[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「もやし」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

もやし生産者で作る協会が「日本の食卓からもやしが消えるかも」と訴えている。渋谷の専門店「もやし」では、もやしとりんごをつつんで揚げたスイーツなどが人気。「スーパーイズミ業平店」(墨田区)にはもやしのセールが行われていた。「旭物産 小美玉工場」では1日20万袋を製造しており、出荷まで9日かかるという。原料の緑豆は価格は2005年に比べ3倍近くに高騰し、小売価格は10%近く下落している。もやし生産者協会・林正二理事長は、収益悪化の一方で廃業するもやし生産者が相次いでいる現状を語った。
もやし生産者が安すぎる小売価格の見直しを求めている。スーパーイズミ・五味衛代表取締役は、「みんな価格が上がってくれれば、うちもそうしたいが」と話した。一方、渋谷区の専門店「もやし」の茂垣健士店長は「価格が上がってしまうと毎日とっているものなので、きつい」と話した。もやし生産者協会は経営安定には40円程度での販売が必要としている。

住所: 東京都渋谷区宇田川町16-8 渋谷センタービル B1F

URL: http://www.facebook.com/shibuya.moyashi

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビイノ調
まず渋谷のモヤシ専門店、「もやし」にやって来た。オーナーの「モヤシを嫌う人はいない」という持論から生まれた店である。モヤシっ子の伊野尾はテンションアップ。ここでは国内産10種のモヤシで、18品のメニューを展開。それもただの野菜炒めなどではない。緑豆モヤシと発芽大豆を使った、人気ナンバーワン「もやし入りキッシュ」が登場した。「シャキシャキ感が残ってる」となど味わう。続いて青森県の大鰐温泉で育てられた、高級「大鰐温泉モヤシ」。約35cmの長いモヤシをペペロンチーノ風に仕上げている。ちなみにとても足が早く、青森県以外でなかなか食べられないとか。その後もモヤシ料理を堪能。
実は「モヤシ」、野菜の名前じゃないそう。本来「萌やし」という意味で、発芽した豆類などを指す。つまりオクラ・赤キャベツ・ブロッコリーなどの新芽もモヤシの一種に。オクラの新芽を食べてみる伊野尾。味に「オクラだ」と感動していた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.