[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「アマゾン」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ Nスタ4

アマゾンフレッシュは肉や魚など1万7000点を揃えている。午前8時~深夜0時までの間で2時間ごとの時間帯を指定することができ、最短では注文した4時間後に受け取ることができる。サービスは有料会員向けのもので利用するには追加で月額500円が必要な他、配送料も500円かかる。現在の対象エリアは港区や江東区など都内6区に限られるが、順次拡大する方針。

URL: https://www.amazon.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月26日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
ヤマト運輸が早ければ今年9月にも宅配便の料金を5~20%程度値上げする方針を固めたことがわかった。今回の値上げは荷物の大きさで値上げ率を決める方針。また再配達を減らす取り組みとして、荷物を1回で受け取った客には割引する制度も検討している。アマゾンジャパンなどの大口顧客には更に大きい値上げ率を求めている。

2017年4月26日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング明快!まとめるパネル
アマゾンが生鮮食品の販売サービス「アマゾンフレッシュ」を開始した。最短4時間で届き、深夜0時まで時間指定可能となっている。

2017年4月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜JNN NEWS
ヤマト運輸の基本運賃の引き上げについては、荷物の大きさで値上げ率を決める方針としている。早ければ今年9月にも、5%~20%程度値上げで最終調整しているという。小さい場合は約150円・大きい荷物は約200円など段階的に上乗せする。荷物を1回で受け取った客には、割引きする制度の新設も検討している。「アマゾンジャパン」など大口顧客には、更に大きい値上げ率を求めるとしている。

2017年4月25日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
ヤマト運輸は宅配便の基本運賃を最大で20%程度引き上げる方針を固めた。値上げ率は荷物の大きさで決める。早ければ今年9月にも5~20%値上げで最終調整する。荷物の大きさによって約150円~200円を段階的に上乗せする。また、荷物を1回で受け取った客には割引する制度の新設も検討している。アマゾンジャパンなど大口顧客には更に大きい値上げ率を求めている。

2017年4月25日放送 10:05 - 10:15 NHK総合くらし☆解説くらし☆解説
今日は宅配便の受け取り方が変わるという事で、神子田章博に話を聞く。宅配大手のヤマト運輸は、再配達申し込みの締め切り時間を午後8時から7時に変更した。また従来配達時間を6つに分けていたが、6月からは12-14時の指定をとりやめ、20-21時を19-21時に変更した。
サービス変更の背景には、ネット通販の拡大によるドライバーへの負担である。ネット通販の市場は2010年には8兆円弱だったが、2013年には14兆円超と5年で1.7倍となっている。さらに再配達は配達全体の約2割にものぼり、ドライバーの負担を増している。国交省のアンケートによると、4割の人が再配達をあてにしていた。この再配達が人手不足に拍車をかけている。
ヤマト運輸では顧客の利便性向上とドライバーの負担軽減を狙って、新しい荷物の受け取り方を広げようとしている。その1つが宅配ロッカーで、設置が急ピッチで進んでいる。
ヤマト運輸は業務量全体を下げる必要があるとして、アマゾンの当日配達サービスの引受亮の縮小を要請している。アマゾンでは中小運送業者と契約して、これまで通りのサービスを実施するとしているが、いずれは人手不足の問題にぶち当たる。こうした中でヤマトは、今年秋には宅配料金の全面的値上げを検討している。一方で宅配ロッカーなどでの荷物受け取りには、料金割引も検討している。
宅配サービスは個人から個人の送るものだったが、ビジネスでの利用が大半になっている。ヤマト運輸の荷物取扱量は1976年度は約170万5000個だったが、2016年度は約18億個と1000倍あまりに増加している。便利なサービスを利用するには、利用者もそれなりを対価を払う必要がでてきた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.