[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「イワシ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

海に面した一角に定食屋があった。ここは港や周辺の工場で働く人たちの御用達。28年前から続く名物食堂だ。この店を切り盛りしている高橋智子さん。智子さんのこだわりは、ボリューム満点の煮魚定食に、サバ・アジ・イワシを骨ごと練った黒はんぺん。体力勝負の港の男たちを支える。朝5時半、智子さんは1人仕込みを始める。清水で生まれ育った智子さんがお店を始めたのは27歳の時、マグロ漁船でコック長をしていた夫・秀勝さんが智子さんの待つ港で店を出したいと、船を降り開店させた。早い・安い・腹いっぱいがお店のモットー。しかし去年秀勝さんは心臓を患い、長期間の入院を余儀なくされた。店の看板だったマグロの刺し身は今出すことが出来ない。秀勝さんが戻るまで店を守る覚悟だ。秀勝さんの煮汁の色を思い出しながら、その味に近づけるよう努力する日々。智子さんは「見よう見まね、でもなかなかお客さんには満足してもらえるかどうかそこがちょっと心配なんですけど、なかなか主人のようにはいなかいです」と話した。2日に一度は来るという常連さん。常連さんは「いつもながら美味しいです」とコメントした。心意気溢れる富士の港の風景。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 11:40 - 12:40 テレビ東京昼めし旅大阪府豊中市 凄技連発!チアリーダー部
大阪府豊中市にあるスポーツ強豪校でご飯調査。さっそく練習場に行くとチアリーダー部が練習していた。いかに観客を魅了できるかを競うれっきとしたスポーツ。箕面自由学園のチアリーダー部は社会人も参加するJAPAN CUPで通算17回優勝するなど輝かしい栄光を誇る常勝軍団。練習にある特徴が。なんでもコーチに教えてもらうのではなく、部員同士でどこが悪かったのか、どう改善すれば良いのかを徹底的に話し合うスタイル。そうすることで、チーム全体のレベルアップに繋がる。彼女たちの強さが分かったところで、あなたのご飯を見せて下さいと交渉。交渉成立。今回ご飯を見せてくれるのは寮生活をおくる部員の皆さん。彼女たちの夕ご飯はバジルとチーズが香る女子寮のオシャレめし。調理を担当するのは土山さんと榎並さん。まずは牛肉を炒め、ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・糸こんにゃくを加える。しょうゆ・みりんで味をととのえ、火を通せば、肉じゃがの完成。白ワインで風味付けしたイワシにバジルソースをかけスライスチーズを挟んだおしゃれな一品。最後にオリーブオイルをかけオーブンで焼けば、イワシのバジルソースチーズ焼きの完成。デザートなどがついて合計7品。寮生活が長い3年生の生徒は肉じゃがの残りを使った特製チーズ牛丼を作って食べていた。

2017年5月18日放送 9:55 - 10:25 TBSおびゴハン!おびゴハン!
イワシを手開きにする。骨が残らず口当たりがよい。大きい骨などは包丁で落とす。セロリを千切りにする。パン粉をきつね色になるまで炒っておく。フライパンにエキストラバージンオリーブオイルとつぶしたニンニクを入れて加熱する。香りが移ったところでニンニクを外し、うすく強力粉をまぶしたイワシをフライパンに投入。カリッと仕上げるため強力粉は薄くつける。その一方で、パスタを7分間茹でる。イワシを焦がさぬよう中火で焼きながら鷹の爪をひとつまみ加える。セロリ、レーズン、くるみ、アンチョビを投入。味付けはアンチョビの塩気のみ。甘みははちみつやレーズンで加えるのが本場の味。セロリがしんなりしたら白ワイン投入。アルコール分が飛んだら水を加える。ちなみに梅雨時期に水揚げされるイワシは入梅イワシといわれ1年で最も脂がのっていて美味しいといわれている。茹で上がったパスタをフライパンに投入、さらにエキストラバージンオリーブオイルを垂らして加熱する。皿に盛り付け、パン粉、イタリアンパセリ、レモンをのせ、エキストラバージンオリーブオイルをまわしかけて できあがり。

2017年5月16日放送 9:50 - 11:25 フジテレビノンストップ!笠原のおかず道場
「イワシのつみれバーグ」の作り方を紹介。3枚おろしにしたイワシをミンチ状態して、ショウガ、砂糖、卵、片栗粉、味噌、セロリを混ぜる。セロリを加えると食感と香りがプラスされる。成形してフライパンで焼き目をつける。

2017年5月15日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
番組トーク。年間発生数は約7000件で2006年に比べると約25倍になっている。アニサキスの幼虫は体長2~3cmで白くて糸状のようになっている。サバやイワシなど魚介類などの内臓に寄生していてお酢、塩、ワサビなどでは死滅しないという。症状は激しい腹痛、嘔吐などがあるということだ。なぜアニサキス中毒は増えているのかというと冷蔵技術、輸送技術の向上で冷凍ではない新鮮な魚介類が手に入るようになり、生で食べる機会が増えたということだ。さらに診断技術の向上で以前は特定不明だった食中毒がアニサキスと特定できるようになったということだ。予防法としては内臓は取り除き食べない、刺し身はよく見る、加熱、冷凍が効果的だという。八代は「イカなどは見つけにくいから冷凍で一晩寝かすのはいいかもしれない」とコメントした。

2017年5月15日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!(特集)
おひとりさま料理テクニック(2)は市販の一人用惣菜に冷蔵庫の食材と掛け合わせたお惣菜アレンジレシピ。まず、イワシに塩をふり、5分ほど放置し、魚から臭みのある水分を取り出す。そしてポテトサラダを包むようにイワシを巻いたら切れ目を入れ、バターを乗せたらアルミホイルで包んで10分ほど焼いたら完成。
次はきんぴらゴボウをアレンジ。まず最初にフライパンにサラダ油を敷き、フライパンにしょうがを入れてしょうがの周りに油が沸々してきたら牛肉を並べて焼いていく。砂糖・しょうゆを加え、肉の色が変わっていくまで火を通したらキンピラを加え、味を馴染ませたら完成。
ミニライスクッカーで作る五目おこわを紹介。まず、もち米を洗い・みりん・醤油・水を加えて混ぜる。あとは五目煮と一緒に炊き、10分ほど蒸らせば完成。ミニライスクッカーの魅力はこのあとスタジオで紹介する。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.