[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「わんずまざー保育園」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日
ワイド!スクランブル (報道フロアニュース)

兵庫県姫路市にある、私立の認定子ども園「わんずまざー保育園」が定員のおよそ1.5倍の園児を受け入れた上、給食を本来の量より少量で分け与えていたことがわかり、県と市は認定を取り消す方針。「子ども・子育て支援新制度」導入以来、全国で初の認定取り消しとなる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月26日放送 11:45 - 12:54 TBSアッコにおまかせ!(パネルコーナー)
兵庫県のわんずまざー保育園は

2017年3月26日放送 10:00 - 11:15 フジテレビワイドナショー松本人志と有名人が斬るニュース
兵庫・姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」で、定員を超えた園児を受け入れていた問題。でこの保育園は定員46人だが、実際に受け入れた園児68人。給食は約40人分を68人で分け合っていたという。おかずはスプーン一杯程度だった。保護者説明会では一部の保護者から怒号が飛ぶ場面もあった。こども園では給付金の不正受給、保育士の不当労働も判明した。兵庫県と姫路市は来週中にも園長に対する聴聞を実施し、こども園の認定を取り消す方針。
「わんずまざー保育園」問題について、乙武は虐待に当たり、認可取り消しだけではなく刑事罰を検討するべきとした。また、認可取り消しによって一番困るのは保護者である。園に補助金が下りなくなると保育料が高くなり家庭が圧迫されてしまうからで、自治体は措置を考えなくてはならない。最後にこうした「ブラック保育園」は淘汰されないのは待機児童問題の解決がなされていないからだと指摘した。
このこども園には「保育士の裏契約書」が規定されており、1分でも遅刻すると罰金1万円、無断欠勤は無給のボランティア勤務7日間などとあった。また、このこども園では冬でも暖房がなく、保護者が来る1~2時間前だけつけていたことや、食べ残しを冷凍保存し再利用するなど、劣悪な環境が明らかになった。松本は「頑張っている人かと思っていたらただの守銭奴だった」とコメント。こうした事で、保育園入園をめぐる競争なども生まれ、保護者の状況はより厳しくなってきている。

2017年3月26日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
認定こども園とは幼児教育を行う幼稚園と保育を行う保育園を兼ね合わせ、保護者の就労の有無にもかかわらず0歳から5歳までの子供を受け入れることができる。わんずまざー保育園は15年に認定こども園になり、年間で5000万円の給付金を受けていた。しかし定員46人のところ市に隠して22人とを受け入れて、一人あたり月額2万から4万円の料金を受け取っていたという。また、わんずまざー保育園は規定は週三日までの一時保育がほぼ毎日受け入れている園児もいた。問題は抜き打ち監査で発覚。姫路市は会見で「あまりにもひどすぎるデタラメだ」と述べたという。わんずまざー保育園では残飯が出るのがもったいないなどの理由から園児68人に対し、40人分の給食しか発注していなかった。また園では保護者が顔を出す時間帯以外は暖房を停止。また保育士10人のところ13人と虚偽報告。また園は保育士と裏契約を結んでおり遅刻、欠席、早退は罰金1万円。これに対し、顔見知りだという元山口組系組長は園長に対し悪どい保育園経営をしているとは思わなかったと語った。

2017年3月26日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
3月19日(日)兵庫・姫路市の私立認定こども園・わんずまざー保育園が定員を大幅に超える園児を自治体に隠して受け入れていたとし、県は認定を取り消す方向で検討していることがわかった。園児にはわずかな給食しか与えず、暖房を点けないなど劣悪な保育実態が明らかになっている。保育士に対しても遅刻や欠勤をすると罰金を科すなど不当な雇用契約を交わしていたという。市は労働基準法違反の疑いで調べを進めている。ハリス鈴木さんは、国が子育てや教育にお金をかけていないことで起きている問題とした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.