[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「じゃがいも」 に関するテレビ情報

2017年5月16日放送 19:54 - 21:48 テレビ朝日
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 健康寿命をのばす最新!2つの老化ストップ法

血管の中を流れる血液の映像を見てみると、増えすぎた糖分で血液がドロドロになっていた。これが健康寿命をおびやかす高血糖という状態。高血糖は食べ過ぎや運動不足によって糖分が血液中に過剰にあふれている状態。放っておくと血管の内側が傷つき血管の老化が促進される。その結果、心筋梗塞などを引き起こし生死に関わる場合も少なくない。こうした高血糖状態の日本人は約2000万人、6人に1人、60代以上は3人に1人の割合でいる。全身の血液量は約4リットル。そこに含まれる糖分の量は健康な人の場合、角砂糖1個分(約4g)。糖尿病(II型)になると糖分は角砂糖1個半(約6g)まで増える。このわずかな量が身体に大きな悪影響を与えてしまう。糖分は米や食パンなど炭水化物に多く含まれる。血糖値を上げないためには糖分が多いものを食べ過ぎない、ゆっくり食べる、野菜から食べる、運動をするといった方法が推奨されてきた。だが、これらの方法に頼らず誰でも持っている遺伝子で血糖値を改善する最新の方法がある。それが高血糖ストップ遺伝子。
ウィスコンシン州にあるウィスコンシン大学医学部は血液をサラサラにする薬「ワーファリン」を作りiPS細胞やES細胞など再生医療研究で医学賞を多数受賞するなど医学の分野で世界をリードしている。この大学の研究チームでは合計76匹のサルを2つのグループに分け普通に飼育したサルともう一方は高血糖ストップ遺伝子を活性化して育てた。研究がスタートしたのは28年前。普通に飼育したサルはほとんどが高血糖で27歳のオス、マチアス君は歳のせいで毛並みもぼさぼさで覇気がない。高血糖ストップ遺伝子を活性化させたグループは血糖値はほとんど上昇しておらず30歳のオス、ルディ君は年上にもかかわらず毛並も立派で表情も凛々しく食欲旺盛。動きも活発だった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 8:30 - 9:00 テレビ東京しまじろうのわお!(知育コーナー)
じゃがいも・にんじん・たまねぎの順に並んでいる。じゃがいもの次は?にんじんとたまねぎ。

2017年5月25日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!きょうの現場
東京・練馬区のスーパーアキダイから中継、野菜や魚の値段について秋葉さんに伺う。バナナは高騰しているがお客さんのため安めにしているがそろそろ限界だという。輸入物の果物が値上がりしていて、以前5個で480円くらいだったが今は4個で780円となっている。世界的な異常気象で値上がりしているという。また、1株100円ほどだったブロッコリーが先月158円に上がっていて、今日は198円になっていた。ブロッコリーは特に乱高下が激しい。今のオススメはフルーツトマトだという。試食した川添さんは、甘いなどとコメント。この時期は美味しくて値段も安いという。今日安いのは葉物野菜で、チンゲンサイは1袋58円など。春低温で少なかったものが暖かくなり一気に出たがずっと安いわけではないという。じゃがいもは以前北海道のものが出ていたが終わり静岡県産の男爵いもが出ている。じゃがいも不足で高値だったがこのじゃがいもは平年と変わらない価格帯となっている。
先月はスルメイカが記録的不漁で仕入れができず、ポテトチップスも品薄状態だった。今日はスルメイカの入荷はなくスミイカを販売している。イカはこれから一番獲れる時期が来るのでこれから店頭に並ぶチャンスはある、去年はこの期間が漁獲量が少なくイカ不足に悩まされたがこれから3、4か月の間に収穫されれば解消されると思われる。ポテトチップスはまだ入荷量がないという。かなり食卓に影響があるなどと話した。

2017年5月23日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(特集)
ポテトチップスの作りかたを紹介。皮を剥いたジャガイモをスライサーで薄くスライスし、水で洗ってキッチンペーパーで水気をよく切り170度の油で揚げる。ジャガイモの周りにある泡がなくなることが、揚げるポイント。あとは、塩、青のり、粉末こんそめをそれぞれ袋に入れて味をなじませれば完成。この時季は、「新じゃが」と呼ばれまさに旬なため、他のレシピも作ることに。

2017年5月21日放送 11:25 - 11:55 テレビ東京男子ごはん(男子ごはん)
「茹でじゃがいものフレッシュトマトチーズソース」を調理。じゃがいもは皮を向いてカットしてから下茹でをして、粉ふきいもして潰す。フライパンにバターを熱し、薄力粉を入れて弱火で炒める。牛乳を少しずつ入れてとろみがでたらクリームチーズ、塩、胡椒を入れる。トマトを半分を合わせたらソースが完成。

2017年5月18日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!薬丸キッチン
「そら豆のニョッキ 焦がしバターのソース」を調理。そら豆は5分ほどゆで皮をむいておき、じゃがいもは皮をむき2cm角に切り8分ほどゆでておく。これらを裏ごしし、卵黄、強力粉を加え軽く練り、生地を2cm幅の棒状に伸ばし、2cm幅に切る。生地を丸めニョッキの板に生地を押し付け、溝をつけながら丸める(板がない場合はフォークなどで)。お湯を沸かし、塩を加えできあがったニョッキをゆで始める。バターを加え中火で熱し、色づき始めたらニョッキの茹で汁を入れる。茹であがったニョッキも加え、ソースの濃度を調整し、塩で味を調える。皿に盛り付け、パルミジャーノレッジャーノをふりかけて完成。詳しいレシピは番組ホームページへ。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.