[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2016年7月21日放送 2:29 - 3:29 日本テレビ

読響シンフォニックライブ

出演者
松井咲子 
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

今日のプログラム

今日のプログラムは、モーツァルト作曲「交響曲第41番 ハ長調 K.551『ジュピター』」。

キーワード
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト交響曲第41番「ジュピター」
(読響シンフォニックライブ)
田村博文 × 松井咲子

読響の魅力を知り尽くす田村博文さんとトーク。昔は男性だけのオーケストラだったという。印象にの残っているコンサートは、ロリン・マゼール指揮の演奏だったと話した。若手メンバーについては「なにより、技術が上がってる」と語った。読響の良さを聞くと「すごくメンバー仲がいい。それが音にも出てると思う」と話した。良い指揮者とは?と聞くと「指揮者は台に立った時に、我々との会話が始まってる。最初の数分で相性がわかる」と話した。

キーワード
ロリン・マゼール
交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

モーツァルト作曲「交響曲第41番 ハ長調 K.551『ジュピター』」の演奏。

キーワード
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト交響曲第41番「ジュピター」
田村博文 × 松井咲子

オーケストラプレイヤーとして大事にしていることは?と聞くと、田村博文は「周りと音を合わせて、作っていくのを100人が同時に行う。それがオーケストラ。」と話した。同じヴァイオリンを担当している赤池さんは「すごく面倒をみてくれる」「安心する言葉をかけてくれる」「支えてもらった」とコメントした。

ベルク作曲<歌劇「ヴォツェック」から3つの断章>

ベルク作曲<歌劇「ヴォツェック」から3つの断章>の演奏。

キーワード
アルバン・マリーア・ヨハネス・ベルクヴォツェック
(エンディング)
次回予告

「読響シンフォニックライブ」の次回予告。

(第2エンディング)
エンディング

エンディング映像が流れた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.