[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> 番組
2017年5月10日放送 15:50 - 19:00 日本テレビ

news every.

出演者
鈴江奈々 木原実 藤井貴彦 陣内貴美子 小山慶一郎(NEWS) 小栗泉 寺田ちひろ 中島芽生 山崎誠 坂田陽子 
(ニュース)
韓国新大統領 文在寅氏”知日派”首相を指名

韓国大統領選挙で勝利し新大統領に就任した共に民主党の文在寅氏が人事を発表。知日派の人物を首相候補に指名した。金正淑夫人と自宅前に姿を見せた文在寅氏は集まった住民らに祝福を受けたあと国立墓地に向かい就任を報告。20代から50代までの幅広い支持を獲得した文大統領はどのよな政権運営を行うのか。最初の公務は韓国軍の制服組トップと電話。北朝鮮軍の動向の報告を受け、挑発に備えるように指示した。文大統領は選挙中、北朝鮮に融和的な姿勢を示していた。一方日本には厳しい姿勢で臨むとの見方がある。日韓合意の再協議を主張、これに対し日本政府は再協議には応じない方針。菅官房長官は北朝鮮問題についてしっかり連携していくと強調した。

キーワード
キム・ジョンスクムン・ジェイン共に民主党北朝鮮国立ソウル顕忠院大韓民国国軍慰安婦問題日韓合意菅義偉韓国大統領選挙

文大統領は今後北朝鮮、日本とどう向き合うのか。国会で就任の宣誓を行った後、アメリカ、中国、日本、北朝鮮への訪問に意欲を見せた。その後市民からの祝福を受け、初めての記者会見で人事を発表。首相候補は李洛淵氏。東亜日報の特派員として東京に駐在したことがある。国家情報院トップは梨花女子大学教授のソ・フン氏が指名された。ソ・フン氏は北朝鮮業務に精通していて南北首脳会談が必要などと述べた。

キーワード
アメリカイ・ナクヨンソウル(韓国)ソ・フンムン・ジェイン中国北朝鮮南北首脳会談大韓民国国家情報院東亜日報梨花女子大学校
(オープニング)
オープニング

オープニング映像。

ナゼナニっ!
日韓関係悪化する?

韓国の文在寅新大統領は北朝鮮に融和的、日本には厳しい立場。文大統領の日本へのスタンスは批判的で厳しい言動が目立つ。去年7月に竹島に上陸、今年1月に慰安婦像を訪問している。大統領は日韓合意を見直して交渉をやり直すと言っている。大統領は法的責任と公式の謝罪が盛り込まれていない合意は無効などと主張している。慰安婦像の撤去についてもけん制している。日本政府は再交渉には応じない方針。外務省幹部は日韓合意見直しからはじめるなら経済協力などを進める意欲を失うだろうと懸念を示している。

キーワード
ムン・ジェイン北朝鮮外務省慰安婦問題日韓合意竹島韓国

文在寅新大統領は大統領になったらまず北朝鮮に行くと答えて国内外で波紋を呼んだ。その後最初に会うのはトランプ大統領と発言を修正したが制裁強化より対話を重視するスタンス。韓国は安全保障でアメリカに依存、北朝鮮寄りのスタンスは難しいとみられている。文大統領は盧武鉉大統領の秘書室長として南北首脳会談の調整にあたっていて北朝鮮との関係を主導した思いがある。小栗泉は日本は国際社会を味方につけて前向きな日韓関係を目指したいとまとめた。

キーワード
アメリカキム・ジョンイルドナルド・トランプノ・ムヒョンムン・ジェイン北朝鮮南北首脳会談韓国
(気象情報)
気象情報

日テレ・大屋根広場より中継。東京・渋谷のLIVE映像、関東地方の気象情報を伝えた。

キーワード
日本テレビ大屋根広場渋谷(東京)
TIME4
トランプ大統領 FBI長官を解任

トランプ大統領がFBI長官を電撃解任した。FBIは去年の大統領選でトランプ陣営とロシアが連携していたかを捜査している。長官はオバマ前政権時代に任命され任期6年を残している。ニューヨーク・タイムズ紙は大統領がロシアに関する捜査に影響を与えようとしている疑念があると報じている。野党の民主党からはトランプ政権の危険性を指摘する声もあがっている。NBCは後任はロシアに関する捜査を終わらせる人物を指名するかもしれないと伝える。

キーワード
National Broadcasting Companyオバマ政権ジェームス・コミーチャック・シューマードナルド・トランプニューヨーク・タイムズロシア民主党連邦捜査局
FBI長官解任の「表」と「ウラ」

小栗泉はFBI長官解任について、表向きの理由はヒラリー・クリントン氏の私用メール問題めぐる対応、実はトランプ大統領とロシア政府のつながりを隠すために解任したという見方が出ている、これが事実なら職権乱用などと説明した。

キーワード
ジェームス・コミードナルド・トランプヒラリー・クリントンロシア連邦捜査局
本当に豆腐!? 驚きの”絶品”ハム

材料は豆腐だけというハムが完成し、話題になっている。東京、町田市にある手作りハムのお店「クロイツェル」から中継が始まった。お店のショーケースには30種類以上のハムやソーセージが並んでいる。DLG国際食品品質協議会を3回連続金賞受賞(2012~2017年)している。今回は特別に工房に入ることが出来た。紹介されたのは、二代目ご主人の吉岡さん。ハムの作り方は、国産大豆100%の木綿豆腐を機械に入れ刻んでいく。その中に氷水を入れて伸ばしていく。そしてサラダ油とオリーブオイルなどを入れていく。最終的に固めるために卵白も入れる。その後、三種類のスパイスを混ぜて筒状の容器に入れていく。そこからスモークハウスにて四~五時間火を通し、一晩寝かして完成する。筒状のもの一本で約豆腐4丁分入っている。

キーワード
クロイツェルトーフハム吉岡学木綿豆腐町田市(東京)

ここからスタジオに切り替え。スタジオで実際に豆腐ハムを試食する。食べてみた感想は「豆腐と言われなければ分からない」といった驚きの声が聞こえた。お肉は、まったく入っていないとのことに皆が驚いた。場面は中継に変わり、今日は特別に、この豆腐ハムとトマトを使ったコロコロサラダを用意してもらった。リポーターが食べた感想を、ハムの香りもして美味しいと話した。今後の目標は雑穀などを使ったハムやソーセージを作っていきたいとのことだ。

キーワード
トーフハム吉岡有紀木綿豆腐町田市(東京)
日本勢3チーム 決勝T進出

アジアチャンピオンズリーグ2017グループステージ最終節に川崎Fと東方が登場。川崎はゴールラッシュをみせる。前半28分、ハイネルが先制点を奪うと前半45分にコーナーキックのチャンスに中村と谷口の連携プレーで1点を獲得した。2-0で迎えた後半4分、長谷川が3点目を決める。試合は4-0で川崎が快勝しグループステージ首位に立ち決勝進出を決めた。一方大阪は済州に2-0で敗れグループステージ敗退となった。

キーワード
アジアチャンピオンズリーグ2017ガンバ大阪ハイネル・サントス・ナシメント中村憲剛川崎フロンターレ東方体育会足球隊済州ユナイテッドFC谷口彰悟長谷川竜也香港(中国)
2026年W杯 アジア8枠決定

2026年サッカーW杯の出場枠が発表されアジアは8枠が決定し最大で9チームの出場が可能となった。

キーワード
FIFAワールドカップ 2026
YOSHIKI 緊急手術へ

YOSHIKIが頚椎の緊急手術を来週アメリカで行うことを発表した。約半年前から頚椎椎間板ヘルニアが悪化しており、YOSHIKIは「必ず戻ってくる」とコメントしている。

キーワード
YOSHIKIアメリカ頚椎椎間板ヘルニア
福士蒼汰(23) 共演者が総ツッコミ

福士蒼汰(23)主演映画「ちょっと今から仕事やめてくる」を紹介。きのうその完成披露試写会が行われ、出演者が登場した。映画タイトルにちなみ今やめたいことをそれぞれ発表、福士さんの発言に共演者から鋭いツッコミが浴びせられた。

キーワード
ちょっと今から仕事やめてくる 完成披露舞台挨拶小池栄子工藤阿須加港区(東京)福士蒼汰
お帰り天気
気象情報

日テレ・大屋根広場より中継。東京・渋谷、汐留のLIVE映像、熱中症情報、関東地方の気象情報を伝えた。

キーワード
日本テレビ大屋根広場汐留(東京)渋谷(東京)熱中症
1周回って知らない話

1周回って知らない話の番組宣伝。

そらジローあのね
夢があるよ

おとかちゃんは「大きくなったら目医者さんになりたい」、ゆみちゃんは「大きくなったらピアニストになりたい」、くららちゃんは「フィギュアスケート選手になりたい」と話した。

記者発
天皇陛下「退位」への思い

去年8月8日、国民に自らの思いを語りかけられた天皇陛下。「退位」を示唆するお言葉を多くの国民は驚きつつも共感を持って受け止めた。天皇陛下はいつから退位について考えられていたのか。24年前にその言葉を聞いたという天皇陛下のテニス仲間の織田和雄さん。織田さんは皇太子時代によくお宅を訪ねていた。そこで印象的な出来事があったという。織田さんは常に国民に心を寄せられる天皇陛下の姿を見てきた。1959年、初めて民間出身の皇太子妃誕生は世紀のご成婚と言われた。織田さんは両陛下の立役者、電話を取り次いでいたという。

キーワード
天皇の退位等に関する皇室典範特例法案天皇明仁生前退位皇后美智子

織田さんは「天皇陛下はウソのないことをおっしゃたと想像する、かっこいいことなんてとてもおっしゃらない。皇后さまはそこに強く打たれた部分がある。天皇陛下がイエスという言葉をいただきたいと強くおっしゃったということを初めて伺った」と話した。24歳のときの決断だった。以来お二人はつねに手を携え天皇としてのつとめに向き合われてきた。災害が起これば被災地を見舞い。国内外を問わず戦地を訪れ、慰霊を続け多くの人々の言葉に耳を向けられてきた。1993年の織田さんのメモには退位問題という文字があった。務めを果たしてこその象徴天皇、24年も前から考えてきていた。

キーワード
天皇の退位等に関する皇室典範特例法案天皇明仁生前退位皇后美智子

明石元紹さんは去年退位報道が出た直後に天皇陛下から電話を受けたという。明石元紹さんは天皇陛下のお気持ち表明後の直後の政府の検討は退位に向けての制度論ばかりになってしまったと残念に思っているとしている。笛吹雅子記者は「今回の取材を通して天皇陛下は長年、天皇のあり方を考え将来を考える中で天皇は高齢になった場合は退位がよいと考えられてきたことがわかった。しかし政府のこれまでの検討は退位を進める話が中心で天皇のあり方の議論は深まっていない。天皇陛下は政治の利害関係がない世代を超えた交流を続けるなど時の政府ではできない役割を果たされてきた。日本にとって皇室はどのような存在なのか、いま考える時期にきているのではないか」と話した。先月明石さんの元に皇后さまからお電話があったという。「お電話はご譲位のことではなく、東宮御所にリタイアなさってからもう1回昔みたいに僕らと馬をやりたいとおっしゃるんですけど」と話した。

キーワード
天皇の退位等に関する皇室典範特例法案天皇明仁生前退位皇后美智子
1 - 2 - 3 - 4

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.