[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年3月17日放送 19:32 - 20:00 NHK総合

金曜イチから
「あなたの“バス旅”が変わる!」

出演者
松田利仁亜 春香クリスティーン 戸崎肇 
(オープニング)
オープニング

夜行バスに変化が起きている。今年1月から始まった東京大阪間の夜行バスは2万円。バスは土足厳禁で、中は全て個室。ボタン一つでリクライニングし、無重力のような感覚が味わえるという。今、こういった高級夜行バスが人気を集めている。

キーワード
大阪府東京都池袋(東京)
あなたの“バス旅”が変わる!
あなたの旅が変わる!? 今日はイチから“バス”特集

高級夜行バスについてのスタジオトーク。「あんなバスがあるんですね、高い」「高いですけど人気なんですね」と司会者2人が話し、リニューアルされたスタジオセットを紹介。高速バスに縁があるが聞かれた司会者は、「よく利用する、3列シートでゆったりしているように思うが疲れる」「高級高速バスに乗ってみたい」などと話した。

あなたの旅が変わる!? 最新“夜行バス”を体感

高速バスによく乗る一般人を取材。国定さんは堂本光一の大ファンで、今年は20回高速バスに乗っているベテラン。今回は大阪で開催されるイベントに備え、東京大阪間14424円の高級バスを利用。車内にはシェル型の間仕切りで区切られたシートが並ぶ。翌朝は「リラックス度が最高」と笑顔を見せた。

キーワード
ジャニーズ堂本光一大崎駅大阪府東京都梅田(大阪)

常識外れのバスを開発している現場を取材。徳島県の海部観光には、地元の有名デザイナーに建具職人。そこで作られていたのは車内にベッドを作るバス。この会社は6年前から半個室型のバスを開発しており、12席のバスは6年通じて乗車率が98%。バスの設備の他にも、水を入れたボトルが倒れないようなスムーズな運転を心がけている。求められるのは細やかなハンドル操作で、特訓を重ね急カーブや踏切も優しいアクセル操作で走破する。

キーワード
徳島県海部観光阿南市(徳島)鳴門海峡

スタジオで司会者らがリクライニングシートを体験。「結構広くて使い心地が良い」とコメント。日本最長路線の東京・福岡間で使われているシートと同じものだという。専門家は「最近は移動すること自体を楽しむ風潮がある。そういったニーズに答え高級バスが登場している。また、外国人観光客の増加に伴い、週末にホテルが予約できないことも増えてきたことが、こうした高級バスの人気を後押ししている」などと語った。

キーワード
大妻女子大学東京都福岡県
実は深い バス114年の歴史

実は114年と、深いバスの歴史。明治36年、前2人は運転手と助手、乗れる人数は4人だったという。1964年、日本初の高速バスが誕生、時速80km、定員は40人だったという。当時はあまり普及されてなかったリクライニングチェアを搭載していたという。乗合バスや貸切バスなどは2000年から色々な業者が入り、普及したという。

“安全対策”は進むか バス業界 変わらぬ実態

貸し切りバス業者による不十分な安全管理で近年は事故なども相次いでいる。現在も安全対策は徹底されていないという実態があると現役のバス職員が本音をもらしていた。旅行会社からの注文を受け、バス業者はツアーを運行。その際に受取る運賃は下限が設けられているという。安全対策に費用をかけられるようにするためだという。しかし軽井沢で発生したバス事故は、下限運賃約26万円なのに対し、実際は19万円だったという。下限割れは今も続いているという。富士山や東京を巡るツアー、1日10万円の下限だが、7万だという。書類上では適切金額だが、実際は安く請け負っているという。適切な金額をバス会社が提示すると、他のバス会社に頼むと仕事がこなくなってしまうという。スタジオではまだあまり変わっていないと驚きの声があがった。一番のコストになっているバス代を削るというのが旅行会社での流れになっているようだ。

キーワード
吹田(大阪)群馬県軽井沢(長野)関越自動車道
いまも続く違反… 安全なバスの選び方は?

ルールを守っている約は数百人だが、バスの台数は1万数を超えているので、とてもではないが追いつけないという現状のようだ。見慣れたバスに乗ること、あまり安すぎるものには乗らないことなどを気をつけてバスを選ぶと良いとスタジオで声があがった。安全の為に取り組んでいる会社もあるという。

バス旅の安全を守れ 切り札は下着!?

バスの安全を守るべく、脳の疲労度がわかるという特別な下着を着用しているという。着用し、東京から名古屋へのバスを運行する運転手を取材。出発から2時間、少し脳の疲れがたまり始めたことが伺える。休憩地点ではまだ時間があるが疲れている状況を受けて、足柄SAの手前で休憩が必要かもなどと意見が出されていた。効果的な休憩地点をさぐり、安全性を高めたいとしている。

キーワード
東名高速道路
最新技術が開く バスの未来とは

バス業者がつけていた装置をスタジオで装着。脈のゆらぎを図って眠気などを解明しているのだという。これまで不可能だったものがこれから見いだせる可能性があるとスタジオトークが展開。どれだけ長く働けるかは、健康被害への対策を早めにとることにかかっている。このような取り組みはどんどんすすめるべきだと声があがった。

あなたの旅を変えるバス 乗る?乗らない?

近年はバスにおける選択肢が増え、それだけ責任を持って選択することも重要だとスタジオで声があがった。

(エンディング)
エンディング

1日1500便のバスが出入り。毎日3万人が旅立っているというバスタ新宿の紹介のエンディング映像。

キーワード
新宿南口交通ターミナル

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.