[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「イリノイ州(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月15日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
ワシントン近郊で野球の練習をしていた共和党議員に男が銃を乱射した。容疑者はフェイスブックにトランプ一味を叩きのめすと書いていた。野球場で人が倒れ怒号と銃声が聞こえた。共和党下院ナンバー3の議員が重体し他5人がケガをした。銃を乱射したのはイリノイ州に住む容疑者66歳。警察官との銃撃戦の末死亡した。現場にいた議員は容疑者から練習しているのは民主党か共和党のどちらだと聞かれたという。共和党だと応えると同僚が撃たれたという。フェイスブックのヘッダーには民主党サンダース議員の顔写真が載せられている。熱烈な支持者だったという。トランプ大統領を批判する書き込みもみられた。今日は71歳の誕生日だったトランプ大統領はホワイトハウスで家族と祝いその後議員の見舞いに行ったという。トランプ大統領はツイッターで容体を大変厳しいとした。共和党と民主党は暴力には屈しないとして翌日の試合は予定通り実施するとした。

2017年6月15日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
アメリカ・ワシントン近郊のバージニア州で14日朝、連邦議会下院の共和党指導部のスカリス院内幹事など、共和党の議員たちが野球の親善試合に向けて練習をしていたところ、男に次々に銃で撃たれた。この事件で、トランプ大統領や別の議員のスタッフ、警察官など合わせて6人けがをし、容疑者の男は警察との銃撃戦の末、死亡した。男はイリノイ州の66歳の男で、去年の大統領選挙では民主党の候補者選びに立候補したサンダース上院議員をボランティアで支援していた。アメリカメディアは、男がフェイスブックに「トランプ大統領が民主主義を壊した。トランプ大統領と仲間を破壊する時だ。」などと書き込んでいたと報じていて、FBIは政治的な動機があったかなどについて捜査を進めている。声明を発表したトランプ大統領は「われわれには意見の相違があるかもしれないが、結束すれば最も強くなれる」と述べた。

2017年6月15日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
アメリカ共和党議員スティーブン・スカリス下院議員らが銃で撃たれ、合わせて5人が負傷した。容疑者はイリノイ州在住の66歳の白人の男で、警官に撃たれて死亡した。犯行の動機は不明。トランプ大統領は非常に残忍な犯行だと非難した。

2017年6月15日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
米バージニア州 アレクサンドリアで14日午前7時すぎ、公園で共和党議員幹部らが野球の練習をしていたところ、白人の男がライフル銃で銃撃を開始、共和党下院のナンバー3にあたる、スカリス院内幹事を含む5人が撃たれた。一方で、警護の警察官がピストルで反撃し男の身柄を拘束し、容疑者はその後病院で死亡した。容疑者はイリノイ州在住の男で、Facebookでトランプ大統領に強い反感を示していた。現在スカリス議員と関係者1人が重体となっている。米下院は全予定を中止し全ての議員が一堂に会して銃撃を非難するとともに被害者の早期回復を祈った。トランプ大統領も被害者に祈りを捧げているとコメントした。野球の練習は15日予定の民主党との親善試合のためで、両党は“銃撃に屈しない姿勢を示すためにも試合は行う”としている。

2017年6月15日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
アメリカの首都ワシントン近郊のバージニア州で、14日朝、連邦議会の与党共和党の幹部らが野球の親善試合にむけ練習中、何者かに銃で撃たれ5人がケガをした。共和党指導部のスカリス院内幹事などは病院で手当を受けた。容疑者の男は警察との銃撃戦で死亡した。アメリカメディアは容疑者は中西部イリノイ州の66歳の男で、去年の大統領選挙で民主党の候補者選びに立候補したサンダース上院議員のボランティアだったと伝えている。現場にいた共和党議員は男がここにいるのは民主党か共和党か尋ね、共和党と答えた後事件が起きたことを証言した。トランプ大統領はホワイトハウスで「被害にあった人々の勇気をたたえ速やかな回復を祈る」などと声明を発表した。容疑者の男のものと見られるフェイスブックにはトランプ大統領を非難する言葉が書き込まれておりFBI連邦捜査局は政治的な動機があったかなどを調査している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.