[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ゆで卵」 に関するテレビ情報

2017年5月17日放送 19:00 - 21:54 TBS
ダイエット総選挙2017夏の陣 夏にまだ間に合う!ダイエット総選挙2017

菅野絵莉花、レイチェル、渡部絵美がMCTオイルダイエットに挑戦した。渡部絵美は友人と中華料理を食べに店に入ったが、少量の野菜炒めとMCTオイルで我慢した。2週目で畠山医師は、夕食なしにすることを指示した。
レイチェルがMCTオイルダイエットに挑戦した。レイチェルは夕食なしになったのにも関わらず、体重が減らなくなっていた。体重が減りにくくなっていることについて畠山医師は、便秘の影響があると語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
この時期に食中毒が激増するため厚生労働省は注意を呼びかけているという。専門家のアドバイスを元にお弁当で食中毒を防ぐポイントを確認。「レタスなどの生野菜を塩気のあるおかずと付けてしまうと、塩分によって野菜の水分が染み出してくる」といい、食中毒の原因となる細菌は温度と湿度が高いと増えるため「お弁当の中に水分を出さないことが大切」だと陣内さんが解説。対策として、レタスではなくバランやアルミカップで仕切ることを上げた。ひじきの煮物など汁気の出るものはしっかり煮詰めて作るよう呼びかけた。卵料理のうち卵焼きは水分が多いため、固茹でにしたゆで卵の方が安全だといい、卵焼きは半熟は控えるよう呼びかけた。ほうれん草のおひたしは水分が多いため、アルミカップに入れて水分を吸うかつお節やゴマなどをまぶして、他の食品へ水分を移さない対策をすべきだという。ミニトマトを入れる際はヘタを取って入れるよう呼びかけた。ご飯に乗せる梅干しは中心に乗せるよりも全体的に散りばめることで、より殺菌効果が高まるという。お弁当箱のフタをする際に、熱いままフタを閉めると裏に水蒸気が付いて細菌が増える原因となるため、十分に冷やしてからフタを閉めるよう呼びかけた。厚生労働省推奨の食中毒予防の三原則は、食中毒菌を「付けない・増やさない・やっつける」。大体の食中毒菌は75℃1分間の加熱で死滅するため、加熱・保冷を正しく行うことが大切だと陣内さんが解説した。

2017年6月16日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(報道センターニュース)
アトピー性皮膚炎の子どもについて、卵のアレルギーの予防のためには生後6ヵ月から卵を少しずつ食べさせることが望ましいとの提言を日本小児アレルギー学会がまとめた。アトピー性皮膚炎の乳児は食物アレルギーになるリスクが比較的高いとされている。提言は医療関係者向けで、卵を食べ始める前に湿疹が収まっていることが望ましいとしており、生後6ヵ月ではゆで卵100分の1ぐらいの量を目安としている。食物アレルギーの患者は年々増加しており、中でも卵アレルギーは最多とされている。

2017年6月11日放送 11:28 - 11:54 NHK総合どーも、NHKもっとNHK
4月から始まった生放送番組ごごナマ。2時台は知っトクライフと題して暮らしに役立つ情報を伝えている。このコーナーでは毎回らいふの画面を映し操作しながら番組を進めている。こうした演出は単にらいふの内容を紹介しているのではなく、番組と連動して毎回新たに特集ページを作っているのだ。5月下旬に放送する卵料理の企画とそれに連動する特集ページの内容について話し合うための打ち合わせではらいふに掲載されている情報を元にプランを練る。らいふ編集担当溝渕さんは方向性が決まるとライターとともに特集ページの内容を固めていく。同時にサイトに掲載する動画の編集も行う。放送の一週間前には企画について出演者の平野さんと打ち合わせが行われた。放送前の週に卵料理の特集がらいふに掲載された。そして放送では後半に平野さんがらいふに掲載したオリジナルの卵料理を披露。放送中溝渕さんはらいふの記事と放送で変更点がないか内容をチェック。放送終了後も映像の中から料理の部分を短く編集しらいふに掲載する。

2017年6月8日放送 12:20 - 12:38 NHK総合サラメシ大盛りメシ ベスト・セレクション
つづいて、2015年2月23日放送の大盛り弁当を紹介。71歳の玉乃井里美さんは、愛媛・松山市が運営する公衆浴場 道後温泉 本館で働いている。かの夏目漱石も松山中学の教師時代足繁く通ったと言われ、年間およそ72万人が訪れる。玉乃井さんは応接員と呼ばれる接客スタッフで、館内で客を案内したりお茶を出したりするのが仕事。この日も営業が開始された。湯上がりにお茶とお菓子でのんびりくつろいでもらうのがおもてなしの流儀で、営業中、玉乃井さんの低位置は火鉢の前で、古くからお茶をいれるのはベテランの役割。炭火と鉄釜を使い、多い時には300人分のお茶を用意するなど、実は結構な体力仕事。この日は3連休の翌日で客もまばらだったが、のんびり座っていられるわけではなく、職場そのものが国の重要文化財であるため、客から次々と質問が飛んでくる。
朝風呂のラッシュが一息つくと、応接員は順番に30分の休憩に入る。朝が早いためその分ランチも早く、他の階やチケット売り場で働く応接員も集まった休憩室で食卓を囲んだ。玉乃井さんの大盛り弁当が登場。メインのおかずは得意料理の筑前煮。前日から煮込んで鶏肉の旨味がたっぷり。さらに、松山に伝わる炊き込みご飯“しょう油めし”は、ありあわせの具を濃口醤油で炊き込んだもの。他にも野菜やフルーツなどがてんこ盛りで、他の応接員とシェアして食べる。玉乃井さんだけでなく、仲間たちからも自家製のハリハリ漬けをもらった。みんながおすそ分けを持ち寄って互いにつつき合うのがここでのルールだが、玉乃井さんはゆで卵にみかんに気持ちいいほどの食べっぷりを見せた。残りのおかずやおにぎりは後輩たちのランチとなる。リーダーの役目を担う玉乃井さんの日々の大盛り弁当は、仲間の胃袋への思いやり。

2017年6月6日放送 22:00 - 22:54 テレビ東京ガイアの夜明け“東京”を攻める!新たな挑戦者
東京・渋谷にゴリップの新たな店がオープン。モーニング特別メニューは450円から。ゆで卵は食べ放題。テイクアウト専門コーナーもある。ランチタイムには近くのビジネスマンで大盛況。特に女性の姿が目立つ。ブラックアンガスの新作メニューが一番人気。カフェタイムはパンケーキを食べる女性でにぎわった。ディナータイムの店内はパブのような雰囲気に。大摩桜の陶板焼きが人気だった。狙い通り終日満席。勝山社長は東京でこの業態をさらに広げていきたいと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.