[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年4月8日放送 5:40 - 5:50 NHK総合

NHK映像ファイル あの人に会いたい
船村徹(作曲家)

出演者
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

(作曲家 船村徹)
作曲家 船村徹

みだれ髪/美空ひばりの歌。このメロディーを作曲したのは船村徹さん。歌謡史に残るヒット作をたくさん生み出した。歌手の個性を引き出すことに力を入れた。演歌の一時代を築いた。昭和7年、栃木県塩谷郡船生村に生まれた。小学校でトランペットを習い、音楽の楽しさを知り、進駐軍にタンゴやジャズを披露した。船村さんのバンドは拍手の嵐。音楽の道に進みたいと思った。17歳で上京。東洋音楽学校で作曲を学んだ。別れの一本杉が初めてのヒット曲だ。作詞は茨城県出身の高野公男。歌手は福島県の春日八郎。出身地が近い合作だった。都会で寂しさを抱える人の心に、響いた。歌の中盤に出てくる石の地蔵さん。独特のなまりを音符にした。聴く人に懐かしさと優しさを与える。

キーワード
みだれ髪別れの一本杉北島三郎塩谷町(栃木)星野哲郎春日八郎東京音楽大学福島県美空ひばり船村徹茨城高野公男

一躍人気作曲家となった船村さん。作曲家の道を歩き始めた。戦後初のミリオンセラーが登場した。西條八十作詞、村田英雄の歌、王将 だった。ちあきなおみの矢切の渡しもヒットした。忙しかったが、メロディを頭に浮かべ、書き続けた。人気絶頂だったがスランプに陥った。新しいイメージが沸かなくなった。自分の引き出しがなくなり、作曲が続けられないという危機感があった。レコード会社を離れて、仕事をすることにした。漁村の人々や波の音、磯の香りなどに心を打たれ、曲を作った。船村さんの中で変化が生まれた。風雪ながれ旅は、そんな中で生まれた。酒と泪を愛した船村メロディ。いつまでも歌い継がれるだろう。

キーワード
ちあきなおみ北島三郎村田英雄王将矢切の渡し石本美由起船村徹西條八十風雪ながれ旅
(エンディング)
エンディング

エンディング映像。

キーワード
船村徹

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.