[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「イリノイ州(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月21日放送 18:15 - 18:45 NHK総合これでわかった!世界のいまこれでわかった!世界のいま
アメリカ・イリノイ州の動物園でメキシコオオカミの子供が披露された。

2017年5月15日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
今年2月アメリカのイリノイ州で巡回中のパトカーから撮影された映像では「火球」と呼ばれるものが映った。流星とは宇宙空間の細かいチリなどが大気との摩擦によって燃えたもので特に明るいものが火球と呼ばれる。日本でも観測されており、多くのものが燃え尽きるが、燃え尽きずに落下したものが隕石。そして今日、日本科学未来館で小惑星から地球を守る会議が開幕した。日本で開催されたのは初で会議には24カ国が参加した。日本スペースガード協会の三輪田常務理事によると「小惑星というのは火星と木星の間を回っているが、地球の近くまで降りてくるものがあり1万個ぐらいわかっている。その中で本当に地球に当たるかもしれないものが見つかるかも。」と述べた。 地球はこれまで、6500万年前に恐竜絶滅の引き金となったと考えられている巨大隕石の衝突があった。また1908年6月には中央シベリアに隕石が衝突し爆発、東京都の広さの樹木が倒れる。2013年2月にはロシアのチェリャビンスクで直径約17~20メートル、重さ約1万トンの隕石と推定されている隕石が大気圏に突入、爆発し一部が地上に落下したとみられている。隕石は音速の約50倍の速度で大気圏に突入し衝撃波で4700胸の建物に被害、約1200人がけがをした。理事は「これが大都市近辺で起こったら大変な被害になる。これから観測や情報ネットワークの態勢を広げるのが課題。」と述べた。先月、地球に接近した小惑星はピーナッツのような形をしており、長い部分で640メートル以上の大きさで約180万キロの距離を通過した。このサイズの小惑星がこの距離まで接近するのは10年に一度の確率とのこと。相手が大きいためミサイルを当てたぐらいで軌道は変わらないとのことで、早く発見して防災態勢を整えるという方に重点を置かないといけない、とのこと。

2017年5月9日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーショーアップ
全日空の飛行機内で、ある乗客に対し、機内食が1本のバナナだけだとイギリスのメディアが報じ騒動となっている。「おなかをすかせた乗客、9時間のフライトで朝食にバナナ渡される」、イギリスのメディア「MailOnline」によると、先月20日全日空の機内に搭乗したある乗客が、小麦粉などから作られるタンパク質であるグルテンが食べられないのでグルテンフリー食を注文した。そこででてきたのがバナナ1本だけだったとのこと。今回の報道に対し全日空は「お詫びする。改善策を検討する」とのこと。先月はオーバーブッキングで乗客を強制的に引きずり下ろしたり、先週は機内で激しい殴り合いとなったり、といったことがあったばかり。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.