[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「くる病」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

アニメ「アルプスの少女ハイジ」のストーリーで印象的だった足の不自由な少女クララが自分の力で立ち上がることが出来た名シーンで、クララが立てたのは今回の栄養素のおかげだという説がある。足が不自由なクララの設定は当時ヨーロッパの子どもたちに流行していたくる病。その病気はビタミンDが不足する事で起こっていた。ビタミンDで最も有名な健康効果は骨を丈夫にする事で小学校で配られていた肝油はそのビタミンDを補強するためのものだった。
ビタミンDは紫外線を浴びると肌で作られるが、医学的には食べ物からの摂取が重要視されている。スタジオに老化を医学的に研究している日本抗加齢医学会の理事をしている太田博明先生が登場。ビタミンDは4番目に発見されキクラゲ、干しシイタケ、マイタケなどのキノコ類、あん肝、しらす干し、いわし丸干しなどの魚介類に多い。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月19日放送 4:20 - 4:30 NHK総合視点・論点乳幼児に危険な食べ物
著書に「幼児の食生活 その基本と実際」がある東洋大学非常勤講師の太田百合子が「乳幼児に危険な食べ物」について解説。「子供の健康を守るための衛生管理」について紹介。赤ちゃんは細菌に対する抵抗力が弱いために、衛生管理が重要。哺乳瓶を使う時には、少なくとも3ヶ月から4ヶ月ごろまでには消毒して常に清潔にする。離乳食は腐りやすいので、残った離乳食は与えない。
太田百合子が「乳幼児に危険な食べ物」について解説。「発達に合わせた食品選び」について紹介。与える量に気をつけたい食品は、食物繊維の多いものなどの消化に悪いもの、練りもの漬物などの油脂調味料食品添加物を多く含むもの、生卵や刺し身など生もの、緑茶やウーロン茶などのカフェイン。
太田百合子が「乳幼児に危険な食べ物」について解説。「病気を予防するための知識」について紹介。乳児ボツリヌス症対策としてはちみつと井戸水は1歳まで使用しない、食物アレルギー対策として卵や乳製品などは慎重に始める、鉄欠乏性貧血対策として牛乳は1歳まで飲ませない、くる病対策として授乳中はバランスのとれた食事をとる。

2017年5月16日放送 19:00 - 19:54 テレビ朝日林修の今でしょ!講座医師100人が選ぶ体に良い夏野菜ベスト5
えだまめの凄さはタンパク質で筋肉を増強し夏バテ予防になる。今の日本人のタンパク質摂取量は1950年代とほぼ変わらないという。糖分と炭水化物をとりすぎているという。ビタミンB1はえだまめ100グラムでにんにく2.5個分あるという。えだまめは若い豆で成長するために必要な栄養を含んでいる。調理法の塩ゆでは栄養素も旨味も水に溶けだしてもったいないという。
えだまめの栄養素を最大限引き出す方法はA炊き込みご飯Bかき揚げにする。Aが正解だった。水に溶けた栄養素を米が吸収するという。加熱されることで甘みが増すという。えだまめの栄養素もを最大限引き出す食材はA鮭、Bチーズ。正解はAだった。鮭にはアスタキサンチンが豊富で鮭は白身魚だが川を登るストレスに勝つためエビを食べてアスタキサンチンを作るという。アスタキサンチンはビタミンCとくらべて抗酸化力が6000倍あるという。
えだまめと鮭の炊き込みご飯が効率がいいという。ママドクターが伝えたい深刻なビタミンD不足がありくる病になる子どもが急増しているという。くる病は戦前の病気だと知られているが過度の紫外線対策をし、ビタミンDを含む食材を取らない場合になるという。飽食の時代と言われるがカロリーが増えているだけだという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.