[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年4月9日放送 0:50 - 1:35 NHK総合

歴史秘話ヒストリア
戦国・名城の魅力まるわかり!謎と驚きのお城400年物語

出演者
井上あさひ 
(オープニング)
オープニング

戦国スーパースターの名城が続々登場。今更聞けない城の基本を教える。

戦国・名城の魅力まるわかり!謎と驚きのお城400年物語
episode1 安土城はじめて物語 ビジュアル系お城の謎

滋賀県、琵琶湖の東に、織田信長の安土城が安土山に築かれた。そびえるは、地上6階建ての色鮮やかで不思議な形をした天主。安土城の天主こそ、日本の城に作られた巨大天主の第一号だった。なぜ信長は、戦いに不要な派手さを天主に盛り込んだのか。安土城完成の19年前、桶狭間の戦いで、信長は天下にその名を轟かせる。その3年後、信長は標高90mほどの小牧山に、小牧山城を築いた。近年、この城の発掘が進み、大きな石垣の跡などが発掘されている。この小牧山城こそ、安土城の原点だった。

キーワード
モン・サン=ミシェル安土城安土山小牧山小牧山城桶狭間の戦い滋賀県琵琶湖織田信長

当時の一般的な山城は、敵を近づけないよう堀が掘られ、館は質素、周囲は石垣ではなく木の柵で囲まれていた。見た目より機能性が重視されていた。しかし小牧山城は、城の麓に広大な城下町が作られ、さまざまな業者で賑わっていた。メインストリートはまっすぐ小牧山に伸びており、山を登ると道の両側に家臣の屋敷、その頂上に信長の館があった。さらに信長の館は、大きな石垣で幾重にも取り囲まれていた。これには、遠くの相手にも力強さと権威を見せつける目的があった。「城は見た目で人の心を揺さぶってこそ意味がある」と、信長は考た。

キーワード
小牧山小牧山城織田信長

小牧山城から16年、信長は安土城を完成させた。見た人が驚き、権威にひれ伏すことを重視したからこそ、前代未聞の衝撃的な城が出来上がった。安土城の天主は、入母屋造りの上に望楼が合体した「望楼型」となっている。この望楼型が、天主の基本形となった。さらに安土城の望楼部分は、内部も豪華絢爛に作られた。日没後、信長は安土城で、「盂蘭盆会」というライトアップのようなイベントも開いている。正月には、隣国大名や安土の商人を城に招待し、自ら1人5000円ほどの入場料を徴収したという。完成から3年後、安土城は炎上。安土城の衝撃は、のちの日本中の城に決定的な影響を与えた。

キーワード
安土城小牧山城盂蘭盆会織田信長

信長の死後、その後を豊臣秀吉が継いだ。秀吉は、安土城を築いた信長の戦略も引き継ぎ、大阪城を築いた。巨大な天主は、天下人の威厳を示し、見る者を圧倒した。大きな堀と川で囲まれた広大な城下町は、まるごと難攻不落な要塞でもあった。権威と軍事と経済を全てカバーする、安土城の究極発展系だった。そんな秀吉も、大阪城完成からしばらくして死去した。

キーワード
大阪城安土城織田信長豊臣秀吉
episode2 姫路城vs.熊本城 「戦うお城」驚きの技術

秀吉の息子秀頼に対し江戸城で新たな天下人としてアピールしたのが徳川家康。この2大勢力に与した城が姫路城と熊本城だった。2大名城の対決から垣間見える軍事技術を紹介。

キーワード
姫路城徳川家康熊本城豊臣秀頼

姫路城の軍事技術を紹介。当時、姫路城の城主だったのは池田輝政。姫路城の防衛コンセプトは敵を天守に近づけないこと。例えば、三の丸から二の丸に至る唯一の入り口である姫路城菱の門から天守までは直線距離で150m。しかし実際には迂回を繰り返し2.5倍の距離がある。菱の門を入るとすぐ天守が見えるが、そのまま直進すると天守閣から遠ざかっていく仕組み。正しいもんは菱の門を入ってすぐ振り向いた後ろにある。また、天守に近づく度にくぐる門は小さくなっていき、侵攻速度が落ちる仕組み。そこを道沿いの白壁の狭間という穴から鉄砲と弓で攻撃する。こうした狭間は城全体で約1000個。

キーワード
姫路城徳川家康池田輝政熊本城織田信長豊臣秀吉豊臣秀頼

熊本城の軍事技術を紹介。当時、熊本城の城主だったのは加藤清正。いざという時には秀頼を熊本城にかくまうつもりでいたと言われている。熊本城には枡形と言われる門の手前の通路を直角に折り曲げる仕掛けがあり、敵の侵攻速度を落とし、塀の上から攻撃できる。一般的な城でも用いられる仕掛けだが、熊本城には特に多く南側だけで5つ連続して枡形が置かれている。天守へ至る清正流石垣は、根元部分はゆるやかなカーブだが登るにつれて角度が厳しくなる末広がりな形。この形ははしごをかけにくくすると共に、上からカーブ部に石を落とすと思わぬ方向に弾きかえり敵を攻撃できるメリットがある。このような石垣は城の中に幾重にも張り巡らされており、加藤清正の凝り性な性格が伺える。熊本城と姫路城の防御設備対決。結果は熊本城に軍配が上がった。

キーワード
加藤清正姫路城徳川家康池田輝政熊本城織田信長豊臣秀吉豊臣秀頼

熊本城の天守・櫓を紹介。お城の中心にあるのが高さ29.5mの大天守と小天守、周囲には宇土櫓がある。宇土櫓の最大の高さは19m、こうした櫓による守りが充実している。大小の櫓は60ほどあるという。一方で姫路城の天守は高さ31.5mの大天守と3つの小天守、それぞれがつながっており敵が迷い込むと通路の扉で閉じ込められる。大天守からは閉じ込めた敵を建物ごと攻撃できる仕掛けになってなっている。この2つの天守・櫓、軍配は姫路城に上がった。

キーワード
姫路城宇土櫓熊本城

姫路城は落城後にも敵に一矢を報いる仕掛けがあった。大天守3階の壁には隠し部屋が設置されており、敵の偉い武将が天守を上がってきた際に攻撃するようになっていた。一方、熊本城は1日でも長く持ちこたえるために、水を確保できるよう城内に120もの井戸を設けた。さらに、“食べられるお城”としても知られ、城内の畳の中には保存食として「干しズイキ」が隠されていた。

キーワード
姫路城熊本城

江戸時代の初めには、層塔型と呼ばれる城が誕生した。構造が簡単なため、大量に建てやすいメリットがある。藤堂高虎は築城の名人と呼ばれ、今治城など多くの城を作った。敵を遠回りさせるために構造が複雑な姫路城に比べ、今治城はスッキリしたデザインになっている。高虎は天下太平の江戸の世に「お城は政治の場所」として行き来を便利にした。

キーワード
今治城姫路城藤堂高虎
episode3 人々の願いと努力 名城・生き残りと復活の秘話

江戸時代当時の姿を見ることができるのは12しかないという天守。名城が姿を消した理由はどんな悲劇があったのかを特集。戊辰戦争で数多くの城が攻撃。政府は廃城令を発令し、100を超える城が解体された。備中松山城は明治に売却されたが、山上のため放置されたのだという。貴重な山城が失われてしまうという危機を持ちあらゆる構造を記し信野友春が本を出版。これを受けて町の予算で天守修復が始まった。順調だった修復工事、業者が重い瓦を2万枚運ぶのは無理だと言ってきたようで、手助けとなったのは地元の学校の生徒たち。夏休みだったため、手伝いに参加していた。見事昭和15年11月に修復作業が完了したという。

キーワード
信野友春備中松山城大蔵省姫路城廃城令戊辰戦争松江城

昭和20年太平洋戦争末期。名古屋城や岡山城など7つの天守が消えてしまった。廃城令の後も生き延びてきた姫路城にも空襲の危険は迫っていたが、奇跡的に姫路城は助かったという。鈴木氏によると、天守の最上階で不発のままの焼夷弾が見つかったという。最上階の窓から滑り込んだのではないかと話した。ラッキーで、幸運としか言いようがないとコメントしていた。

キーワード
名古屋城太平洋戦争姫路城岡山城廃城令
(エンディング)
エンディング

Kalafinaの「into the world」がエンディング映像として流れた。

キーワード
into the WorldKalafina
私たちが気になる名城 熊本城・復興への願い

平成28年4月に発生した熊本地震。熊本城では塀などが崩れ落ちるなど大きな被害を受けた。地元の人々からはショック、私たちにとっては大切だった声があがった。

キーワード
平成28年熊本地震熊本城
エンディング

エンディング映像が流れた。

次回予告

歴史秘話ヒストリアの番組宣伝。

(番組宣伝)
おんな城主 直虎

おんな城主 直虎の番組宣伝。

知恵泉

「知恵泉」の番組宣伝。

ハミルトン 大ヒットミュージカルが問う アメリカ

BS1スペシャル「ハミルトン 大ヒットミュージカルが問う アメリカ」の番組宣伝。

キーワード
アレクサンダー・ハミルトン
1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.