[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「タバコ」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 20:00 - 22:48 テレビ東京
主治医が見つかる診療所 10歳若返るぞ!プロジェクト第5弾 糖と油を上手に摂って若返ろう!

芸能人の糖の摂り方をチェック。深刻度2位はカンニング竹山。普段の食生活を公開。ある日の夕食は後輩芸人と焼き肉、大好きな酒も摂取。主食の重ね食べ、早食いなどをする竹山の血液に見つかった問題は中性脂肪。中性脂肪は糖の摂取で最も上がる。岡部医師は脂肪肝、肝臓がんの原因になる、動脈硬化を進める。
カンニング竹山の中性脂肪の数値は489で基準値の3倍以上。竹山の血液は乳び血清。上山医師はタバコで血管が細くネロネロの血液は通りづらいと指摘した。岡部医師は炭水化物は糖になり中性脂肪に変わる、主食の重ね食いはいけない、アルコールも中性脂肪になると説明した。姫野医師は早食いは血糖値をあげ糖化を起こす原因、タバコは糖化した物を体に入れているようなものと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月19日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
中村獅童は直筆FAXにて毎年定期的に受けている人間ドックの中で初期の肺腺がんが判明。今見つかったのが奇跡的と言われるほどの早期発見などと伝えている。健康診断と人間ドックの違いは、健康診断は年1回以上で国が義務付けている。メリットは費用は国が負担し自治体も助成金を出している。デメリットは検査項目が少ない。人間ドックは法的定義はなく、任意で受診できる。メリットは検査項目が多く目的に合わせて選べる。デメリットは健康保険対象外が多く、費用が高い。10万円を超えるケースも珍しくない。
複数のがんのリスクを知る新検査法「アミノインデックス」は7種類のがんが分かる血液検査で、味の素が開発。全国1000ヶ所以上で検査可能で、アレルギー有無など簡単な問診と約5mlの採決だけ。検査で分かるがんの種類は、男性は肺、胃、大腸など。女性は乳腺、子宮、卵巣など。結果は2週間後にA~C ランクで判定。費用は約2万円。また、近藤慎太郎が勧める主ながんの受診頻度は、肺がんは3年に1回、肝がんは年1回、大腸がんは5年に1回など。「60 代超えたらがんの発見件数も多くなる。あとはピロリ菌がいるのか、たばこを吸うのか。そういったことによりそれぞれのがんのリスクの度合いが違ってくる。自分はここがリスクが高いと認識した上で検査はきちんと受けるという方が良い」など近藤は述べた。また、東京・豊島区では肺がん検診・胸部CT検査が40歳以上で無料と東京都では唯一。品川区では乳がん検診・マンモグラフィー+超音波が両方1000円で受けられる。お住いの各地域では調べると無料検診サービスを行政が負担してくれることが多い。

2017年5月19日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
歌舞伎俳優・中村獅童が肺腺がんを患っていることを公表。肺腺がんとは全体6割ほどを占めるポピュラーなタイプの肺がん。肺の末端部分にできるがんで、年齢・性別関係なく発症の可能性がある。専門家は「たばこだけが肺腺がんの原因ではなく、女性でもたばこを吸わない人もたくさんなる。食事の影響、塩分とか動物性脂肪タンパクが多い食事。そういった食生活と関係している」など指摘する。獅童と同じ早期発見された肺腺がんのCT画像では、直径約1.3cmの肺腺がんを確認。この程度であれば手術後約10日で退院できる。初期段階の再発率は2、3割。5年生存率は約7割。獅童は6月、7月の舞台を休演。入院し療養生活へ。

2017年5月18日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
マンションや団地のベランダからたばこを吸うホタル族。たばこの火がホタルの光に見えることからそう呼称される。そのベランダ喫煙に待ったをかける動きが。ホタル族の喫煙に悩む人々が被害者の会を発足。被害者団体「近隣住民受動喫煙被害者の会」はマンションは部屋が隣接しているためダイレクトに煙の被害を受けるため、ベランダ喫煙を禁止することを目的に条例を厚労省・国交省に申し入れ。あるマンションに住む被害者のAさんは下階のたばこの煙に苦しめられ、受動喫煙症に。専門家によると、初期症状は急性の受動喫煙症と言い、煙を吸うとのど・鼻・せき、場合によってはめまいや吐き気なども生じる。だんだんと慢性的症状となり、大きな病気だと肺気腫・ぜんそく・脳梗塞といったもののリスクが高まる。ホタル族のたばこの煙はどこまで広がるのか、番組は喫煙者の部屋の隣と上階にスタッフ3人を配置。においを感じた時点で手を挙げる検証をした。

2017年5月16日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
日本では受動喫煙が原因で年間推計1万5000人が死亡。男性が4523人、女性が1万434人。近隣住民受動喫煙被害者では全国で一定程度の会員が集まり次第人権救済を申し立てていくとのこと。ベランダ喫煙禁止法の制定を厚生労働省・国土交通省へ働きかける。さらに近隣住宅での受動喫煙を防止する条例の制定を各自治体に求めていく方針。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.