲスの極み乙女の川谷絵音が出演したワイドナショーに寄せられた「川谷絵音には嫌なイメージしかなかったが、落ち着いて自分の思いを話すのを初めて好意的に思った」「松本人志やヒロミにうまく扱ってもらいこれからテレビ出演が増えるのかと思うと複雑、もっと視聴者が納得するツッコミをしてほしかった」などという視聴者の意見を紹介した。

キーワード
ヒロミワイドナショー川谷絵音松本人志
真夜中

日曜深夜に放送した「真夜中」に寄せられた「いつか横でリリーさんの声が聞けたらいいなぁなんて思いつつ来週の放送が楽しみ」などという視聴者の意見を紹介した。

キーワード
リリー・フランキー真夜中
フジテレビに届いた視聴者の声

江川紹子は、ワイドナショーでの川谷について、どういう人かわからなかったが、色々話を聞くと、すごく自然体で話をしていて、一部を切り取ってそれが独り歩きしがちな中で、こうやってじっくり話を聞くというのは大事なことだと改めて知らせてもらった、などとコメントした。グッティについては、面白かったがちょっと物足りない感もあり、企画として欲張りすぎたのでは、と意見を述べた。

キーワード
フジテレビジョンワイドナショー小池百合子川谷絵音直撃LIVE グッディ!
5月番組審議会 月9ドラマ「貴族探偵」

5月番組審議会の議題となったのは、貴族探偵。嵐の相葉雅紀が演じている貴族探偵は、自分では一切推理せず、すべて使用人任せで事件を解決していく。作家の林真理子委員は「アガサ・クリスティ、つかこうへい劇団、そして2時間ドラマといろんな要素が盛り込まれていて」「むしろ大人の人が見たほうが面白いんじゃないかというふうに私は思った」などと意見を述べた。脚本家の大石静委員は「私は面白くなかった」「奇抜な設定とからくりは描いているけれども人間の心を描いている原作ではないと思う」「丁寧に作ってるのに面白くない」となどと酷評した。慶應義塾大学の神崎仁副委員長は、犯人を推理するための情報が相関図で推理される劇中のシーンについて、「相関図を立派なのをつくってくるが、あれをよく観てる時間がないっていうか、ワイドショーみたいに詳しく説明してもらえればいいが時間の関係かさらっとやるのであまり大したことはわかってこないという点が残念だった」などとした。これらの意見に対して番組担当の羽鳥健一ゼネラルプロデューサーは「僕達も謎解きエンターテインメントドラマと銘打ってやっている以上は視聴者の方も一緒に犯人をさがすというか、当たったという喜びがあったりするものをちゃんと作っていかないといけないのかなと非常に感じた」などとコメントした。スタジオで江川紹子は、推理を一緒に楽しみたい気持ちがあるが、伏線がちゃんと用意されていなくて、なんだ?という感じがした、などとコメントした。

キーワード
フジテレビ番組審議会但木敬一八木秀次大石静林真理子神崎仁羽鳥健一貴族探偵
今週のメディアニュース
第25回 橋田賞 授賞式

脚本家の橋田壽賀子が理事を務める橋田文化財団が主催する”第25回 橋田賞”の授賞式が今週水曜日に行われた。”橋田賞”は日本人の心やふれあいを取り上げたテレビ番組と人物を讃えて贈られる賞で、橋田賞にはNHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」に主演した長谷川博己や、TBS「ふつうが一番 ~作家・藤村周平 父の一言~」の東山紀之らが受賞した。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」での演技が評価された新垣結衣も橋田賞を受賞したが、この日は欠席。すると、橋田壽賀子が「本当は星野源さんにあげたかった」と本音を漏らし、会場の司会者が大慌てでフォローする場面が見られた。この他、特別賞には時代劇「鬼平犯科帳」の中村吉右衛門の他、高畑充希ら豪華な顔ぶれが受賞の喜びを語った。

キーワード
中村吉右衛門[2代目]夏目漱石の妻新垣結衣星野源東山紀之橋田壽賀子橋田賞船越英一郎長谷川博己高畑充希
もえみめもNEO
もえみめもNEO 手軽に手作り!カーネーション

あす14日は「母の日」ということで、今回のもえみめもNEOでは”手作りカーネーション”を特集。最初に「ペーパーフラワーカーネーション」の作り方を紹介した。ペーパーフラワーを重ねて、端をギザギザばさみで波型にカット。普通のハサミに持ち替え、紙の真ん中から中心まで両側に切り込みを入れたら、蛇腹状に折る。この時、なるべく細かく折り目をつけると綺麗に仕上がる。折り目の中心を短く切った針金で固定し、紙を一枚一枚めくって持ち上げれば完成。切り口の端に色を付けても良い。たくさん作れば花束やリースにも出来る。

キーワード
カーネーションペーパーフラワー母の日

続いて紹介するのは「キャンドルカーネーション」。キャンドルシートを小さくちぎってお湯で柔らかくしたら、丸めて花びらの形に成形する。この時、ランダムに伸ばすと花びらっぽさが出る。花びらを芯にランダムに貼り、最後に緑のシートでガクを作ったら出来上がり。

キーワード
カーネーションキャンドルシート母の日

最後に紹介するのは「カップケーキカーネーション」。溶かしたマーガリンに砂糖・牛乳・卵・ホットケーキミックスを混ぜて生地を作ったら、型に流して170℃に予熱したオーブンで20分焼く。その間、ホイップクリームを作っておく。ホイップクリームのもとに牛乳と着色料を入れてかき混ぜる。この時、レモン汁を入れると型崩れしにくくなるという。土台のケーキが出来たら、クリームでカーネーションの形にデコレーションする。しぼり金は平らな形を使用。ホイップクリームを入れる前に、しぼりに直接着色料をつけるとグラデーションのクリームが出来る。しぼり金の長い方を下にして、ギザギザに動かしながら外側からクリームを絞ったら完成。

キーワード
カップケーキカーネーションカーネーション母の日
もえみめもNEO 食べられるカーネーション

今回紹介した”手作りカーネーション”を振り返り、スタジオトーク。西山アナらは「カップケーキカーネーション」を試食した。また、渡辺アナは本番前にカップケーキのクリーム絞りに挑戦したが、久代アナのように綺麗にできなかった。

キーワード
カップケーキカーネーションカーネーション母の日
THE 批評対談
今日のTHE 批評対談

フジテレビ報道局解説委員・能勢伸之とジャーナリスト・江川紹子が軍事情報をテレビで伝える意義についてトークする。

キーワード
カール・ヴィンソンキム・イルソンホウドウキョクユアタイム~あなたの時間~レックス・ティラーソン北朝鮮弾道ミサイル核実験江川紹子米韓合同軍事演習能勢伸之
フジテレビ報道局解説委員 能勢伸之×ジャーナリスト 江川紹子

ゲスト・能勢伸之は1958年生まれ。81年に早稲田大卒後はフジテレビに入社。報道記者として防衛省・外務省担当・ロンドン市局長など歴任。きょうのテーマは「軍事情報をテレビが伝える意義」。軍事情報をどう読み解くべきか、テレビに求められる軍事情報、今後必要なテレビと軍事の関係の3つのポイントを中心に対談する。番組のご意見ご感想は番組のツイッターまで。

キーワード
フジテレビジョンホウドウキョク外務省弾道ミサイルが日本を襲う 北朝鮮の核弾頭、中国の脅威にどう立ち向かうか新・週刊フジテレビ批評ツイッター早稲田大学防衛省
フジテレビ報道局解説委員 能勢伸之×ジャーナリスト 江川紹子「軍事情報をテレビが伝える意義」

きょうのテーマは「軍事情報をテレビが伝える意義」。能勢伸之はテレビ局に入った理由に「テレビ局は映像を扱う。映像から色々な情報が出て来ると。外国の通信社の文章を日本語に直すというより、映像を見てそこから情報を拾いだした方がいいと」など、戦争抑止については「能力と意志を知ることが大切」など、日露の関係について「プーチン大統領が来日の際に北方領土の事が話題に。オホーツク海とかそういった所においてロシア海軍のミサイル原潜が遊弋している。したがって他の国の海軍が入ってこれる状況を作るわけにはいかない。北方領土四島の返還はそこが問題になってくる」など、北朝鮮問題について「日本にとってショッキングだったのはKN-17先端部に小さな翼が4枚付いていた。翼の根本を見ると1本の棒で付けられている。つまりこれは動く・向きを変えられる。ということは小さな翼を持つことで着弾前に起動するかもしれない。それは一体何を目指しているのか?一説には在韓米軍の迎撃ミサイル・パトリオットを躱すためじゃないかとも…

キーワード
KN‐17ウラジーミル・プーチンスカッドミサイルパトリオット北方領土北朝鮮北朝鮮軍事パレード在韓米軍大陸間弾道ミサイル安倍晋三安全保障湾岸戦争航空自衛隊陸上自衛隊
フジテレビ報道局解説委員 能勢伸之×ジャーナリスト 江川紹子「テレビに求められる軍事情報」

能勢伸之が出演の週刊安全保障は一週間の間に発生の日本周辺・世界の軍事的動きを中心に報道。できるだけ活字情報ではなく映像情報で伝えたいとしているという。最近の話題について能勢は「去年から今年にかけて、イラクにおいてVHS2というあまり知られてない自動小銃がクルド人武装勢力により使われている。それはクロアチアが生産の極めて新しい自動小銃。そうするとどういう関係でそれが流れてくるのか?武器は隠された外交関係を顕にするとされるが、まさにその典型と見ていた。」など、使っている映像については「全世界規模の映像通信社の映像がほとんど。それから視聴者から投稿の映像を使っている。」「視聴者に情報を持っている人が多いのでそれをどう共有するか」など、信頼できる情報の見極め方について「基本的には映っている画像にどういう可能性があるか。兵器の画像と名称をどれだけ知っているか。それによってある程度見分けることができる」など、テレビで伝えるべき軍事情報については「特に弾道ミサイルというものが話題に。北朝鮮弾道ミサイル・ノドンは燃料・酸化剤ともにかなりの劇物を使っている。こういったものが落ちてくる危険性を考慮する必要があるのでは」など述べた。

キーワード
VHS2イラククロアチアノドンホウドウキョク弾道ミサイル抑制赤煙硝酸週刊安全保障非対称ジメチルヒドラジン

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.