[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2016年8月4日放送 2:29 - 3:59 日本テレビ

読響シンフォニックライブ

出演者
松井咲子 
(オープニング)
オープニングトーク

松井咲子が長野市の善光寺から挨拶。長野市芸術館が長野から文化芸術を発信する新たな拠点として2016年5月8日に開館した。今回は開館を記念して行われた「長野市芸術館グランドオープニング・コンサート」を放送する。指揮は久石譲が務めた。

キーワード
久石譲善光寺長野市芸術館長野市(長野)
オープニング

オープニング映像。

長野市芸術館

長野市芸術館の紹介VTR。長野駅から徒歩15分、長野市役所と合築された複合施設で、メインホールはシューボックス型で1292席ある。山の稜線をイメージしたデザインで床と壁には長野県産の栗の木を使用している。リサイタルホールやアクトスペースなどもあり、様々なエンターテインメントを楽しめる。芸術監督は務めている久石譲が描くビジョンを語った。ホールの顔が必要でチェンバーオーケストラを作りたい、現代曲と古典を組み合わせたプログラムを行っていきたいなどと語った。オープニングコンサートのための新作「TRI-AD」は音楽用語で三和音のことで、全体に明るさをもたらす元気になれる曲だと語った。

キーワード
TRI-AD善光寺長野市芸術館長野市(長野)
(長野市芸術館グランドオープニング・コンサート)
久石譲 TRI-AD

2016年5月8日に長野市芸術館メインホールで行われた長野市芸術館グランドオープニング・コンサートを中継。久石譲の指揮で読売日本交響楽団が世界初演となる「TRI-AD」 for Large Orchestraを演奏した。

キーワード
TRI-AD読売日本交響楽団長野市芸術館
アルヴォ・ペルト

続いての曲は、アルヴォ・ペルト作曲「交響曲第3番」。アルヴォ・ペルトはエストニアの作曲家でショスタコーヴィチやバルトークから影響を受け、前衛的な現代作品を発表した。交響曲第3番は36歳で作曲し教会音楽が反映された美しい響きを持つ作品である。指揮を務める久石はミニマル・ミュージック(同じフレーズやリズムを反復させる音楽、1960年代のアメリカで生まれた)が日本で演奏される機会を増やしたいなどと語った。

キーワード
アルヴォ・ペルトエストニアショスタコーヴィチバルトーク・ベーラ交響曲第3番
アルヴォ・ペルト 交響曲第3番

2016年5月8日に長野市芸術館メインホールで行われた長野市芸術館グランドオープニング・コンサートを中継。久石譲の指揮で読売日本交響楽団がアルヴォ・ペルト作曲「交響曲第3番」を演奏、第2楽章から中継した。

キーワード
アルヴォ・ペルト交響曲第3番読売日本交響楽団長野市芸術館
久石譲と不思議な縁とは?

久石譲がチャイコフスキー作曲「交響曲第5番」との不思議な縁について語った。初めて最後まで指揮をした作品で、メモリアルなコンサートでチャレンジしたいと思ったと語った。一瞬にして感情の起伏が変わる難しい曲だという。

キーワード
ピョートル・チャイコフスキー交響曲第5番
チャイコフスキー 交響曲第5番

2016年5月8日に長野市芸術館メインホールで行われた長野市芸術館グランドオープニング・コンサートを中継。久石譲の指揮で読売日本交響楽団がチャイコフスキー作曲「交響曲第5番」を演奏した。

キーワード
ピョートル・チャイコフスキー交響曲第5番読売日本交響楽団長野市芸術館
初公演を終えて

初公演を終えた久石譲に松井咲子がインタビュー。響きがすごくいいホールでとても気持ち良くやれましたなどと語った。

キーワード
長野市芸術館
(エンディング)
次回予告

「読響シンフォニックライブ」の次回予告。

エンディング

エンディング映像。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.