[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「アベノミクス」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

アベノミクスについては「GDPの伸びが期待できないと言ってたら544兆円まで伸びた。雇用は増え、賃金も上昇し、企業の経常利益も史上空前となっている。アベノミクスが手詰まりになっている感じは全然ない」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月23日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
安倍総理は国会でトランプ大統領のTPP離脱に対し、腰を据えてTPPの戦略的意義について理解を求めていきたいと語った。トランプ大統領と絆を強化したい、とも。共謀罪について野党から批判がある中「国際犯罪を防止するのは必要不可欠だ」と語り、共謀罪の法案に強い意欲を見せ、五輪を開催できないと言っても過言ではないと安倍総理がコメント。
国会についてのトーク。審議予定の主な議案を司会者が紹介。出演者はテロ対策は必要だが、本当に必要なのであれば国民にテロ以外の罪状が降りかかってしまいかねない事が非常に危険だと離した。

2017年1月23日放送 13:00 - 15:58 NHK総合国会中継代表質問 ~参議院本会議~
自由民主党・無所属の二階俊博氏による代表質問。二階俊博氏は既存の制度をフル活用して災害対策を行うべきだと語った。自然災害に対する安倍総理大臣の決意を問いただした。また米軍基地について沖縄県の負担軽減と抑止力維持に向けた安倍総理大臣の決意を問いただした。
自由民主党・無所属の二階俊博氏による代表質問。二階俊博氏は経済的に困難な状況でも学生の進学の機会が奪われてはならないと語った。国家戦略としての教育について安倍総理大臣を問いただした。
自由民主党・無所属の二階俊博氏による代表質問。二階俊博氏は客観的な統計からして安倍政権は経済環境に明るさを取り戻していることが明らかで、経済最優先にあたるこれからの決意について安倍総理大臣を問いただした。
自由民主党・無所属の二階俊博氏による代表質問。二階俊博氏は天皇陛下に関する課題については国民の理解を得て進めていかなければならないと語った。立法府の考えを最大限尊重することは当然のことだが、安倍総理大臣の基本的な考えを問いただした。
自由民主党・無所属の二階俊博氏による代表質問。二階俊博氏は日米同盟を希望の同盟としてこれまで以上に発展させることの決意について、安倍総理大臣を問いただした。
安倍晋三内閣総理大臣による答弁。安倍晋三内閣総理大臣は国土強靭化について、施設の耐震化、避難施設の整備、防災訓練の実施などを行い国土強靭化を進めていくことを語った。また米軍基地については沖縄県の負担軽減を図ることは政府の責任であると語った。
安倍晋三内閣総理大臣による答弁。安倍晋三内閣総理大臣は教育等のあり方について、どんなに貧しい家庭で育っても夢をかなえることができるよう、進学できる環境を整えなければならないと語った。そこで無利子の奨学金を受けられるようにするという。
安倍晋三内閣総理大臣による答弁。安倍晋三内閣総理大臣は経済最優先について、アベノミクスによってデフレではないという状況を作り出すことができたと語った。また雇用は大きく改善していると語った。
安倍晋三内閣総理大臣による答弁。安倍晋三内閣総理大臣は今後の日米関係について、日米関係は日本の安全保障の基軸であり、トランプ大統領とできるだけ早期に会談したいと考えていると語った。
塩崎恭久厚生労働大臣による答弁。塩崎恭久厚生労働大臣は引き続き社会保障と税の一体改革を進め、社会保障の充実、安定化、効率化、重点化に取り組むとともに、各施策を着実に実施していくと語った。
加藤勝信一億総活躍担当大臣による答弁。加藤勝信一億総活躍担当大臣は少子高齢化という構造的問題について、真正面から立ち向かうため生きがいを持って能力を発揮できる一億総活躍社会の実現を目指していると語った。

2017年1月23日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
新大統領誕生後、ナショナルモールは熱気に包まれたが、各所で激しいデモも行われていた。ワシントンでは暴徒化した集団が数多く見られた。式典の目前には反トランプ派が通行妨害を行ったり大きな怒号とブーイングを行った。警官が配備され、周囲は厳戒態勢。トランプ大統領の熱狂的支持者が押し寄せるスペースもあれば、比較的空いているところも。オバマ大統領の就任式では180万人の観衆が集まったが、今回は90万人程度。トランプ大統領はすぐさまメディア批判を行った。スパイサー報道官も「過去には使わなかった芝養生シートが目立っただけ」と弁解。大統領執務室もカーテンが金色に差し替えられ、オバマ大統領のときとはガラリと変化。メラニア夫人の服装も、ラルフローレンの水色のドレスで、ジャクリーン夫人を参考にしたのではないかと伝えられた。ホワイトハウスから400mはなれた会場外では発砲音と爆発音が鳴り響き、煙も上がった。爆発したのはゴム弾と思われる。ゴミ箱が燃やされたり、警察車両にレンガを投げたり、リムジンに火をつけたりなどやりたい放題で217人が逮捕された。反発の声を抑えたい狙いでトランプ大統領はクリントン夫妻に対しては「お二人が来ると知って、本当に嬉しかった。尊敬している」などと発言。
日本のUSAという宇佐市では、この機会に知名度をあげようと就任を祝う会を発足。しかしなんであんな人を応援するのか、とクレームも来ているという。くす玉は失敗したが、トランプ大統領は世界と仲良くし成功してほしいとコメント。
大統領就任後の混乱は翌日まで続き、マドンナら著名人も集まり、女性を中心とした50万人が反トランプ派として集結。全米だけでなく、世界各国の集会やデモには数百万人が参加。
スタジオでは就任記念グッズを紹介。お祭りとしてアメリカでは就任式を楽しむものだが、一方で街では反トランプ派がプラカードを持ってデモ行進。トランプ大統領のアメリカ第一主義は日本にどのような影響をあたえるのか。34回もアメリカと発言した彼は既にTPPの離脱表明をしている。雇用を取り戻し国境を取り戻したい考えだ。日本はアメリカにとってもTPPは国益になると説得を続けている。専門家は日米FTAが早い段階で要求されるだろうと指摘。TPPよりも日本側の交渉力が弱まる可能性も。それだけでなく、NAFTA再交渉が行われればメキシコやカナダに自動車の生産拠点を置く日本企業にも影響が及ぶ。トランプ政権は中国に対しても高い関税をかける見込み。日本企業への悪影響は避けられない。TPPはアベノミクスの柱だったため、経済戦略の立て直しが必要か。

2017年1月20日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
第193通常国会が今日、招集された。参院本会議では特別委員の設置などの手続きが行われた。国会では午後1時から天皇陛下を迎えて、開会式が行われた後、衆参本会議で政府4演説が行われる。自民党、両院議員総会で安倍首相は次なる70年に向けて、新たな国造りに一致結束して全力で取り組んでいかなければならないなどと述べた。一方で民進党の参院議員総会で蓮舫代表は自分たちの声を小さくすることなく、しっかり臨んでいくとなどと述べた。通常国会の会期は6月18日までの150日間で政府・与党は今年度第3次補正予算案を成立させた上で、平成29年度予算案の年度内成立を目指す。これに対し、民進党などはアベノミクスの失敗は明らかだとして、政府に経済政策への転換を迫る方針。

2017年1月20日放送 5:00 - 6:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
第193通常国会がきょう招集され、予算案などをめぐり論戦となる。会期は6月18日までの150日間。政府与党はできるだけ早く今年度の第3次補正予算案成立を目指す。成立が最大の景気対策になると新年度予算案の年度内成立を図っている。民進党などは政府に対し経済政策の転換を迫る方針。また国会では文部科学省幹部らの大学への再就職斡旋問題についても取り上げる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.