[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「がん」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:45 - 6:00 テレビ東京
Eネ! (映画「湯を沸かすほどの熱い愛」)

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」のあらすじを紹介。銭湯を営む幸野家だったが、父親が1年前に蒸発し休業状態。学校でいじめを受けるも、気弱な性格のため耐えることしかできない娘・安澄。母・双葉はそんな安澄を優しく支えていた。そんなある日、双葉は余命2ヵ月の末期がんであることを告げられる。双葉は家族のため、家出した夫を連れ戻して銭湯を再開すること、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることを決意。そして、死を前に母親として強く生きようとするのだ。そんな双葉の熱い愛を受け、残される家族は最高の愛の形を紡いでいく。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月17日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
働いている時にがんになった人が休職したり、仕事の量を抑えたりした影響で、年収が平均で2割減少していることがライフネット生命保険の調査で分かった。また、収入が減ったことで、2人に1人が「医療費」「生活費」に困ったと答えたほか、子供のいる家庭では4割が「教育費」に困ったと答えていて、病気による深刻な打撃が浮き彫りとなった。

2017年8月13日放送 21:50 - 22:40 NHK総合サンデースポーツ(プロ野球)
セ・リーグ5位の中日と6位のヤクルトがナゴヤドームで対戦。長女をがんで亡くした中日の森監督は通夜に出席するために試合途中で球場をあとにした。ゲレーロや福田永将がホームランを放った中日が7-2で勝利した。

2017年8月13日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(特集)
社会人野球クラブは全国261チームあり、企業チームと違い部員の会費・後援会・自治体の支援などで運営。社会人野球クラブ「リベンジ99」部員は19~36歳までの約40人。建築会社に勤める森拓也選手34歳はチームで2番目のベテラン。17年前の夏の甲子園で森さんは4番バッターとして決勝の舞台に。3安打打つも準決勝に。それでも高校日本代表に選ばれ、卒業後はプロ入りを希望していた、しかし、プロからの指名なし。そのショックから進学先の野球部を半年で辞めた。学校も中退。プロを目指す道を自ら閉ざした。そんな時、知り合いに紹介されたのがリベンジ99だった。野球人生に躓いた森さんに監督の浅古さんはチームが大切にしているモットー「どんなに努力しても報われない事がある。心のやり場がなく、他人や環境のせいにしたりもする。でもそれがどうした?そこからがスタートだ。」など伝えた。
チームメイトは皆野球で挫折を味わった人達。森さんは居場所を見つけた。再び野球に向き直った森さん。しかし入部から5年の24歳で精巣がんを発症。落ち込む森さんに監督の浅古さんは「逆境に立たされたとき、そこからがスタートだ」などチームのモットーの意味を説いた。浅古さんは「常に再チャレンジになるわけですよ。試練を乗り越えて人間は成長していくものだと思う」など述べた。チームはこの夏開催の「全日本クラブ野球選手権大会」に東京都予選を勝ち抜き、関東予選へ。突破すれば全国大会出場に。森さんにとって青春時代へのリベンジとなる。関東予選1週間前、最終調整として行われた練習試合。しかし、4番を任された森さんの調子が上がらない。5打数ノーヒットで2試合連続ヒットなし。関東予選3日前、病院を訪れた森さんは年に1度の定期検診を受けた。今もがん再発リスクと戦っている。
検査の結果、がんの転移はなかった。森さんは野球を続けられる喜びを噛み締めていた。27歳で結婚した妻の愛さんは森さんの同級生。4年前には長女の七夏ちゃんも生まれた。家族との時間を犠牲にしながらも全国大会出場を目指す森さん。愛さんも思いは同じ。食事後の森さんは黙々とバットを降り続ける。「背負っておるものが違うんだぞっていうぐらいの気持ちで臨みたい。今大会で全国行って、仮に自分のバットで全国に行きたければ何かまた違う世界が見えてくるんじゃないかな。」など述べた。先月29日の関東予選当日、2連勝すれば全国大会出場可能に。第1試合の相手は全国制覇10回の強豪。森さんはタイムリーツーベースなど決め、2-1でリベンジ99の勝利。第2試合、相手チームに5点をリードされるなどの展開。7-2で初の全国大会出場は叶わず。監督の浅古さんが伝えたのは「人生の中に逆境もたくさんあるから、ここでもう一度挑戦することによって幸せな未来を勝ち取ってくれ」などのモットーだった。森さんは「挑戦し続ける限り敗者ではない。来年もやろうって思っている」など述べた。森さんは試合に敗れた4日後から練習を再開。夏休みの間はこれまでにできなかった家族サービスもしてあげたいと述べていた。

2017年8月12日放送 15:00 - 16:30 TBS秘密 〜いま明かされる4の真実終戦72年特別番組 “秘密” いま明かされる4の真実
ネバダ核実験場の東にあたるユタ州セントジョージは、“風下の人々”と呼ばれている。クレイブ・ブース医師は、核実験中にここに住んでいた人の発がん性や死亡率が高い、核実験が始まってからがんになる人が増えていったと主張した。セントジョージには山を越えて放射性降下物“死の灰”が雪のように積もることもあったという。人口の多いラスベガスの方角に風が吹くときは核実験が行われなかった。
そのことは当時、住民には秘密にされていたという。住民のクラウディアさんは、きのこ雲を家族で見て、歴史の一部に参加できることに誇りにも思ったというが、姉ががんで死亡、その子ども6人中5人もがんなり、クラウディアさんの娘も白血病になり6歳で亡くなった。クラウディアさんは、あれから30年たった、まだつらいわ、政府がやったことは醜悪などと話した。アメリカは1990年に放射線被ばく補償法を制定した。

2017年8月12日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日週刊ニュースリーダー(ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝)
「N-NOSE」はがんステージ0・1という超早期から判別することが出来る。いずれはがんの箇所も判別できるようになり、3年後には実用化できるとのこと。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.