[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2015年2月1日放送 9:55 - 10:55 日本テレビ

誰だって波瀾爆笑
舞の海秀平

出演者
堀尾正明 溝端淳平 関根麻里 舞の海秀平 花田虎上 
(オープニング)
元力士の旅番組リポーター

「平成の牛若丸」「技のデパート」で話題になった元力士&旅番組リポーターで活躍する舞の海秀平が登場。身長169cmで小結まで昇進したことが話された。またスタジオで「猫だまし」の技を披露した。

オープニング

小柄な体繰り出される多彩な技で土俵を沸かせた人気力士、舞の海秀平を紹介するオープニング映像。今回はシリコン事件の裏側を大告白、元横綱 若乃花が登場し舞の海の素顔を暴露する。

舞の海秀平
舞の海秀平の波瀾爆笑年表

舞の海秀平は1968年青森県鰺ヶ沢町で生まれ本名 長尾秀平。3700gで生まれ、いたずら大好きな末っ子に育つ。6歳のころはスカートめくりにはまり、毎日職員室に呼び出されるヤンチャな少年であった。当時千代の富士に憧れ相撲を練習し、当時9歳で町の相撲大会でいきなり優勝。自分ひとりの力で勝敗が決まる相撲にはまった。ケンカでも大きな相手を投げ飛ばすほどで、バレンタインには沢山のチョコレートをもらっていたが、中学に入るまでずっと続いていたおねしょが秘密であった。

キーワード
バレンタイン鰺ヶ沢町(青森)

中学では相撲部に入部、青森県大会で優勝し全国大会へ。高校3年生の時は全国大会で個人戦準優勝し、大学相撲の名門 日本大学相撲部からスカウトを受けた。しかし体が小さいという壁に立ちはだかり、1日大量の5食を摂って体重を増やすと、大学でもレギュラーの座を勝ち取り輝かしい成績を残した。しかし身長が足りずにプロの道を諦め、教員免許を取得したが後輩の死をきっかけに諦めかけたプロの世界へ進む。22歳の時、頭にシリコンを入れ身長を伸ばして新弟子検査に臨み、合格して1990年に五月場所デビュー。翌年には十両に昇進、八艘飛びや猫だましなど33種類の技を繰り出した。2場所連続で技能賞を獲得し1994年小結に昇進した。

キーワード
シリコン小結新弟子検査日本大学相撲部猫だまし青森県

26歳の時福岡で6歳年上の奥様 真美さんと出会い、1997年2年の交際を経てゴールインした。翌年には男の子が誕生し、今は3人の子どもの良きパパに。1999年現役引退をし、NHK大相撲中継の解説や、旅番組のリポーター、全国各地での公演活動など新たな土俵で活動を続けている。

キーワード
福岡
あのシリコン事件の意外な裏側を激白

九州に身長を伸ばしてくれる不思議な力を持ったお爺さんがいることを聞き、親に嘘をついてお金をもらい九州へ行って施術をうけたが、戻って身長を図ると伸びておらずそこで初めて騙されたことに気づいたという。美容外科でシリコン手術を受けて検査に臨んだが、北の湖親方にはすでに情報が伝わっており、身長測る前に心配してくれていたという。その後4,5人シリコンを入れて入ってきた若者がいたという。

キーワード
シリコン北の湖敏満
技のデパート!心に残る名勝負ベスト3

現役時代の好敵手は若貴・曙・武蔵丸と話した後に花田虎上が登場した。

元横綱 若乃花が意外な素顔を告白

舞の海と若乃花の対戦成績は1勝12敗。舞の海が1勝したときは悔しかったと花田は話した。舞の海は想像した以上に強かったという。また上原浩治との食事会の後、花田が呑みに誘ったところ舞の海は「女房が…」と断ったという。本人は覚えていない様子であった。

キーワード
上原浩治
美人奥様との知られざる結婚秘話

6歳年上の奥様についてが「ちゃんとしてれば怖くない」と話した。紹介で出会ったが、愛想が良くなかったところに惹かれて食事などに誘うが、なかなか乗ってこなかったという。九州へ治療に行き「大船に乗ったつもりで」と東京へ連れてきたが、毎晩銀座に遊びにいくことから奥様は「今は小舟で転覆しそう」と言われたことを明かした。花田は舞の海のことを「夜の横綱」と称した。

キーワード
東京銀座(東京)
記憶に残る名勝負の意外な裏側を告白

平成4年三月場所の前頭筆頭 武蔵丸との闘いで命がけの一番を紹介した。会心の一番は平成6年七月場所の大関 貴ノ花との戦い。相手が構えてしまう前にスピードで勝負するのが舞の海の相撲と花田は解説した。

キーワード
武蔵丸貴乃花

舞の海の名勝負、最後は「痛恨の一番」。平成6年7月場所の大関・若ノ花との対戦で、同時に倒れ込んだが肘がつくのが早く舞の海の負けとなった。舞の海は「人生を教わった、勝負に絶対はないと感じた」と語った。花田氏は2日前に弟・貴ノ花と舞の海の対戦があり、投げられたら相手を巻き込んで倒れるしかないと考えていたなどと答えた。

キーワード
貴乃花
大相撲の素朴なギモンを全て解決!

2人が大相撲の疑問に答える。「まわしはいつ洗う?」との質問には、一度も洗わず汚れたら買い換える、師匠が亡くなった時には洗う習わしがあるなどと答えた。「体はどうやって洗う?」との質問には、出世した力士は付き人が背中を流してくれるなどと答えた。「トイレは1人でできる?」との質問には、花田氏が「力士は柔軟性があるのでOK、小錦でも大丈夫だった」と答えた。「飛行機の席は入る?」との質問には、海外巡業には3人掛けに2人で座ることもある、大関以上はファーストクラスに乗るなどと答えた。「新幹線の席は入る?」との質問には、武蔵丸が車掌の席に座ったことがあるなどと答えた。

キーワード
小錦武蔵丸
大好きな激辛&?グルメめぐり!

続いて、舞の海とめぐるグルメツアー。相撲記者の藤井恒久が同行する。1軒目は、辛いものが好きという舞の海におすすめの、恵比寿「MASA’S KITCHEN 47」。ミシュランガイド東京で1つ星を獲得している。「白子の麻婆豆腐」は豆腐の代わりに真鱈の白子を使用している。かなり辛いが舞の海は物足りないといい、備え付けの山椒を振りかけて食べた。店にはもうひとつ珍しい麻婆豆腐があるそう。

キーワード
MASA’S KITCHEN 47白子の麻婆豆腐

「MASA’S KITCHEN 47」からもう1つ、変わり種麻婆豆腐「海鮮の白麻婆豆腐」を紹介。エビ・カニ・ホタテなどをナンプラーとラー油で辛く味付けして仕上げている。舞の海は辛さがもっとほしいといい、赤唐辛子と青唐辛子のペーストを用意してもらった。これでも辛さが足りないといい、刻んだ生唐辛子を入れて食事。

キーワード
MASA’S KITCHEN 47海鮮の白麻婆豆腐
大好きな激辛&激臭グルメめぐり!

続いてはくせのある「クサいもの」がある料理店。戸越銀座の「つきのや」から、独特のにおいと風味を持つくさやを紹介した。「ムロアジのくさや」が登場、舞の海は好物といい素手でさいて鼻と口で味わった。他にも「サメのくさや」などのメニューがある。トークでは、舞の海が苦手な食べ物を聞かれ「フランスパン、口の中を怪我する」と答えた。

キーワード
くさやつきのや 戸越銀座店サメのくさやフランスパンムロアジのくさや戸越銀座商店街

続いて、「ガッツリした肉を食べたい」という舞の海を連れて「ステーキてっぺい×六本木Buff」へ。人気メニューの「ヤングステーキ」を肉300グラムでいただいた。ガーリックバターの味付けをベースに、選べる4種類のソースで味わう。

キーワード
ステーキてっぺい×六本木Buffヤングステーキ
激辛&激臭グルメが異常に大好き!

取材を振り返ってトーク。辛い、臭いといった食べ物の好みについて、堀尾正明は滋賀県の「鮒寿司」は好きかと聞いた。「世界一好き」だそう。スタジオに「さんま馴れ鮓」(東宝茶屋、和歌山・新宮市)が登場した。30年寝かせた「本馴れ鮓」というのもあるそう。

キーワード
さんまのなれ鮓新宮市(和歌山)東宝茶屋鮒寿司

スタジオに「さんま馴れ鮓」、「30年物珍味 本馴れ鮓」が登場。30年寝かせた寿司は、魚と米が原型をとどめずどろどろの白い液体になっている。出演者がにおいを体験、ヨーグルトやぬか味噌のようなどと話した。

キーワード
30年物珍味 本馴れ鮓さんまのなれ鮓新宮市(和歌山)東宝茶屋
激臭グルメ!和歌山のさんま馴れ鮓

ますは「さんま馴れ鮓」から一同が試食。さんまの生魚の味はなく発酵臭が口に広がる、ご飯もやわらかく感じるなどと話した。

キーワード
さんまのなれ鮓
激臭グルメ!30年ものの珍味 本馴れ鮓

続いて「30年物珍味 本馴れ鮓」を試食。舞の海は顔色を変えずに食べたが、他の3人は顔をしかめながら「ぬか床を口の中に入れたよう」などと話した。

キーワード
30年物珍味 本馴れ鮓
1 - 2

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.