[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年3月13日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京

歴史の道 歩き旅
藤吉久美子 中山道の歩き旅「さいたま市・大宮」

出演者
(オープニング)
今週の旅は…
中山道 今昔美味いモノ巡り
埼玉県・大宮 参道が2km!氷川神社の秘密

氷川神社は参道が2kmある。参道が長い理由は400年前までは中山道として人が往来していたが、2kmの参道は中山道として使うのは神様に対して失礼だとして付け替えたからである。沿道の民家ごと移転した。大宮の氷川神社は総本社で、北海道から奄美大島まで280社あり、約8割は埼玉県内にある。

キーワード
中山道大宮(埼玉)氷川神社
埼玉県・大宮 地名の由来になった!氷川神社の総本社

大宮の由来は「大いなる宮居」である。元々氷川神社があり、神社を中心に街が発展していった。大宮のイメージカラーがオレンジ色で氷川神社の楼門の色から来ている。大宮アルディージャのオレンジも楼門の色から来ている。楼門をくぐり抜けると舞殿と呼ばれる神様に舞や神楽をお供えする時に使う建物が立っている。祭神は須佐之男命・稲田姫命・大巳貴命である。

キーワード
大宮アルディージャ大宮(埼玉)大巳貴命氷川神社稲田姫命須佐之男命

氷川神社の境内には湧き水がある。江戸時代まで大宮周辺には巨大な湖沼があり水源地でもあった。飲水として汲み取れる場所もある。昔はホタルが何万匹もいて皇室に献上していた。現在はホタルを復活させるため毎年幼虫を放している。

キーワード
ホタル大宮(埼玉)氷川神社
埼玉県・大宮 住所は盆栽?日本唯一の盆栽村

大宮には日本で唯一住所の中に盆栽が入っている。大宮に盆栽村が誕生したのは1923年の関東大震災後で、盆栽業者が綺麗な土壌を求めて今の地に移住した。最盛期には約30の盆栽園があった。来月には世界盆栽大会が開かれる。盆栽の評価は主に樹齢と枝の形のバランスなどが基準となる。理想の形を作るため針金で固定して育てる。藤樹園で一番高価なものは黒松である。

キーワード
世界盆栽大会五葉松大宮(埼玉)藤樹園赤松関東大震災黒松

樹齢約400年以上の黒松は浜野博美さんによると4000万円。世界規模で人気があり、ヨーロッパから買い付けに来る人も。やってきたバイヤーが携帯で盆栽の写真を撮影し、インターネット上に写真を投稿。歴史ある盆栽も今や携帯写真で売買される。

キーワード
中山道大宮(埼玉)盆栽黒松
埼玉県・大宮 盆栽レストラン大宮

埼玉・盆栽村にある「盆栽レストラン大宮」では剪定鋏など盆栽用具や盆栽も販売。藤吉久美子は盆栽好きのイタリア人オーナーが作る盆ワインと大学芋とバニラアイスを合わせた盆さいもを食した。店内では盆栽教室も開催。

キーワード
ミニ盆栽中山道大宮(埼玉)盆さいも盆わいん盆ワイン盆栽盆栽レストラン大宮盆栽村(埼玉)盆酒
埼玉県・浦和

盆栽村を後にして、次は浦和を訪れる。江戸時代は宿場町として栄え、皇女和宮も休憩し昼食をとったといわれている。サッカーの町としても知られる浦和にはどんな美味しいモノが?

キーワード
和宮親子内親王浦和(埼玉)
埼玉県・浦和 蒲焼発祥の地で発見!鰻しゃぶしゃぶ

浦和のご当地キャラ・浦和うなこちゃんはおにぎりではなく、うなぎのキャラクター。浦和はうなぎの蒲焼き発祥の地として知られう。江戸時代には沼地が多く、上質なうなぎの産地。旅人や釣り人に振る舞ったのが浦和の蒲焼きの発祥。藤吉久美子が訪れたのはとても珍しいうなぎ料理が食べられる「江戸前うなぎ 彦星」。

キーワード
中山道江戸前うなぎ彦星浦和うなこちゃん浦和(埼玉)

埼玉・浦和のうなぎ料理店「江戸前うなぎ彦星」で藤吉久美子が蒲焼き(並)をいただく。「うなぎのしゃぶしゃぶ」は新鮮な国産うなぎを薄切り。カツオと昆布の出汁にくぐらせポン酢を付けて食べる。

キーワード
うなしゃぶ中山道江戸前うなぎ彦星浦和(埼玉)蒲焼き
(エンディング)
次回予告

「歴史の道 歩き旅」の次回予告。明日は日本一面積が小さい蕨市へ。名物茶漬け&味噌を塗る地蔵!?

キーワード
蕨市(埼玉)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.