[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「イリノイ州(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月14日放送 5:30 - 7:00 TBS報道LIVE あさチャン!サタデー(ニュース)
オバマ大統領はイリノイ州で大統領として最後の演説を行った。50分間、民主主義への危機感を訴え、政党に関係なく私達全員が民主主義の債券に見を投じるべきだと主張。真偽の程はさておいて自分たちの意見に合う情報だけを受け入れ、幻日に基づいた意見を持たなくなっていることを指摘。移民がアメリカの信念を作ろうとしてアメリカを強くしてくれたのだ、みなさんは公平で公正で懐の深いアメリカを信頼しています、と涙を見せ呼びかけた。「私ではなく、みんなが変化を起こす力を信じて」と語り、「Yes we did!Yes we can!」と締めくくった。

2017年1月13日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(1週間の注目ニュース総まとめ)
今週気になったニュースを伝える。
10日、オバマ大統領が地元イリノイ州で任期中最後となる演説を行った。ミシェル夫人に感謝を述べたオバマ大統領は涙ぐむ様子を見せ、「Yes,we can!Yes we did!」と言う言葉で演説を締めくくった。翌11日トランプ次期大統領が演説。報道陣からの質問を受けずメディア批判を繰り広げた。来週20日大統領に就任する。

2017年1月12日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビめざましNEWS ON
トランプ氏が大統領選後初の会見を行った。会見でトランプ氏は冒頭一部のメディアが偽のニュースを強く出していたと述べた。会見が始まったとき会場であるトランプタワーの回りではデモが続いていた。会見が進むに連れジェスチャーが大きくなり質疑応答では興奮した様子を見せていた。これに先立ち10日に行われたオバマ大統領の演説では、オバマケアの継続を訴えた。トランプ氏はオバマケアは厄災だとし独自の政策を貫くとした。また、多くの自動車メーカーがアメリカ重視の姿勢を打ち出していることについて、過去最高の雇用を生み出す大統領になると述べた。

2017年1月12日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア500
日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

2017年1月7日放送 4:00 - 4:15 TBSTBSニュースバード(ニュース)
アメリカ・イリノイ州で5日、知的障害のある白人男性を刃物で脅したりトイレの水を飲ませるなど暴行し、その様子をインターネット上で生中継した黒人の若者ら男女4人が、ヘイトクライムの疑いなどで逮捕された。容疑者は映像の中で、白人やトランプ次期大統領を激しく罵るような発言を繰り返していた。オバマ大統領はこの事件を受け「差別や憎悪の存在から目を背けても得るものは何もない」として、事件以降インターネット上で拡大している差別的な言動にも懸念を示した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.