[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「がん」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:45 - 6:00 テレビ東京
Eネ! (映画「湯を沸かすほどの熱い愛」)

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」のあらすじを紹介。銭湯を営む幸野家だったが、父親が1年前に蒸発し休業状態。学校でいじめを受けるも、気弱な性格のため耐えることしかできない娘・安澄。母・双葉はそんな安澄を優しく支えていた。そんなある日、双葉は余命2ヵ月の末期がんであることを告げられる。双葉は家族のため、家出した夫を連れ戻して銭湯を再開すること、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることを決意。そして、死を前に母親として強く生きようとするのだ。そんな双葉の熱い愛を受け、残される家族は最高の愛の形を紡いでいく。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
株式会社ジャパンミートの食品部長の男ら3人が医薬品医療機器等法違反の疑いで書類送検された。食品部長らは、医薬品として許可されていない水素水を根拠のない効能うたい店に陳列したとしている。「がんや動脈硬化などの原因になる悪玉活性酸素を体外に排出する」などと店内の広告でうたっていた。

2017年6月27日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブルANN NEWS
ジャパンミートの食品部長の男ら3人は医薬品として国の許可されていない水素水を根拠のない効能をうたい店に陳列した疑いで医療機器法違反の疑いで逮捕された。男らは「がんや動脈硬化などの原因になる悪玉活性酸素を大概に排出する」などと医薬的な効果があると店内の広告でうたっていた。

2017年6月27日放送 8:00 - 9:55 TBSビビット人生シリーズ
森昌子さんは、結婚後、三児の母になり、スパルタな子育て方法も話題になったが、孤独な少女時代や離婚、がんなど順風満帆ではなかった。内気な子供で、歌を初めて覚えたのは3歳のころ。心臓が弱く、寝たきりの母親の為だという。母親の枕元でいつも歌い、近所でも評判がよかった。転機が訪れたのは、13歳の時、叔母の推薦で歌手新人発掘番組に出演し、圧倒的歌声で、歌手デビューを果たした。デビュー曲のせんせいは大ヒットし、華々しく活躍する一方、美空ひばりさんから歌のレッスンや礼儀などを直接学んだという。森昌子さんのデビュー5周年記念番組でのゲストにも美空ひばりは登場し、若くして芸能界に身を置いた2人には通じ合うものがあったという。
国民的スターの階段を駆け上がった森昌子さんだったが、人気絶頂のなか、27歳で結婚、引退を発表した。その後、3人の子供にも恵まれ、長男はONE OK ROCKのボーカルとして活躍している。森昌子さんは、スパルタ教育でもしられ、兄弟でも会話は敬語、さらに箸の持ち方を覚えるまで輪ゴムで縛るなどしていた。それは、一人で生きていく力をつけてほしかったからだという。
2005年に森昌子さんは離婚し、生活費を稼ぐために引退から20年後に復帰した。 復帰を後押ししたのは、3人の子どもたちであると話した。私には歌しかないと歌への思いを胸に第二の歌手人生を歩み始めた。多くのファンに迎えられ歌手として輝き始めた矢先、がんの宣告を受けた。宣告を受けた後、引きこもりがちになり、自宅のベランダから身を乗り出そうとしたこともあったという。森昌子さんは部屋から聞こえる息子の声にこんなことをしてはいけないと我に返ったという。闘病から7年、年間50回以上のコンサートを行っている。彼女は今、喜劇にもチャレンジし、森昌子さんは、今までやったことのなかった分野なので思いっきりはじけてやってますなどと話した。

2017年6月27日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライトマイクロスコープ
ノーベル賞の活動家 末期がんで入院

2017年6月26日放送 21:00 - 22:54 日本テレビ小林麻央さん追悼番組〜優しく強く生きた34年〜小林麻央さん追悼番組〜優しく強く生きた34年〜
小林麻央さんは故郷、新潟で中越地震の被害から立ち上がろうとする人々を取材した。地震で大打撃を受けた旧山古志村のニシキゴイ産業。養殖業者の田中重雄さんも多くのニシキゴイを失った。しかし生き残った貴重なニシキゴイを元に養殖を再開した。一昨日、田中重雄さんの元を再び取材した。生け簀には10年前に麻央さんが見せてもらった鯉もいた。麻央さんの印象について田中さんは「新潟の生まれという事で新潟の思いを思ってくれてる。地元を応援してくれてるんだっていう気持ちが取材の時も感じたし助かってもらいたい思いがあった」と話した。妻・悦子さんは取材んお約1年前、乳がんのため右の乳房を全摘出していた。
2009年、麻央さんは北海道・釧路市で野生動物の保護活動をしている獣医師・齊藤慶輔さんを取材。麻央さんは北海道に140羽しかいないシマフクロウをたまたま見る事ができた。そして傷ついたハヤブサを里に還す瞬間を見ていた。あれから7年半あまり、齊藤慶輔さんと共に麻央さんが取材した森に入った。齊藤さんは麻央さんの印象について「治療した後、野生に戻すハヤブサをご覧になった時に感動されてたって事、もう一つはこういう森をご案内した時に25年近くこの仕事やってますけど実際取材いただいてる方をご案内して実物のシマフクロウをご覧いただく機会って奇跡的だと思う。最初で最後です、何か持ってる方だなと思ってます。興奮してるところを見て人間味あふれる方だな」と話した。
麻央さんは多くのがん患者を取材し予防啓発に力を入れていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.