[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「イスラム教徒」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
トランプ大統領はサウジアラビアのサルマン国王から国の発展に貢献したとして最高勲章を受けた。夕食会では剣舞にも参加。カタール・クウェート・エジプトなどの首脳らと会談。自らのツイッターでは現地の学校を訪問するメラニア夫人の活動をアピール。しかし、実はこのメラニア夫人をめぐってあることが話題になっている。イスラム圏で女性が身に着けるスカーフを着用していなかったことだ。イスラム圏でも特に保守的なサウジアラビアでの外国人女性のスカーフ着用について専門家は「基本的には郷に入っては郷に従えで摩擦を避ける意味を含めて、通常イスラム教徒ではない外国人はスカーフをつけて行くケースが多い。外国人、異教徒の女性がサウジアラビア国内でスカーフを外して髪の毛を出して外を歩くのは相当勇気がいることだと思う」とコメント。しかし国賓などはその限りではないという。かつてトランプ大統領はオバマ前大統領がサウジアラビアを訪問した際、スカーフをつけていない大統領夫人について「オバマ大統領夫人をすばらしいという人も多いが彼らは侮辱された」とコメントしていた。なにはともあれ現地では歓迎されているトランプ大統領。そもそもこの初外遊は就任してから119日目のこと。これは歴代の大統領と比較してもかなり遅い方だという。CNNなどによると”過去50年歴代の大統領の中で最も遅い”としている。前任のオバマ大統領はカナダ、ブッシュ大統領はメキシコと、初の外遊に隣国を選ばないのは異例だという。就任直後イランなどイスラム圏7か国からの入国を制限する大統領令を出していたトランプ大統領。今回の外遊ではイスラム首脳の前で団結を呼びかけた。過激派組織イスラム国に関しては強い言葉で非難した。

2017年5月22日放送 14:00 - 14:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
就任後、初めての外国訪問でサウジアラビア・リヤドを訪れたトランプ大統領は21日、50を超すイスラム諸国の首脳らが参加した会議で演説した。そのなかでトランプ大統領は、ISなどイスラム過激派組織によるテロが世界に広がっているとしたうえで結束を訴えた。これに対し、会議ではサウジアラビアのサルマン国王らが、トランプ大統領に同調する演説を行った。トランプ大統領をめぐっては、イスラム教徒が多く暮らす特定の国の人の入国を制限する大統領令に繰り返し署名するなど、イスラム教徒への対応に根強い批判があるが、イスラム諸国の首脳たちは当面はアメリカとの関係強化を優先した形。

2017年5月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
アメリカのトランプ大統領が訪問中のサウジアラビアで善と悪の戦いと過激派掃討をイスラム世界に呼びかけた。またトランプ大統領は過激派組織の分析や監視を行うとし、新しい施設の落成式に出席した。

2017年5月20日放送 11:50 - 12:00 フジテレビFNNスピーク(ニュース)
米トランプ大統領が就任後初の外国訪問に出発した。19日にアンドリュース空軍基地を出発した大統領はまずサウジアラビアを訪問し、指導者と「イスラム国」掃討での結束を確認する見通し。続くイスラエルではネタニヤフ首相と、パレスチナ自治政府ではアッバス議長と会談し中東和平に向けた協議を行う。さらにバチカンでローマ法王と会談の予定で、イスラム教・ユダヤ教・キリスト教の本拠地訪問で「過激主義に対する団結」を示す。さらにベルギーでNATO首脳会談、イタリアでG7サミットに出席する。ロシア疑惑捜査で国内が混乱する中、外交でどこまで成果をあげられるかが焦点となる。

2017年5月13日放送 5:15 - 5:30 TBS皇室アルバム第2940集 天皇ご一家 春のご活躍
4月13日から5日間、皇太子さまはマレーシアを訪問された。今回の訪問は日本とマレーシアの外交関係が樹立されて60年という節目の年にあたり、マレーシア政府から招待を受けられたもの。滞在4日目の4月16日、皇太子さまは民族衣装のバティックを身に着け、国立博物館においでになった。館内ではこの地域に存在していた数々の王国やイギリスの植民地時代を経て今日に至るマレーシアの歴史が紹介されていた。ご滞在2日目、皇太子さまはマレーシアの最高学府・マラヤ大学を訪問し日本に留学したことがある人達と懇談された。現在、JICAのクアラルンプール事務所で働いているハフィズ・オスマンさんは皇太子さまに特別な思いを抱いているという。初めて天皇皇后両陛下がマレーシアを訪問した平成3年、ハフィズさんはマレー北部ペラ州の全寮制のマレーカレッジで生徒代表として両陛下が到着されるのを待っていたが、山火事のためご訪問はやむなく中止となったのであった。そして平成18年、再びマレーシアを訪れた両陛下の案内役を務めたのがハフィズさんだった。皇太子さまは今回の訪問について「マレーシアは魅力的で活力に溢れて興味深い国だと感じた。そして多様性に富み、それぞれの特徴を活かしながら発展したことを目の当たりにして感銘を受けた。日本とマレーシアの架け橋になりたいという人と接することができて嬉しく思う。」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.