TVでた蔵トップ >> キーワード

「じゃがいも」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

血管の中を流れる血液の映像を見てみると、増えすぎた糖分で血液がドロドロになっていた。これが健康寿命をおびやかす高血糖という状態。高血糖は食べ過ぎや運動不足によって糖分が血液中に過剰にあふれている状態。放っておくと血管の内側が傷つき血管の老化が促進される。その結果、心筋梗塞などを引き起こし生死に関わる場合も少なくない。こうした高血糖状態の日本人は約2000万人、6人に1人、60代以上は3人に1人の割合でいる。全身の血液量は約4リットル。そこに含まれる糖分の量は健康な人の場合、角砂糖1個分(約4g)。糖尿病(II型)になると糖分は角砂糖1個半(約6g)まで増える。このわずかな量が身体に大きな悪影響を与えてしまう。糖分は米や食パンなど炭水化物に多く含まれる。血糖値を上げないためには糖分が多いものを食べ過ぎない、ゆっくり食べる、野菜から食べる、運動をするといった方法が推奨されてきた。だが、これらの方法に頼らず誰でも持っている遺伝子で血糖値を改善する最新の方法がある。それが高血糖ストップ遺伝子。
ウィスコンシン州にあるウィスコンシン大学医学部は血液をサラサラにする薬「ワーファリン」を作りiPS細胞やES細胞など再生医療研究で医学賞を多数受賞するなど医学の分野で世界をリードしている。この大学の研究チームでは合計76匹のサルを2つのグループに分け普通に飼育したサルともう一方は高血糖ストップ遺伝子を活性化して育てた。研究がスタートしたのは28年前。普通に飼育したサルはほとんどが高血糖で27歳のオス、マチアス君は歳のせいで毛並みもぼさぼさで覇気がない。高血糖ストップ遺伝子を活性化させたグループは血糖値はほとんど上昇しておらず30歳のオス、ルディ君は年上にもかかわらず毛並も立派で表情も凛々しく食欲旺盛。動きも活発だった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月20日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!MOCO’Sキッチン
食感がアクセントの一風変わったドレッシングを紹介。きゅうりを乱切りにし、紫玉ねぎ・トマトをカット。その中にもやし・ブロッコリー・ピーナツ・パクチー・じゃがいもを入れる。ドレッシングは赤唐辛子・イタリアンパセリ・ピーナツ・塩・こしょう・ライム・白ワインビネガー・ナンプラー・オリーブオイル・はちみつを加えてミキサーにかける。先程の野菜を盛り付け、ドレッシングをかけたら完成。じゃがいもは少し潰してドレッシングを絡みやすくするのがポイント。はちみつは辛さと酸味に甘さを加え、味のバランスをよくしてくれる。ピーナツはある程度、形を残し食感を生かすと良い。

2017年9月19日放送 11:40 - 12:40 テレビ東京昼めし旅(神奈川県伊勢原市)
神奈川県伊勢原市でご飯調査を行う。午後12時に谷本康範さんのお宅に伺った。収穫した野菜はガレージに保管する。タマネギを吊るして保管している。ガレージには2台のバイクがあった。奥さんとはバイクで知り合った仲だという。今でも月に一度はツーリングをしている。

2017年9月17日放送 11:25 - 11:55 テレビ東京男子ごはん(男子ごはん)
ローストチキンのポイントはジャガイモを鍋底に敷き丸鶏が焦げるのを防ぐ。ニンニクや塩を強めに味付けするのがポイント。丸鶏(1.5~2kg)の外側にオリーブ油(大さじ2)をかけ擦り込む。丸鶏の外側に塩大さじ1/2を擦り込む。内側は塩、オリーブ油を擦り込む。外側にナツメグ(小さじ1/2)、クミンパウダー、ガーリックパウダー(各小さじ1)を擦り込む。丸鶏の中に半分に切ったにんにく3片を入れる。タイム(3~4本)ローズマリー(2~3本)を丸鶏の中に詰める。じゃがいも(600g)は皮付きのまま縦4~5等分に切る。丸鶏の外側に黒こしょうを振る。ダッチオーブンにオリーブ油をたっぷり引く。じゃがいもの皮を下にしてダッチオーブンに敷くのがポイント。丸鶏を加えて、タイム(3~4本)ローズマリー(2~3本)を挟む。皮付きのまま横半分に切ったにんにく1個を加える。ダッチオーブンの蓋をして火にかける。ジュージュー音がしてきたら火元から30cm程離す。蓋の上に炭を置き、30~40分加熱する。

2017年9月16日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーモッチーのよくばりエンタ
カルビーの新商品発表会が行われた。去年の被害でじゃがいもが不作となったが、今年は収穫も順調。ポテトチップスも続々と復活している。カルビーのポテトチップスの味は、年間何種類発売されるか?およそ100種類だ。松崎しげる監修の黒井ポテリッチ黒胡椒味が発売された。47都道府県 地元ならではの味をポテトチップスで再現。「♥JPN」プロジェクト「第1弾17道府県の味」一斉お披露目会も行われた。福島県の味は、いかにんじん味。来週月曜から17種類が発売される。お菓子勉強化の松林千宏さんは、指に香りがついてしまうので、箸でポテチを食べる。袋のデザインも、楽しみにしているという。

2017年9月14日放送 21:00 - 21:54 テレビ東京和風総本家秋の北海道を支える職人たち
秋に旬を迎える野菜に欠かせない物 何を作っている職人さん?穴を空けたステンレス板が丸められる。重要なのは穴のバリ。高さは0.05mm。7300個の穴にバリが施されている。他のパーツと組み立てた2本を機械にセット。作っていたのは回転させてつかうパーツでそこに持ち込まれたのはじゃがいも。機械にいれ作動させると、機械から出たじゃがいもは芽を残して皮が向けていた。職人さんが作っていたのはじゃがいもの皮を剥くためのドラム。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.