TVでた蔵トップ >> 番組
2014年9月30日放送 21:00 - 22:54 日本テレビ

解決!ナイナイアンサー
2時間SP

出演者
矢部浩之(ナインティナイン) 松本志のぶ 岡村隆史(ナインティナイン) 北斗晶 品川祐(品川庄司) 川合俊一 青木さやか 森崎友紀 森永卓郎 秋川リサ 高橋真麻 芹那 井戸田潤(スピードワゴン) 安藤和津 マルシア エド・はるみ RIKACO 
(オープニング)
オープニング

今回はひとりの女性が悲しき過去を紐解く。母と娘50年の確執の果て、母親は認知症になっていた。

芸能界 青空人生相談
お騒がせゴルフ女王 古閑美保(32)が全て喋った

今回の相談者・古閑美保が、芸能界一相談されたい女・北斗晶の農作業を手伝いながら人生相談をした。子どもが欲しいという古閑美保は女としてのリミットが来る前にアメリカで精子を貰いにいこうかと考え、賞金は未だに使いたくないと話した。この時に収穫した野菜はいんげん、オクラ、長ネギ、大葉。一同は健介オフィスで「大葉香る手打ちうどん」、「いんげん&高野豆腐のミルフィーユ」、「オクラたっぷり茶碗蒸し」の3品の料理を料理。

キーワード
いんげんいんげん&高野豆腐のミルフィーユオクラオクラたっぷり茶碗蒸し健介オフィス大葉大葉香る手打ちうどん長ネギ

北斗晶と古閑美保が人生相談をしながら料理。古閑美保は今まで会社員など普通の人と付き合い自分から告白をするのが無理でお酒に何度も誘われたら自分も好きになるという。また、古閑美保は4人と付き合ったが全員に振られている。

キーワード
いんげんいんげん&高野豆腐のミルフィーユオクラオクラたっぷり茶碗蒸し大葉大葉香る手打ちうどん長ネギ

古閑美保は4人と付き合ったが全員に振られていて、北斗晶が相手の予定に合わせて物を買いすぎたんじゃないかと指摘されると全部的中していた。古閑美保は相手の家へ行き勝手に掃除した失敗談や父・宏二郎さんとくらべてしまう事など話した。

キーワード
いんげんいんげん&高野豆腐のミルフィーユオクラオクラたっぷり茶碗蒸し古閑宏二郎大葉大葉香る手打ちうどん長ネギ

北斗農場で採れた野菜を使った「大葉香る手打ちうどん」、「いんげん&高野豆腐のミルフィーユ」、「オクラたっぷり茶碗蒸し」が完成。佐々木健介も交えて食事を行った。佐々木健介がまた遊びにおいでと言うと、古閑美保は本当にまた来ますと話し、社交辞令が嫌いな事を打ち明けた。

キーワード
いんげんいんげん&高野豆腐のミルフィーユオクラオクラたっぷり茶碗蒸し大葉大葉香る手打ちうどん長ネギ

スタジオで北斗晶はその日の夜、早速古閑美保からLINEの連絡がきて「何日に空いてます?」と会う約束をしてきたと話した。

キーワード
LINE
芸能界私のどこがイヤなの!?
コーナーオープニング

ブレイクした1年後に仕事が減ったエド・はるみやRIKACOの成り行きや4人の嫌われがちな芸能人の座談会を行う。

なぜ誤解やバッシングされたのか?

青木さやかはキレキャラというのもあるが自分から出るものが嫌いな人が多いと自己分析し、コントロールされるのがイヤで勝てないからせめて噛みつきたいと話した。

(番組宣伝)
なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか? ~心の科学者・成海朔の挑戦~

なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか? ~心の科学者・成海朔の挑戦~の番組宣伝。

芸能界私のどこがイヤなの!?
誤解されることで悩むことはあるのか?

青木さやかはネットの書き込みについて、子どもが大きくなった時に悪口を見たら辛いと考え仕事を辞めるべきか考えるという。そして、一番大事なものは子どもだと断言。バラエティを子どもに見せたくない青木さやかはいつも悩みながら生きていると話した。

エド・はるみ(50)テレビ出演激減の理由…

RICACOは主婦の仕事や子育てをしていないと周囲からバッシングを受けてると話した。一方、エド・はるみは2008年にブレイクしたが翌年から仕事が激減した。エド・はるみは真面目に育ってしまったと自己分析。挨拶をする人を選んでるという噂について、下積みが20年もあったのでいろんな人に挨拶をしてきたが通り過ぎる人もいたので100%挨拶できずそれを書かれてしまったと話した。

RICACO(48)はダメ主婦?

RICACOはネットの悪口を見て、どうしてこんな事をする人がいるんだろうとショックを受けていると、息子から「嫌われたり悪口言われたりネタにされるのはあなたの仕事では宝。誰も見向きもしなくなって悪口も言われなくなったら母ちゃん誰にも見られてないということ」と言ってくれたという。

実母に裏切られた美人女優
秋川リサ(62)米兵の父に捨てられ極貧生活 母を介護も“アンタなんか生むんじゃなかった”

モデルから女優に転身した秋川リサは現在、認知症の母を支える壮絶な介護生活をしていた。認知症を発症する前に母親が綴った日記帳が出てきてその内容は秋川リサに対する罵詈雑言だった。

(番組宣伝)
なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか? ~心の科学者・成海朔の挑戦~

なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか? ~心の科学者・成海朔の挑戦~の番組宣伝。

実母に裏切られた美人女優
秋川リサ(62)米兵の父に捨てられ極貧生活 母を介護も“アンタなんか生むんじゃなかった”

秋川リサの父はアメリカ人で米軍の技術者だったが物心ついた時には母と二人暮らしをしていた。母親からは父親は戦争で死んだと聞かされ、母は大黒柱になるべく夜の仕事を一生懸命こなしていた。しかし、秋川は父が死んだという朝鮮戦争の時期と合わない事に気付き母親に問いただすと秋川らを捨てて本国に帰った事を明かした。それから母は飲み歩くようになりお金を服やアクセサリーに使うようになった。生活は困窮し一回り年下の男性と同棲を始めた。男性は無職で食事の世話をし、男に自由を奪われるようになった。秋川は正義感から男を追い出すが、その時、母から「私の最後の幸せをあんたが壊したのよ」と怒鳴られた。

キーワード
伊藤千代子朝鮮戦争

1967年、15歳となった秋川はモデルデビューを果たしハーフモデルというジャンルを初めて確立。CMの専属契約が7社、ぱりこれの舞台に立ち華々しいモデル人生を歩んでいた。そして21歳で結婚し多忙を極める秋川のお金の管理を母がしていた。いつの間にかお金は無くなり手元には母親が買ったバッグなどの請求書ばかりになった。秋川は2回の離婚を経験し40歳でシングルマザーになった。意外にも母親が子育てに手を差し伸べ秋川と母の関係は修復された。

キーワード
伊藤千代子

ある日、通帳がないという母の電話を受けて秋川が帰宅をすると認知症を発症し部屋を荒らす母の姿があった。千代子さんがかかったのはアルツハイマー形認知症で、発症すると場合によっては進行のスピードが速く、完治は難しいもの。無銭飲食をしたり夜に徘徊したり介護の厳しい現実にぶち当たった。娘の麻里也さんは「一生懸命、おばあちゃんの介護を全部やらなければならなかった。一生懸命やっていました」と振り返った。

キーワード
アルツハイマー形認知症伊藤千代子

秋川リサが母の部屋を整理していた時、母にあずけていた自分の預金通帳を発見。見てみると残金は0に近い状態だった。更に秋川が目にしたことのないブランド物のバッグの他に50代後半から認知症を発症する前までの日記帳を発見した。日記帳を覗くと秋川に対しての罵詈雑言が綴られていた。

キーワード
伊藤千代子
秋川リサ(62)壮絶介護も母裏切り 確執50年の果て…母と娘は今

現在、秋川リサは母を介護施設に預け別々に暮らしていた。母・千代子さんは現在87歳、認知症は進行し会話はおろか秋川が自分の娘か認識できていない。それでも月に1度母のもとを訪れ話しかけている。

スタジオで秋川リサは「無駄な経験はない。絶対娘にそういう言葉は投げかけないし、ある意味いろんな事を教えてもらった。決して悪い母じゃないし今はもう何も分からなくてあっははものの考え方が批判的な人なの。愛情表現がとても下手な人」と話した。安藤和津も8年間認知症の母を介護していて、毎日悪口を言っていたが母を憎んでたわけではなく吐き出さないと自分が生きられなかったと話した。

1 - 2
refills リフィルズ
  

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.