TVでた蔵トップ >> キーワード
ふるさと納税

2011年6月9日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ

ZIP! アレナニ?

東日本大震災をうけて、被災した3県へのふるさと納税額が急増。
ふるさと納税とは税金を納めることではなく、自分の好きな自治体に寄付を行なうことを意味し、5000円を超えて寄付をした場合には住民税や所得税の控除対象となる。
義援金は最終的に被災者の手元に届くのに対し、ふるさと納税は自治体に届けられるなどの差がある。
スタジオに3県の、ふるさと納税申込用紙を拡大したものが登場し、どのような手続きでふるさと納税が可能なのか?の説明が行なわれた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2016年2月5日放送 10:00 - 10:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
政府は今日の閣議で、地方創生に取り組む自治体に寄付をした企業の法人住民税などを軽減する企業版の“ふるさと納税”制度を新年度から導入することなどを盛り込んだ地域再生法の改正案を決定した。さらに、「ついの住みか」地域共同体の整備へ向けて、自治体の手続きを簡素化する特例措置を講じることも盛り込まれている。政府は地域共同体の改正案をいまの国会に提出し、来月中の成立を目指す。

2016年2月2日放送 8:00 - 9:55 TBS白熱ライブ ビビットビビットFOCUS
ふるさと割とふるさと納税の違いを解説した。ふるさと納税は、自治体に寄付をすると控除され、実質金額2000円であとから返礼の品が送られてくるというもの。一方のふるさと割は、お店や旅行代理店で売られている品物を買うだけだが、その品物は政府の交付金によって安く売られている。アンテナショップやネットで買うことができ、基本的に3月31日までとされているが、交付金が尽きたら終わってしまうため、いま急いで買わないと商品がなくなってしまうという。

2016年2月1日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(けさの知りたい)
今日のテーマは流氷。北海道オホーツク海の沖合では観光船が催行している。紋別市の流氷科学センターから送られてきた流氷がスタジオに登場。気象庁の観測によると、流氷の数は減ってきているという。流氷がもたらす恵みの一つは、ホタテ漁師への貢献。ホタテは北海道が水揚げ量日本一だ。流氷により海が穏やかになってホタテがよく育つ。流氷の恵みの2つ目は、「緑」。これはアイスアルジーなどによるもの。これを求めてオキアミなどが寄ってくる。これを求めて更ににニシンやホッケやスケトウダラなどが寄ってきて豊かな海が形成される。流氷の恵み3つ目は、紋別市によるふるさと納税のお返しとして流氷をプレゼントするというもの。

2016年1月30日放送 18:00 - 18:10 NHK総合ニュース(ニュース)
菅官房長官はふるさと納税に関するイベントで挨拶し、ふるさと納税制度の普及に期待を示した。ふるさと納税は菅官房長官は総務大臣のときに提唱して平成20年に始まったもので制度を使った納税額は今年度は上半期で昨年度の1年間を上回る453億円余りにのぼっている。きょうのイベントは昨年度寄付金額が全国3位の北海道・上士幌町などが開催。菅官房長官はこのイベントに出席し、ふるさと納税というツールを使い都会と地方が理解を深めていくことは本当にすばらしいと述べた。

2016年1月30日放送 17:00 - 17:30 日本テレビnews every.サタデー(ニュース)
菅官房長官が北海道・上士幌町の 「ふるさと納税」のイベントに参加し、都市と地方の相互理解を深めて欲しいなどと語った。上士幌町はふるさと納税による寄付額が今年度に入って14億円を超える。町では来年度から10年間、認定こども園の利用料を無料にするという。2008年にスタートしたふるさと納税だが、今年度は初めて1000億円を超える見通しで菅官房長官は都市と地方の交流をさらに進めていきたいと強調した。

ガラポン リンク

© 2009-2016 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.