[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「アメリカ大統領選挙」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! はや見せ! 朝刊一面チェック

スタジオではトランプ次期大統領の会見について話題になった。そこでロシアのサイバー攻撃についてトランプ次期大統領が認めていると伝えた。ただ会見ではロシアが勝手にやったことと説明していたと伝えた。また会見では新聞の内容以外にも雇用創出や自身の事業、メディアとの半目など会見では伝えられている。(読売新聞)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 11:00 - 11:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
去年の米大統領選挙で、ロシアが選挙に干渉しようとサイバー攻撃を行ったとされる問題について、米政府の高官は、ロシアのサイバー攻撃は全米21州で行われ、選挙システムの情報を盗み取ろうとハッキングが行われたと証言した。一方で高官は、サイバー攻撃では開票のシステムは標的にされず投開票に影響は出なかったとしている。米議会は大統領選でロシアがサイバー攻撃を行ったとして新たな経済制裁の法案も審議している。

2017年6月19日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
米トランプ大統領が地球温暖化防止の国際的な枠組み「パリ協定」の離脱を宣言したのは二酸化炭素排出規制に苦しんできた石炭産業の救済が狙いとみられる。世界第二位の二酸化炭素排出国の米国。パリ協定離脱はある特定の支持者を意識したもの。トランプ大統領が強く訴えたのは石炭産業の雇用創出で、離脱宣言の翌日に番組は石炭産出地へ。米ウェストバージニア州チャールストン郊外はかつて石炭で栄えた町だったが、現在は住民3割以上が年収300万円以下の貧困地帯に。元炭鉱労働者など住民は「環境規制の緩和は石炭産業にとって良いこと。火力発電での石炭利用が増えれば炭鉱労働者たちはまた仕事戻れる」など話す。米国では石炭は主に火力発電の燃料として使用。しかし問題は二酸化炭素排出。オバマ政権の環境規制強化を背景に石炭の産出量が減少。二酸化炭素排出量少なく価格も低い天然ガスが台頭。経営破綻した石炭関連企業は全米で45社。しかし、トランプ氏が大統領に就任してからは石炭産業が活気づいているという。石炭産業・プリチャード・マイニング社で巨大トラックを運転するのはボブ・ベネットさん。石炭業界で働いて15年となるが、去年12月に初めてフルタイム雇用に。ベネットさんはトランプ氏が当選するまではフルタイムの仕事に就けなかった、でも週六日働けるようになって安定している、すっかり変わったよなどと語る。プリチャード・マイニング社は従業員28人から約90人へ。需要増で産出量が倍増。ウェストバージニア州の石炭関連雇用は大統領選のあった去年暮れ頃から増えている。マネージャーのロッキーさんがあるものを見せたいと案内。広大な採掘現場を走ると、そこには使われないまま野ざらしとなった巨大重機が。「3~4年前まではこれらの重機は全て稼働していたんだ。でも年内には昔のようにまたフル稼働できるようになるはずだよ」など語る。瀕死の石炭産業にとってトランプ大統領は希望の光となっていた。

2017年6月15日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
ワシントン・ポスト紙によると、モラー特別検察官はトランプ大統領による司法妨害の疑いで情報当局高官の事情聴取を開始。捜査は先月9日。コミー前FBI長官解任の数日後に開始。コミー氏は、捜査中止をトランプ大統領が指示したと述べているが、トランプ大統領は全面否定。司法妨害と認定されるには、妨害の意図を立証する必要があり捜査は難航。

2017年6月15日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
アメリカで、共和党議員達が野球の練習中に銃撃を受け、5人が怪我。容疑者の男は死亡し、FBIは政治的な動機があったのかを捜査している。容疑者は去年の大統領選挙で、サンダース上院議員のボランティアをしていた。容疑者のフェイスブックにはトランプ大統領を避難する言葉もあった。

2017年6月15日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
アメリカのトランプ大統領がアメリカ大統領選でロシアが介入していた疑惑を操作していたミュラー特別検察官の解任を一時検討していたことが分かった。その背景にはコミー前長官とも親しかったのも理由の一つであったがウォーターゲート事件でニクソン大統領が特別検察官を解任しようとし辞任に追い込まれた事から解任は得策ではないと夫人らの説得に応じて思い留まった形となっている。
出演者たちがこうしたトランプ大統領の動きについて意見を交わしている。今回トランプ大統領が解任をしてしまったらロシアの大統領選挙への介入疑惑を揉み消そうとしたと映ってしまい、却って疑惑を強めてしまう危険から思い留まったのではないかと推測した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.