[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「メルケル首相」 に関するテレビ情報

2017年3月15日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

ニューヨーク市内では、14日未明から強い風・雪が降り最大約20cmの積雪を観測している。6州で非常事態宣言が発令され、航空便6000便以上が欠航となった。また雪の影響で、メルケル首相のアメリカ訪問が17日に延期された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月15日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
今日は72回目の終戦の日。同時に北朝鮮では第二次世界大戦が終結したこの日を祖国解放記念日に制定している。昨日平壌で婦人団体集会が行われた。また朝鮮人民軍への入隊を嘆願するために大学生らが詰めかける場面も。国営メディアによると、アメリカへの怒りが抑えられないなどを理由に約350万人が集結した。そんな中、昨日米国制服組トップが韓国を訪問し、ムン・ジェイン大統領と会談した。北朝鮮に対し、力強い防衛体制を軸に対応していくということで一致した。またティラーソン国務長官とマティス国防長官は北朝鮮への対応について新聞に連盟へ寄稿した。軍事力への行使も辞さない意向を示している。北朝鮮は「グアムへの弾道ミサイルは発射命令だけを待っている」などとコメントしている。メルケル首相やザハロワ報道官はアメリカや北朝鮮への対応に批判している。
中国の習近平国家主席は、トランプ大統領との電話会談で「朝鮮半島情勢をさらに緊張させるような発言を慎むべきだ」と話した。中国商務省は国連安保理の制裁決議に基づき、北朝鮮からの鉄鉱石や鉄などの輸入を今日から全面的に停止すると発表した。中国は北朝鮮の最大の貿易国で、制裁完全履行で大きな影響が与えることになる。カルボ知事はトランプ氏との電話会談で激励を受けた。グアムでは北朝鮮がミサイルを発射した際に住民に避難を呼びかける態勢を整えているという。ガイドラインも作成し、具体的な対処法を示している。北朝鮮がミサイルの通過場所として名指しした島根県や広島県などの知事は、対応の強化を訴えるため総理官邸を訪れた。今日午前、安倍総理はトランプ氏と日米電話首脳会談を行い、北朝鮮への今後の対応について協議した。今朝、15日ぶりに金正恩の動きが伝えられ、14日に朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察しグアム島へのミサイル発射計画について協議したという。

2017年8月15日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
昨日、北朝鮮・平壌で婦人団体による集会が行われ、約2000人が参加した。更に朝鮮人民軍に入隊を嘆願するため、多くの大学生達が詰めかける姿もあった。 海上に設置された横断幕には「朝鮮人民の不倶戴天の敵、米帝侵略者らを消滅せよ」と書かれていた。国営メディアによると「アメリカへの怒りが抑えられない」などを理由に約350万人が集結したとのこと。先週明らかにしたグアム周辺への「火星12型」4発同時発射計画について、昨日国営メディアを通じて「弾道ミサイルは発射命令だけを待っている。」などと報じた。 アメリカと北朝鮮の挑発合戦に習近平国家主席は12日、トランプ大統領との電話会談で「朝鮮半島情勢をさらに緊張させるような発言を慎むべき。」と延べた。メルケル首相も「挑発をエスカレートさせても解決にはならない。」と述べた。ロシア外務省も懸念を表明しアメリカの対応を批判している。北朝鮮メディアは今朝、金正恩党委員長の動静を15日ぶりに伝え「包囲射撃案について協議した。」と報じた。専門家は「過去に2週間くらい出てこず、出てきた時はミサイルの発車に立ち会っていたパターンが2回続いていたため不気味。」などと述べた。これまでミサイルは自国の記念日や他国の行事が絡んでいることが多く、今日は祖国解放記念日で動向が注目される。

2017年8月15日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
終戦の日のきょう、北朝鮮を巡って再び戦争という言葉を過る緊迫した状態となっている。北朝鮮にとっては祖国解放記念日となっていて、これまでに記念日には核実験などを行っていた。平壌ではきのう婦人団体の集会に約2000人が集まった。さらに朝鮮人民軍に入隊を嘆願するために多くの大学生が集まっていた。グアムへのミサイル発射計画について、ダンフォード統合参謀本部議長は韓国を訪問し、ムン・ジェイン大統領と会談し北朝鮮に対して力強い防衛体制を軸に対応していくことで一致した。日本では名指しされた4県の知事が首相官邸を訪問した。中国商務省は北朝鮮からの鉄鉱石などの輸入を全面的に停止すると発表した。
北朝鮮は国営メディアを通じてミサイル発射の挑発を行っていた。習近平国家主席はトランプ大統領との電話会談で緊張させるような発言を慎むべきだと述べ、メルケル首相も挑発をエスカレートさせても争いの解決にはつながらないと述べた。ロシア外務省もアメリカの対応を批判している。北朝鮮から名指しされたグアム、トランプ大統領はカルボ知事との電話会談で激励の言葉を贈った。カルボ知事は金正恩氏が脅迫したがっていると話している。グアムでは万が一に備えて災害に備えた施設へ避難を呼びかけるよう準備している。聯合ニュースは北朝鮮の国営メディアが先月31日以降金正恩氏の活動を報じていないと指摘している。

2017年8月14日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
トランプ大統領が「世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになる」と言えば、北朝鮮は「弾道ミサイル『火星12』をグアムへの4発同時発射計画を発表した」と述べる。するとトランプ大統領は「8日の『炎と怒り』では足りなかった。グアムに対して何かすれば誰もみたことのないような事態が北朝鮮で起きるだろう」と述べ「北朝鮮が愚かな行動に出るなら軍事的な解決の準備は万全で臨戦態勢にある」と述べ続けていたが、これに対してロシアのラブロフ外相からは「軍事衝突の可能性が非常に高い、より賢明で強力な側が身を引くべき」と述べ、中国の習近平国家主席は「緊迫する朝鮮半島をエスカレートさせる。言動を慎んでほしい」と述べ、ドイツのメルケル首相も「過激な言動の応酬は解決につながらない」としていた。

2017年8月14日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(羽鳥パネル)
米朝の舌戦に各国の反応は。ドイツのメルケル首相は、米朝の戦争も辞さない発言に「軍事的な解決策はない」と述べている。ロシアのラブロフ外相は、「より強く、より賢い方がまず身を引くべき」と話している。フランスの新聞は一面が、トランプ大統領と金正恩委員長の顔を合成したものに「トランプキム、似た者同士」と説明文を付けて批判している。また、「アメリカと北朝鮮のリーダーは一線を越えてしまっている」という文章も。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.