[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「もやし生産者協会」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

もやし生産者で作る協会が「日本の食卓からもやしが消えるかも」と訴えている。渋谷の専門店「もやし」では、もやしとりんごをつつんで揚げたスイーツなどが人気。「スーパーイズミ業平店」(墨田区)にはもやしのセールが行われていた。「旭物産 小美玉工場」では1日20万袋を製造しており、出荷まで9日かかるという。原料の緑豆は価格は2005年に比べ3倍近くに高騰し、小売価格は10%近く下落している。もやし生産者協会・林正二理事長は、収益悪化の一方で廃業するもやし生産者が相次いでいる現状を語った。
もやし生産者が安すぎる小売価格の見直しを求めている。スーパーイズミ・五味衛代表取締役は、「みんな価格が上がってくれれば、うちもそうしたいが」と話した。一方、渋谷区の専門店「もやし」の茂垣健士店長は「価格が上がってしまうと毎日とっているものなので、きつい」と話した。もやし生産者協会は経営安定には40円程度での販売が必要としている。

URL: http://www.moyashi.or.jp/kyoukai/kyoukai.htm

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 8:00 - 9:55 TBS白熱ライブ ビビット(特集)
今月 5日のもやし生産者協会Hに切実な訴えが掲載。協会の理事長に取材すると「もやしが安すぎる」という。都内の店では1袋の値段19~27円。安くて手軽なもやしは昔から食卓の味方。しかし、近年はもやしの生産コストが急騰。原料となる緑豆の多くは中国から輸入。近年は天候不良などによる不作が続き豆の価格が高騰。生産者としては値上げしたいところだが、「新宿八百屋 新大久保駅前店」の荒巻秀俊店長は「毎日お安い部分で提供する。この値段がベスト」など語る。このため販売価格は上げられずもやし業界は深刻。もやし生産業者は8年前まで全国に230社以上。これまでに100社以上が廃業し現在は130社以下に。なんとかもやし危機を乗り越えたい。いくらなら採算が取れるのかについて生産業者は一般のスーパーなら1袋40円前後がきちんとした利益がとれる、など語る。

2017年3月22日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
物価の優等生として家計を救ってきたもやし。もやしの原料となる緑豆が中国の天候不順などにより10年で約3倍に膨れ上がる一方、小売価格は1割も下落。もやしの生産者協会はこうした事態に、このままでは日本の食卓からもやしが消えるなどと訴えた。2009年には230社あった生産者だが、現在は130社以下に。生産者はもやしの生産だけでは赤字が膨らむ一方だなどと述べた。一方、スーパー社長はもやしはお買い得なイメージ、赤字になってもサービスするかは店の考え方になるなどと苦しい現状を語った。もやし料理専門店は、最悪の場合価格を見直すしかないなどとしている。

2017年3月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!カッツミーのピカッとNEWSボード
価格優等生のもやし、都内のスーパーでは最高39円・最低19円ほどの値段。もやしといえば「緑豆もやし」が知られており流通の9割を占める国内のもやしの代表格。しかし、今月9日もやし生産者協会が異例の声明を発表した。原因は緑豆もやしの原材料高騰。工業組合もやし生産者協会・林理事長は「もやしは安くて当たり前というイメージが強すぎて、大部分を占める緑豆もやしだけは値上げにふみきれなかった」という。適正は「ブラックマッペもやし」の原価が7~8円で小売が約40円が適正。緑豆は原価7~8円で約30円。

2017年3月21日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!小倉が斬るニュース
家計の救世主として主婦たちを助けてきたもやしだが、そのもやしの特売に待ったがかけられた。もやし生産者協会は販売価格が安すぎ、生産者の経営が限界であるとその窮状を訴えた。今後も生産を続けていくには5円の値上げをして売ってほしいというが、小売店は集客効果のためにもやしの特売を続けたいという。

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
もやし生産者で作る協会が「日本の食卓からもやしが消えるかも」と訴えている。渋谷の専門店「もやし」では、もやしとりんごをつつんで揚げたスイーツなどが人気。「スーパーイズミ業平店」(墨田区)にはもやしのセールが行われていた。「旭物産 小美玉工場」では1日20万袋を製造しており、出荷まで9日かかるという。原料の緑豆は価格は2005年に比べ3倍近くに高騰し、小売価格は10%近く下落している。もやし生産者協会・林正二理事長は、収益悪化の一方で廃業するもやし生産者が相次いでいる現状を語った。
もやし生産者が安すぎる小売価格の見直しを求めている。スーパーイズミ・五味衛代表取締役は、「みんな価格が上がってくれれば、うちもそうしたいが」と話した。一方、渋谷区の専門店「もやし」の茂垣健士店長は「価格が上がってしまうと毎日とっているものなので、きつい」と話した。もやし生産者協会は経営安定には40円程度での販売が必要としている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.