[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2016年12月27日放送 23:55 - 0:05 NHK総合

時論公論
「真珠湾・日米“歴史的和解”の意義」増田剛解説委員

出演者
増田剛 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

真珠湾 日米「和解」の意義
真珠湾 日米「和解」の意義

ハワイを訪れている安倍首相は、まもなくオバマ大統領との首脳会談に臨む。会談後に両首脳は真珠湾を訪れ、日本軍による攻撃の犠牲者を慰霊することにしている。日米の和解の意義について、安倍首相の狙い、最後の首脳会談、真珠湾での発信は、をポイントに解説する。

キーワード
ハワイ(アメリカ)バラク・オバマ安倍晋三真珠湾

日米両国にとって、真珠湾と広島は特別な意味を持つ場所。アメリカでは今も真珠湾奇襲攻撃を厳しく批判する声がある。広島・長崎への原爆投下は当然の報い、戦争終結のためには必要だったと正当化する考えが根強くある。こうした世論の壁を先に打ち破ったのはオバマ大統領だった。安倍首相が真珠湾訪問を意識し始めたのは、去年4月に上下両院合同会議で行った演説がキッカケとみられる。そして今月5日、真珠湾を訪問することの意義、象徴性、和解の重要性について発信したいと考えていたと明らかにした。そうした思いの中、オバマ大統領の広島訪問を受け、行動には行動で対応することを本格的に検討し始めたと見られている。真珠湾訪問には慎重な意見もあったが、日米の和解と同盟強化を同時にアピールできる機会と考えた。

キーワード
バラク・オバマ安倍晋三真珠湾

真珠湾での慰霊行事に先立って安倍首相とオバマ大統領の首脳会議が行われる。ハワイでの会談はこの4年間を総括し、未来に向け更なる同盟強化の意義を世界に発信する機会にしたいと安倍首相は意気込んだ。今回の日米首脳会談はトランプ氏を意識していると見られ、和解の力と国際協調、日米同盟強化を世界にアピールすることが主眼。

キーワード
ドナルド・トランプバラク・オバマ安倍晋三真珠湾

首脳会談後にアリゾナ記念館を訪れ献花を行ない書簡を述べる。安倍首相が何を語るのかに内外の注目が集まっている。日本政府は今回の訪問は戦没者の慰霊のためであって、謝罪のためではないという立場。アメリカ政府も日本の立場に理解を示している。歴史に謙虚に向き合い戦争への反省を誠実に語ることが、わだかまりを解き、両国の真の和解を象徴することになると考えると増田剛は話した。

キーワード
アリゾナ記念館バラク・オバマ安倍晋三真珠湾
(エンディング)
解説スタジアムスペシャル 2017世界と日本 安心・安全は

「解説スタジアムスペシャル 2017世界と日本 安心・安全は」の番組宣伝。

エンディング

エンディング映像。解説内容を掲載している解説委員室ホームページのURLと、NHKオンデマンドの告知テロップが表示された。

キーワード
NHKオンデマンドNHK解説委員ホームページ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.