[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「さいたま市(埼玉)」 に関するテレビ情報

2017年3月14日放送 19:00 - 20:54 フジテレビ
実録!金の事件簿こんな奴らは許さない! 実録!金の事件簿こんな奴らは許さない!

さいたま市の岩槻駅前。車から次々と降りてきた人を、緑色の作業着を着た男が誘導していた。その先には、岩槻区役所があった。誘導された人々は会議室へ。この日は、生活保護費の受給日だった。この会議室で、生活保護費が手渡されている。生活保護費を受給された人々は、柱のそばに立っていた男に生活保護費を手渡していた。封筒の名前と金額を読み上げながら、男はその後ろに立っていた別の男女に封筒を手渡していた。
集団が乗り込むと、バスは出発した。バスの後を追うと、東京・足立区にある「宗永寺」が運営する宿坊施設があった。宿坊施設を張り込むと、男性たちが列になり一人ずつ小さな建物の中へ。すると、男性たちは1000円札を持って出てきた。
施設にいたことがあるという男性によると、男性は突然男から「施設に入れば寝る所も食べるものもある」と声をかけられ、施設の入所契約書にサインしたという。しかし実際の暮らしは、3畳1間に布団とテレビがあるだけだった。収納もなく、冷暖房もなかった。施設では生活保護費13万円を全額預かり、その中から部屋代4万7700円、光熱費9000円、生活消耗品費6000円、管理費3000円、食事代3万円を天引き。残る3万4300円を、入居者に一日1000円ずつ返金していた。この問題に取り組む弁護士は、「弱みに付けこんで暴利を貪る貧困ビジネス」と話した。
施設を運営している宗教法人は、さいたま市内に5つの施設を建設し、373人を入居させている。宗教法人は、単純計算で年間4億2500万円を荒稼ぎしているとされる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月24日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
東京五輪では40の競技会場のうち約4割が東京都以外にある。東京都以外の24の自治体にアンケートを行ったところ、課題として多かったのが輸送、その次に多かったのはボランティアだった。去年のリオデジャネイロ五輪では5万人のボランティアが参加していた。東京大会でも多くのボランティアの活躍が期待されている。さいたま市ではこれまで数々の国際的スポーツ大会を開催してきた経験がある。学生からお年寄りまで多くの市民が大会の運営をサポートしていた。サッカーとバスケットボールの2つの競技が行われるさいたま市。さいたま市は会場周辺で活動するボランティアがのべ3000人必要と見込んでいる。課題は人数の確保だけではない。改善する点がたくさんあった。「ボランティアリーダー」の質をいかに高めるかが課題。ボランティア経験があり、東京五輪でボランティアリーダーとして期待されている水野遥夏さん。同じ目線から指示を出すリーダーの役割が重要と考えている。さいたま市は競技団体・観光ガイドの団体に呼びかけ、150人のボランティアリーダーを育成する予定。

2017年7月24日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
さいたま市大久保浄水場も使用している関東の水がめと呼ばれる荒川水系では、23年ぶりに取水制限が20%に引き上げられた。埼玉県庁でも水の節制を呼び掛けており、埼玉秩父市にある浦山ダムではここ数日で毎日約32cmずつ低下していると云われている。荒川ダム総合管理所の尾島知第一管理課長によると、「8月は雨が平年並みか少なめの予報がでているので、取水制限20%で不足の場合は次はどうするのか、繰り上げられる場合もある」という旨のコメントを述べた。また、農作物にも影響がでており、埼玉県深谷市にある深谷観光ぶどう園では6月にほとんど雨が降らなかった為、一部ぶどうの粒が小ぶりになる現象が起きた。さらには埼玉県長瀞町の観光名物である長瀞ラインくだりにおいても、「これ以上水位が下がると遊覧船に切り替えたり、急流ポイントを通過しないコースに変更する可能性もある。観光客のピークである8月の営業が心配だ」等と関係者は述べた。

2017年7月23日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
NHKが東京都以外の自治体に対してアンケートを行ったところ、情報不足で準備に不安を抱いていることがわかった。伊豆ベロドロームでは自転車のトラックレースが行われている。東京大会での課題は、選手や観客の輸送だった。最寄り駅から会場までのルートがキアmっていない。伊豆市は、拡幅工事を計画している。観光シーズンで渋滞に拍車もかかるのではないかと心配している。更に、選手の宿泊施設も決まっていない。アンケートの結果、2番目に多い課題はボランティアだった。さいたま市ではボランティアのべ3000人の確保とリーダーの育成が課題となる。組織委員会は、これから十分に行き届くようにしたいと言った。

2017年7月22日放送 18:45 - 18:53 NHK総合首都圏ニュース(ニュース)
関東地方は館林市で36.2℃、熊谷市で36.1℃を記録するなど、内陸を中心に猛暑日になった。藤沢市の片瀬海岸の海水浴場で男性が溺れ、意識不明の重体。明日も暑さが続き、東京都心や千葉市で32℃などの予想。気象庁は熱中症に十分注意するように呼びかけている。また、急な激しい雨による浸水・落雷・突風に注意すうよう呼びかけている。

2017年7月22日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
関東・関西などでは梅雨明けとなり暑い日が続き熱中症になる人も増えているが関東では水不足となり取水制限も行われている。18日には都内で突如激しい雨となり雹も降る状況となった。だがそれ以外では連日暑い日が続いていて、17日の葛西海浜公園などでは多くの人で賑わっていた。この日は35.0度の今年初の猛暑日になったがおとといも暑さを凌ぐため都庁前では小池知事自ら打ち水のパフォーマンスもしていた。だが関東では水不足の懸念から昨日さいたま市では取水制限も行われ、秩父市の荒川水系では貯水量が6割りまで減少しているという。
だが北海道や東北では局地的が豪雨となっていて、17日には小樽市の町中でも道路に水が溢れ出す状況となっていた。1時間に約80ミリの雨が降り秋田・三種町などでも影響がでていたが、今年の梅雨前線は幅が狭いため局地的が大雨はあるが広域の雨は少ないという。特に海水温に特徴があるといい、去年の海面水温を表した図で解説したが30度の範囲が広がっていた。こうした影響かサンゴの死骸の面積が6割り増えたということで環境省提供の写真が流れたが同じ石垣島近海で去年9月はサンゴがびっしりいたのに今年7月はほとんど見かけない状況になっていた。又、去年はエルニーニョの影響でサンゴの死滅が多く、長崎・対馬豊玉町沖を去年12月に撮影したものでもやはりサンゴが壊滅していて、今年はこれより更に増加が懸念されているという。そして都内で降った雹だがこれも海水温が高くなり水蒸気が増加した影響とみられ、今年の夏は猛暑に加え豪雨などもあることから注意が必要としていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.