[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ウォーターゲート事件」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
トランプ政権にはロシアと通じている疑惑が持たれている。フリン前補佐官がロシア大使と密談していた疑惑がありFBIが捜査しようとしたところトランプ大統領がFBI長官を解任したため捜査妨害ではないかと疑惑が持たれ司法省がムラー氏へ特別検察官を任命した。特別検察官の任命は過去の政権にも大打撃を与えており、ウォーターゲート事件やクリントン大統領の不倫スキャンダルなどの例がある。トランプ大統領が自ら辞めるのか?については「居座るとは思うが求心力は落ちる」「韓国の前政権とダブる」などコメント。またロシアとの関係については「選挙期間中に取り引きを行っていたと言われている、表面化した場合は国内だけの問題ではない」などコメント。また特別検察官にムラー元長官が選ばれたことは全FBI捜査官の期待を担っているなどコメント。「トランプ大統領が支持率回復のために前例の無いことをしたり他国へ何らかの介入することにならなければ」ともコメント。また、一番考えられるのは北朝鮮への軍事行動だが、国内のスキャンダルを帳消しにするための軍事行動は軍部が受けられないと思う、とコメントした。

2017年5月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
昨日から外遊を開始している米・トランプ大統領。現在支持率は最低まで落ち込んでいる。この流れを春名氏は「支持率が過去最低を記録したのは”ロシア疑惑”に対してのアメリカメディアの追求が大きく影響している」と分析。番組では、歴代大統領の辞め方を紹介。自分で辞めたのはニクソン元大統領のみだというが、弾劾裁判で辞めさせられた大統領はいないという。まだロシア疑惑での証拠が出てきていないため今後の展開に注目が集まる。

2017年5月21日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンデーブ・スペクターのワールドワイド・ニュース
トランプ大統領が水曜日に出席した式典でメディアでの不満をぶちまけた。その理由はメディアが去年の大統領選でロシアがトランプ氏の当選を狙いクリントン陣営の選挙活動を妨害したという疑惑から、FIB長官のコミー氏を突然解任したことを報じたため。その翌日にはニューヨーク・タイムズはロシアラブロフ外相との会談でトランプ大統領は「変人をクビにしたことでロシアを巡る圧迫感が取り除かれた」と発言したと伝えた。大統領がFBIの捜査を妨害しロシアとの疑惑を隠そうとしたと指摘を受けている。そんな中、アメリカ司法省はFBI長官を12年務めたロバートモラー氏を特別検察官に任命すると発表した。過去にはクリントン大統領の不倫もみ消し疑惑やニクソン大統領のウォーターゲート事件など政権を揺るがす事件に登場した特別検察官に、トランプ氏は魔女狩りだと批判した。議会ではトランプ大統領を辞めさせる弾劾を求める声が上がっている他、アメリカ連邦議会乗員情報委員会の公聴会にコミー氏が出席する予定でトランプ政権とロシアとの疑惑について証言するかが注目される。四面楚歌とも言える状況に今後はどうなるのか。

2017年5月20日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター7DAYS REPORTS
トランプ大統領のロシア疑惑解明に特別検察官が任命された。過去にニクソン大統領のウォーターゲート事件、クリントン大統領の不倫もみ消し疑惑でも特別検察官が任命され、ニクソン大統領の場合は辞任に追い込まれた。今回、任命を受けたのは12年に渡ってFBI長官を務めたロバート・モラー氏で、FBI職員からの信頼も厚い。明治大学の海野教授は捜査に向けたFBIの本気度が伺えるという。また、議会では民主党のグリーン下院議員が司法妨害に伴うトランプ大統領の弾劾を要求した。齋藤孝氏は「調査していたFBIの長官を更迭した段階で司法妨害という疑いを持たれる」と語った。湯山玲子氏は内政のゴタゴタに対する批判をそらそうと、北朝鮮に何らかの措置を講じるのではないかと懸念を示した。

2017年5月20日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
トランプ大統領のロシアゲートをめぐって強い権限を持つ特別警察官が任命された。議会では大統領を罷免する弾劾を求める声が上がっており、これはトランプ政権の終わりの始まりだという声もある。大統領選でトランプ陣営がロシアと連携しクリントン陣営にサイバー攻撃やイスラム過激派組織ISに関する情報をロシア外相に漏えいなど連日報じられている疑惑に加え今週さらに大統領弾劾につながりかねない疑惑が浮上した。今年2月大統領選の期間中にロシアと不適切な関係があったとして辞任したフリン前補佐官。FBIが捜査に乗り出していた。ニューヨーク・タイムズによるとこのFBIの捜査にトランプ大統領が介入したという。フリン氏が辞任した翌日当時のFBI長官であるコミー氏と二人きりになった際、「フリンはいいやつだ、捜査を終わらせてほしい」と切り出したという。コミー氏はこのやりとりをメモに残しているという。トランプ政権は改めて否定。過去ニクソン大統領がウォーターゲート事件で自らに捜が及んでいることを知り捜査に介入し辞任に追い込まれている。最新の世論調査では不支持率が54.6%となっている。司法省も動き出した。去年のトランプ陣営とロシアの関係を捜査するためミュラー元長官を特別検察官に任命し起訴する権限を与えられた。政権や議会の行方は?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.