[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年3月13日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日

羽鳥慎一モーニングショー

出演者
野上慎平 石原良純 玉川徹 羽鳥慎一 宇賀なつみ 住田裕子 二村千津子 寺脇研 長嶋修 
(ニュース)
騒然 前大統領 罷免で自宅に「真実は必ず明らかに」

韓国の朴槿恵前大統領が罷免されて初めて帰宅。自宅への帰宅は暖房設備が整っていないなどの理由から延期され、大統領府からの帰宅は罷免の2日後となった。帰宅後には、無実を訴える公式のコメントも発表された。

キーワード
パク・クネ青瓦台
(オープニング)
オープニング

オープニング映像の後、羽鳥慎一&宇賀なつみが挨拶した。

(ニュース)
騒然 前大統領 罷免で自宅に「真実は必ず明らかに」

韓国の朴槿恵前大統領がソウル市内の自宅に帰宅。トークでは弁護士の住田裕子が、憲法裁判所が事実認定よりも国民感情を重視して判決を下したことにも驚いたと答えた。玉川徹は、次の大統領候補が誰になっても日韓関係の悪化は避けられないと答えた。

キーワード
ソウル(韓国)パク・クネ韓国憲法裁判所
侍ジャパン オランダに8対6で勝利 中田が決めた!5時間の死闘制す

WBC2次ラウンド1戦目、日本代表・侍ジャパンがオランダに勝利。延長11回・4時間46分はWBC史上最長の戦いとなった。

キーワード
2017 ワールド・ベースボール・クラシック侍ジャパン東京ドーム

試合前には円陣が組まれ、菊池涼介が音頭を取った。対戦相手のオランダはメジャーリーガー5人を擁する。日本は2回に5番・中田翔が2塁打、8番・秋山翔吾が1点を先制。3回に中田翔が3戦連発となるホームランで追加点、4対1とした。日本はもう1点を加えたが、その裏にはオランダが猛追、バレンティンのホームランで5対5の同点に。5回には小林誠司がタイムリーで勝ち越し、7回にはオランダの長打を菊池涼介がダイビングキャッチと坂本勇人へのグラブトスで防いだ。9回裏に日本8人目の則本が打たれ、6-6で延長へ。延長11回からは無死1・2塁から始まるタイブレーク制が採用。中田翔が勝ち越しの長打を決め、8-6で日本が勝利した。試合は23時54分に終了、ヒーローインタビューの中田翔は帰途につくファンを気遣った。

キーワード
2017 ワールド・ベースボール・クラシックウラディミール・バレンティン中田翔侍ジャパン則本昂大坂本勇人小林誠司東京ドーム秋山翔吾菊池涼介

WBC2次ラウンド1戦目、日本代表・侍ジャパンがオランダに8-6で勝利。試合後の東京ドーム周辺では、今日は帰るのをあきらめて応援を続けた、これから歩いて帰るなどとのファンの声が聞かれた。

キーワード
2017 ワールド・ベースボール・クラシック侍ジャパン東京ドーム
死闘 中田V打&菊池超絶守備 侍ジャパン オランダ撃破

WBC2次ラウンド1戦目を振り返ってトーク。東京ドームで応援したという住田裕子は、中田翔への声援に球場がひとつになったと感じたと話した。その他、菊池涼介のグラブトスは審判も驚いていたように見えたなどと話した。

キーワード
2017 ワールド・ベースボール・クラシック中田翔侍ジャパン東京ドーム
侍 2次R突破かけ あすキューバあさってイスラエル

WBC2次ラウンドではイスラエルがリーグ戦トップに。1戦目でキューバに大勝している、オランダと同じくメジャーリーガーが5人いるなどと話した。

キーワード
2017 ワールド・ベースボール・クラシック侍ジャパン東京ドーム
会見と同時に重機運び出し 森友学園 小学校申請取り下げ

森友学園の籠池理事長が会見を開き、小学校の認可申請を取り下げ、理事長退任の意向を示した。また、退任後の後任は、長女を指名する考えも示した。会見の翌日には建設予定地から重機が撤去され、敷地には産業廃棄物が残されたままであった。作業員に話を聞くと、「1日でころっと変わったからびっくりした」という声が聞こえた。会見では、理事長の長男の佳茂氏も同席し、会見後の質疑応答では、報道陣と激論を交わした。さらに、籠池理事長の経歴詐欺疑惑の質問が報道陣から出ると、籠池理事長は資料がどうして流出するのか、逆質問する場面もあった。

キーワード
十三東(大阪)森友学園籠池佳茂豊中市(大阪)

籠池理事長の退任意向を受けて、森友学園の運営する保育園に通わせていた保護者が取材に答えた。保護者は逃げるのか、なぜやめるのか、と憤りをみせていた。保護者の証言によると園内には子どもを閉じ込める「お仕置き部屋」が存在していて、マネキンと一緒に閉じ込められるという。籠池理事長は会見で校舎の今後について、つぶさない、開校の延期であると話した。

キーワード
森友学園籠池泰典
森友 籠池理事長 申請取り下げも“再チャレンジ宣言”

住田裕子は森友学園の問題について、不都合なことは逃げた一方的な会見に見えた、などと話した。玉川徹は誰が得するんだろう、と話した。

キーワード
森友学園瑞穂の國記念小學校籠池泰典
森友 退任会見で恨み節 小学校“再チャレンジ”も/疑惑 小学校用地“8億円値引き”政治家の関与 説明は?

森友学園の疑惑について解説。理事長の会見は12日に行われ、報道のせいで工事の業者が集まらなくなった、寄付金も減ったなどと恨み節を連ねた。安倍総理が国会で直接会わなかったと答えたことには同意、稲田防衛大臣が面識を否定したことにも「志は一緒」などとトーンダウンさせた。寺脇研氏は、再度の認可申請を狙っており波風を立てたくないようだと解説した。自民党の議員事務所に出入りしていたことについては、不動産屋に行く感覚だったと答えている。

キーワード
安倍晋三森友学園稲田朋美鴻池祥肇

森友学園の会見についてトークでは、理事長が教育者には見えない、理事長も教育理念を持つべきなどとの声があがった。寄付金が集まらなくなったとの発言には、そもそも財政基盤が危うかったのではとの指摘があがった。寺脇研氏は、理事長が別の議員などに支援を依頼する可能性もあると答えた。

キーワード
森友学園籠池泰典
疑惑 3つの契約書「すべて正しい」驚きの主張

森友学園の疑惑では、学園が建築の契約書を3通作り、国土交通省、大阪府、空港の運営会社に額面を変えて提出した問題が指摘されている。施工業者は助成金申請の15億円が正しいと主張しているが、理事長は会見で3つとも見方によっては正しいと述べた。長嶋修氏は、施工業者の意見が業界の見方からも正しい、金額を書き直すことはありえないと述べた。その他、学園はすでに補助金の一部を受け取っている、知事が県警のトップとして告訴を行うべきなどと話した。住田裕子は、市民団体からの告発はすでに行われていると補足した。

キーワード
国土交通省森友学園籠池泰典
森友 小学校認可申請“断念”も“再チャレンジ”は可能?

森友学園の理事長はまた会見で、自身は理事長を退くがアドバイザーとして関与し続ける、認可を再申請する用意があると述べている。小学校の許認可には不認可後一定期間申請不可能となる制度はないといい、別の場所で申請する可能性もあるといわれている。大阪府私学審議会・会長は、今後はペナルティを検討したいとしている。玉川徹が寄付金さえ集まれば認可が下りるのではと質問すると、長嶋修氏は財政基盤が疑われることに変わりはないと答えた。

キーワード
大阪府私立学校審議会森友学園籠池泰典
新疑惑 “8億円値引き”国の資料 ゴミ写真“使い回し”?

8億円値引きについて新たな疑惑が出てきた。この値引きは、2016年3月森友学園が地下からゴミを発見したことによる。これに対して民進党 玉木議員は、近畿財務局・大阪航空局の資料の写真について、異なる場所であるはずの写真が同じものではないかと指摘し、「こんないい加減な確認で8億減額なのか」と批判。また当初からこの問題を追及していた豊中市議 木村氏は近畿財務局を告発している。

キーワード
大阪航空局木村真森友学園民進党玉木雄一郎財務省近畿財務局
小学校 認可申請取り下げで森友学園 巨額返済の可能性も

小学校認可申請取り下げで、森友学園は巨額返済の可能性も出てきた。その内訳とは?

キーワード
森友学園

森友学園認可申請取り下げで巨額返済の可能性。校舎について籠池理事長は潰さないように考えてもらわないといけないとしたが、原則では原状回復で更地とすることになる。今後の収支について。頭金として払った2787万円が返ってくる。支出は違約金1340万円、建物撤去費8000万円~、木造建築に対する補助金5644万円、二重受給した補助金1360万円、ゴミ撤去費として値引きした8億円。

キーワード
森友学園籠池泰典
森友 “8億円値引き”が重荷に!?財務省「ゴミなくして返還を」

値引きした撤去費8億円が重荷になる。理財局としては基本的な考えとしてゴミがないきれいな状態で返す必要があるとしている。建物の下は既に綺麗にしていると言うが、校庭はどうなるか。自己破産をすると次にチャレンジということが出来なくなるので払わざるをえない状況にある。ゴミ撤去については建物の下は終わったが校庭はそのままだと籠池理事長は話している。しかし実際には建物の下のゴミ撤去も行っていない可能性が高い。森友学園側が最初に得した部分が結果的に跳ね返ってくる形となってしまっている。長嶋修氏はこの話では買い戻しは難しくなっている、ゴミ撤去費が正しいのかが問われることになってしまうと指摘する。学園側が払えなくなると差し押さえとなって、競売にかけられてそこから資金を回収することになる。森友学園に未来が残るようにする落とし所を探すことになる。

キーワード
森友学園理財局籠池泰典自己破産
百条委員会で東京ガス新資料 豊洲移転“水面下交渉”「都が脅かしてきた」

百条委員会で質問した音喜多駿都議によると、”土壌Xday”という言葉が使われ東京都が東京ガスを”脅かし”とも取れる表現があったという。おととい行われた百条委員会で、福永正通元東京都知事や大矢實元中央卸売市場長など証人喚問させ、また土地を東京都に売却した側も含め土地を東京都に売却した側を証人喚問された。2000年10月4日・当時浜渦元副知事が東京ガスを訪問し、土地の売却交渉の際に口に住んる言葉。水面下の交渉で東京ガスの資料からメモが明らかになった。水面下の発言から2か月後に、元副知事の指示で製作報道室・理事を務めた赤星経昭政策報道室理事が東京ガスの場で「土壌Xdayを迎えれば、土壌問題が噴出し、東京ガスが所有する土地の価格が下落する。「結論」され出せば石原知事が安全宣言で救済するから早急に結論だすように」と記録されている。赤星氏さんは「東京がガスに頭下げことはないふだろうとし安全だった。また、豊洲一転は規定路線の出演に元市場長が異論だし、元ひく。

キーワード
上原英治上野和彦大矢實市野紀生広瀬道明東京ガス浜渦武生百条委員会石原慎太郎福永正通築地市場移転計画赤星経昭音喜多駿
1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.