[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「アレッポ(シリア)」 に関するテレビ情報

2017年4月17日放送 5:25 - 8:00 フジテレビ
めざましテレビ めざましNEWS ON

15日、シリア北部で一般市民の乗る車列近くで爆発、少なくとも110人以上が死亡。当時、反体制派に包囲されていた約5000人の政権側の支配地域へバスで避難させる最中でアサド大統領と同じイスラム教シリア派を狙ったテロと見られる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月21日放送 11:20 - 11:54 NHK総合どーも、NHK週刊どーもナビ
「BS世界のドキュメンタリー アレッポ 最後の男」の番組宣伝。シリア・アレッポで活躍する民間防衛組織「ホワイト・ヘルメット」の活動に迫り、内戦の現実を見つめる。

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(リポート)
中東で広く演奏されるウードは世界最古の弦楽器といわれ、琵琶の原型にもなったという。隣国のレバノンでは100万人以上のシリア人が避難している。街のウード工房で働くバシャール・ハラビィさんは去年11月、シリアから避難し工房を開いた。バシャールさんの一家は代々ウード作りを家業にしてきたが工房は内戦による砲弾で全壊した。伝統楽器の生産を自分の代で止めてはならないとレバノンで工房を再開することにしたという。工房を訪れた演奏家のムハ ンマドさんはアレッポの出身で地元の結婚式で演奏していたという。ウードはレモンや胡桃の木で作られており、独特な音色にはよく乾燥した木材が必要だという。だがレバノンは乾燥した気候のシリアとは違い楽器作りに向く木材が手に入りづらいという。またバシャールさんはシリアから逃れてきた若者とも交流を深め、ウードに触れてもらうことで祖国への思いを分かち合いと考えたとのこと。バシャールさんは「戦争は必ず終わる、そうなったらシリアに戻って工房を再開する」などコメントした。またバシャールさんはウード作りを続けるため一時的に他の国から木材を送ってもらうことにしたという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.