TVでた蔵トップ >> 番組 >> ジャンル >> アイテム
ふるさと納税

2011年6月9日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ

ZIP! アレナニ?

東日本大震災をうけて、被災した3県へのふるさと納税額が急増。
ふるさと納税とは税金を納めることではなく、自分の好きな自治体に寄付を行なうことを意味し、5000円を超えて寄付をした場合には住民税や所得税の控除対象となる。
義援金は最終的に被災者の手元に届くのに対し、ふるさと納税は自治体に届けられるなどの差がある。
スタジオに3県の、ふるさと納税申込用紙を拡大したものが登場し、どのような手続きでふるさと納税が可能なのか?の説明が行なわれた。

ココで探す!

Wikipedia
Wikipedia

から探す

Bing

から探す

他にもこんな番組で紹介されています…

2014年9月23日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング(ニュース)
千葉・富津市が、2018年に財政破綻するおそれがあることが明らかになった。富津市の高橋恭市副市長は、原因について「人件費が膨らんでいることもある」とコメント。一般財源の約3分の1を占める人件費は約40億円に達するという。さらに市内にある東京電力の火力発電所は、これまで法人市民税が数億円単位であったが、原発事故後東京電力が赤字のため、税収入がゼロとなった。今回の発表に対し専門家は、「早いうちに歳出の見直しなどに取り組んでいこうという意思を込めて、今回の公表になったのかなと思っている」とコメント。
坪井NEWワードは、「財政再生団体」。財政が悪化し、国の管理下で再建に取り組む地方自治体のこと。かつて全国で唯一破綻した北海道・夕張市がこれに該当する。財政再生団体となった夕張市は、市役所職員を半分以下にし、給料を減らすなど歳出削減を行った一方、市民税の引き上げや行政サービスの低下など市民への負担も増えた。 最近では、名物の夕張メロンを活用し、ふるさと納税先としてアピールし、全国から注文が殺到している。千葉・富津市が「第二の夕張市」にならないために専門家は、「危機意識を持って、限られたお金の中で、どう有効に地域の再活性化を図っていくかを行政や住民が真剣に知恵を絞っていかなければならない」とコメント。
2014年9月20日放送 8:00 - 9:25 TBS知っとこ!今週のワイドショー ぜ~んぶ知っとこ!
豪華特典満載のふるさと納税が人気を博している。ナオト・インティライミもしているそうである。ふるさと納税利用者はここ数年で急増している。今回はふるさと納税の達人金森重樹さんの話を伺う。ふるさと納税とはふるさとへの寄付で自分の故郷以外でも大丈夫で何ヶ所にも納税できる。簡単に言うと年間2000円のお取り寄せグルメである。
ふるさと納税の利用方法は簡単でまず専用のHPで特産品を選び、 銀行振込みやカード決済で支払うだけである。達人の冷蔵庫からは特産品が山のように出てくる。また撮影中にも特産品が届いていた。中でも特に達人がおすすめするのが北海道南富良野町の秋野菜詰め合わせである。スタジオでふるさと納税のおさらいをした。
製品情報
 
ガラポンTV購入はこちら
TVでた蔵

「TVでた蔵(TV DATA ZOO)」は、放送されたテレビ番組で紹介された情報をご紹介するサイトです。


© 2009-2014 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.