[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年4月29日放送 5:00 - 5:25 テレビ朝日

渡辺篤史の建もの探訪
「真ん中に“峡谷"がある家」東京都目黒区・山田邸

出演者
渡辺篤史 
(オープニング)
真ん中に“峡谷“がある家

今日の建物探訪は、東京都目黒区の真ん中に峡谷がある山田邸。ご家族は山田祥吾さんご夫婦と長男、次男の4人。さてどんな空間が待っているのか。

キーワード
目黒区(東京)
(真ん中に“峡谷“がある家)
外観

渡辺篤史が山田邸を訪問し、渡辺篤史は外観は片流れで周りの町並みに非常に合う、などと話した。

中庭から降り注ぐ光

家の中に入ると、中庭から光が降り注ぐ、峡谷を思わせる大きな吹き抜けの空間があった。壁面は表と同じ色。玄関の棚には、ホワイトデーに奥さんが家族3人からもらったという花が飾られていた。その棚は、北欧家具を思わせる、と渡辺が話す。タイルを張った中庭とホールに面したリビングダイニング。広さ11畳だが、掘り下げたことによる天井の高さなどで広々に感じられる。

掘り下げたリビング

アルネ・ヤコブセンのエッグチェアも置かれていた。ソファーも前の家から持ってきたといい、ほとんど前の家から持ってきたという。中庭には、ヤマボウシの木が植えられている。テーブルと椅子はイルマリ・タビオヴァーラのピルッカ テーブル&チェア。

キーワード
アルネ・ヤコブセンイルマリ・タピオヴァーラエッグチェアピルッカ チェアピルッカ テーブル
アーチの中のキッチン

キッチンはアーチの下にある。旦那さんは料理は良くするという。奥さんはキッチンはL字にしたいと思っていたといい、高さは規定の高さより気持ち下げているという。そのキッチンで奥さんがランチの準備。今日のメニューは、カレーライスなどだった。

中庭を望む洗面・浴室

水回りを確認。洗面は人造大理石で、非常にシンプルだと渡辺が評する。そしてシンボルツリーを見ながらお風呂に入れる。

山田邸 2015年11月完成

今回の山田邸は家の真ん中に峡谷のような空間がある都心の家。2015年11月完成。家族4人を紹介した。

2分割可能な子供室

渡辺は2階に上がり子供部屋を確認。子供二人の部屋だが、今は4人で寝室で寝ているので、たまに奥さんがここで寝ることがあるという。前野家からもってきたというシガード・レッセルのファルコンチェアが置かれていた。隣の部屋とは天井近くに隙間があり、繋がっている。

キーワード
シグード・レッセルファルコンチェア
中庭に面した寝室

中庭に面した寝室には、ベッドサイドにヨーロッパのアンティークの照明がついている。寝室と子供部屋の間にはウォークインクローゼットがある。

ロフト付き大容量書庫

大量の書籍が入ったロフト付きの書庫を見る。奥さんは、この本棚を作るのが最初に家を建てようと思った理由だと話した。さらにはしごを上がったスペースにも本が積まれ、子どもたちがこもって遊んでいることがあるという。

山田邸 間取り図

山田邸の間取り図を紹介した。

(エンディング)
エンディングトーク

渡辺篤史は、山田邸について、中に入ると、外観からは想像もつかない安らぎの空間だといい、物を一つ決めるにしても吟味をして、建物の雰囲気を舞台にしていい場所に置かれている、などとこめんとした。

次回予告

渡辺篤史の建もの探訪の次回予告。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.