[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年2月26日放送 6:00 - 6:45 TBS

時事放談

出演者
出水麻衣 御厨貴 丹羽宇一郎 大串博志 
(オープニング)
プレミアム・フライデーで…

プレミアムフライデーの自由時間について大串博志は子どもたちとゆっくりした時間が取れればな、と述べた。丹羽宇一郎は楽しく将来の糧となるよう生活したいと思いますけど、こんなことで経済・生活がよくなるというのは経済の本筋と違うんじゃないかという風に思う、と述べた。

キーワード
プレミアムフライデー
オープニング

オープニング映像

今朝の時事放談は…

今朝の時事放談は「金正男殺害 裏」「豊洲移転問題は今週石原元知事が記者会見など、小池知事との対決が山場に」など。きょうのゲストはこれらの問題に詳しい大串・丹羽。

キーワード
キム・ジョンウンキム・ジョンナムドナルド・トランプ安倍晋三小池百合子石原慎太郎築地市場移転計画首脳会談
(ゲスト:大串博志、丹羽宇一郎)
今朝は…

きょうは「金正男殺害事件」「トランプ政権」「豊洲の問題」などについてトークする。

キーワード
キム・ジョンナムトランプ政権築地市場移転計画
ご当地最中で…

けさは大串博志の地元・佐賀県唐津市呼子町の「いか最中」。玄界灘に面した呼子町はいか漁がさかんで、その特産のいかをモチーフにした和菓子。

キーワード
いか最中
「金正男殺害」裏

あのオウムが使ったVXガスを使って殺害した事件。マレーシア、インドネシアなど友好度の高い国を舞台にしているため、孤立化することを懸念していると大串さん。金正日の祝賀会のときに、後継者問題は解決したと示されたと丹羽さんがいう。北朝鮮のトップの意向がこの事件には関係しているのではないか。日本がやれることはない。日本、中国、韓国が、できるだけ早く話し合いをすべきだと丹羽さんはいう。

キーワード
VXガスインドネシアキム・ジョンイルマレーシア中国北朝鮮日本金正男韓国
「北朝鮮vsマレーシア」

マレーシア、インドネシアは、北朝鮮と他国の調整役になってくれる。そのような国の間でさえ、北朝鮮が事件を起こしたならば、孤立することになるだろう。国内の体制を固めるということかもしれない。懸念していると大串さんがいう。中国も日本も韓国も、北朝鮮とつながりがなく、話し合いができにくい状況だと丹羽さん。どこも人脈がない。予想外のことが起きる可能性があるのではないか。力と力にならないようにしなければいけないと丹羽さんは語る。ミサイルを日米首脳会談の前に発射したような瀬戸際外交を平気で行う国の状態になっている。金正恩に権力は集中しているだろう。日本は中国とは関わりを持ち続けるべき状況だと大串さんは語る。トランプ大統領からも北朝鮮に声をかけるべきで、無視すべきではないと丹羽さんはいう。

キーワード
アメリカインドネシアキム・ジョンウンキム・ジョンナムマレーシア中国北朝鮮日本韓国首脳会談
「金正恩vsトランプ」

オバマは戦略的忍耐だった。その間に、北朝鮮が危険な状態になった。トランプ大統領は、そうではなく、すべてのオプションを持った上で強い態度に出るだろう。力による外交になるとお互いが暴発する可能性がある。対話と圧力のバランスを考えないといけないと大串さん。トランプ大統領は打つ手がないだろうと丹羽さん。

キーワード
アメリカドナルド・ジョン・トランプバラク・オバマ北朝鮮
混乱「トランプ」!!

トランプ流波乱の一ヶ月、支持者には成果強調。トランプ氏、側近失脚。フリン安全保障担当補佐官が、ロシアとの事前協議疑惑から辞任に追い込まれた。閣僚人事でも未だに大混乱している。不法移民の多く、送還対象。軽犯罪者にもアメリカ政府は対象を広げることに決定した。新たな大統領令を今週出すとしている。日米で新経済対話。通用・金融などで合意。日米首脳会談では、麻生副総理とペンス副大統領の経済対話を創設することで合意した。そして豪華別荘で歓待。専用機相乗り、ゴルフも。異例づくしの歓待ぶりだった。日米会談を世論調査で7割の国民が支持しているという。(読売新聞/朝日新聞)

キーワード
アメリカドナルド・ジョン・トランプマイク・ペンスマイケル・フリンロシア世論調査安倍晋三日本朝日新聞読売新聞首脳会談麻生太郎
混乱「トランプ」

日米同盟を確認できたことは良かったと大串さん。アメリカ政府はあまり機能していないので、新経済対話として先送りになっている。これからが問題だ。入国制限において、心配の声があがっているのに、安倍首相は何も言わず、トランプ氏にうまく使われたので、今後、弱い立場にならないか心配だという。

キーワード
ドナルド・ジョン・トランプ安倍晋三日米同盟
「トランプ×安倍」…

日本は楽観的すぎると丹羽さんがいう。いくら仲良く首相同士がやろうと、国と国はそうはいかない。アメリカの貿易赤字に影響している国は、中国、日本、ドイツ、メキシコの順番だと丹羽さんはいう。これから貿易戦争がはじまるだろう。とくに中国に対しては、強い姿勢を見せるだろう。台湾をカードにするだろうという。

キーワード
ドイツメキシコ中国台湾日本
炸裂!「石原vs小池」!!

東京都議会は12年ぶりとなる百条委員会の設置を決定。豊洲問題の関係者である石原元都知事・浜渦元副都知事を証人喚問へ。小池都知事は「土壌汚染瑕疵担保責任の部分についてどのような形で進んだのか見守りたい」と述べている。先月、小池知事は石原氏による豊洲移転決断に対し「責任とあいまいにせず明らかにする」と表明。石原氏は「知っていることも全部話します。わたしから小池君に言うこともありますから」などとし3月3日に会見予定。

キーワード
小池百合子朝日新聞東京新聞東京都議会浜渦武生産経新聞百条委員会石原慎太郎築地市場移転計画証人喚問豊洲市場
激突「石原vs小池」

豊洲市場移転問題による石原元知事の会見、石原氏と小池知事の対決について、大串博志は土壌汚染を退けたうえで豊洲をつくらなくてはならない。その土地は元々ハードルが高かった。(石原氏は)3日の会見で何を語れれるのか非常に大きいと思う。どのような場面でも税金にかかわることですから、明らかにしていくのが一番の道、などと述べた。丹羽宇一郎は誰の責任・権限でこの問題を決めたのか、俺はやってない・聞いてないじゃすまないですね。日本の悪いところはずーっと2000年そういう風にやってきている、将来の日本のため権限・責任「最終的にはんこ押したのは誰だ」ということぜひ百条委員会でやってほしい。将来の日本に良い教訓になる、など述べた。

キーワード
小池百合子石原慎太郎築地市場移転計画豊洲市場
豊洲移転「石原vs小池」

豊洲市場移転問題について、大串博志はどういう経緯だったのか記者会見・百条委員会で明らかにする。税金ですからね。それにとどまらず豊洲移転をどうするのか、混乱をどう収束させるのかというのがそろそろ小池知事ににも問われるのではないか、など述べた。丹羽宇一郎は誰が責任を持ってやるということが不明確だから、この曖昧模糊としたことをきちっとしないと”誰の責任か分からないという問題が日本にいっぱいある。責任を明確にする。すべてはそれから、などと述べた。

キーワード
小池百合子東京ガス石原慎太郎築地市場移転計画豊洲市場
都議選「小池旋風」で…

夏の都議選について、都議会の民進党議員から離党者が出ている。大串博志は民進党は都議会自民党に対してチェック機能を果たしてきた一軍であります。改革に対しての動きではやれることはやっていく立場は明確にしておきたい、など述べた。丹羽宇一郎は民進党・野党がここが自民党と違うということを明確にあらゆる人に対して言うんだという風にすべきだと思う。政局中心に物事を考えていくと曖昧模糊としてみんなで共同して責任をとってということになってしまう、など述べた。

キーワード
小池百合子東京都議会自由民主党東京都議会議員選挙民進党自由民主党
一方「国会」は…

荒れる国会。閣僚答弁乱れ、辞任要求続々。国会では、テロ等準備罪、南スーダンPKO問題、天下り問題など、重要課題の審議で混乱している。法相の辞任要求検討。野党反発質問封じ。法務省の文書を報道に配り、それが問題化。金田法務大臣は撤回し謝罪したが、野党は辞任を要求。共謀罪について、与党からも異論が上がっている。再審の世論調査では、テロ等準備罪法案に賛成する声が多い。防衛省戦闘を弁明。南スーダン日報「法的意味ではない」。日報に戦闘行為があった問題で、稲田防衛大臣は、武力衝突だとし、憲法9条上の問題になる言葉を使うべきではないということから、一般的な意味において、武力衝突という言葉を使っていると述べた。天下り新たに違法17件。(朝日新聞/毎日新聞/日本経済新聞/東京新聞)

キーワード
テロ等組織犯罪準備罪世論調査共謀罪南スーダン日本国憲法第9条日本経済新聞朝日新聞毎日新聞稲田朋美金田勝年
「テロ等準備罪法案」

世論調査は、テロを抑えるための法案と訊いているのだろう。でも、法案はほんとうにテロを抑制するものなのか、きちんと論議する必要があると大串さん。組織的犯罪集団というのは、一般の人も含まれてしまう。定義が不明確で、テロを抑止するのであれば、明確に定義する必要があると大串さんは語る。テロ等の等が問題だと丹羽さん。曖昧模糊としている。裁量権が役所なのか、行政なのか。冤罪があるので、それこそ個人の権利の侵害となる。強行採決などされたら将来の国民生活の障害となる。どうしても阻止すべきだと丹羽さんは語った。

キーワード
テロ等組織犯罪準備罪
(エンディング)
これだけは言いたい!

参議院での論戦に対して、これだけは言っておきたい。大串さんは、強行採決はしないでほしいという。丹羽さんは、安倍総理だけでなく、もっと勉強して、強行採決はやらないでほしいと語った。いいかげんな議論はしてほしくないという。

キーワード
安倍晋三

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.