[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「プーチン大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

トランプ次期大統領は、自分に対するメディアの報道を批判。またフィアットクライスラーやフォードが国内に工場を作ることを賞賛。GMや他の業界の企業も追随することを期待するとした。最も多くの雇用を作る大統領になると宣言。20日は特別な一日になると話した。
トランプ次期大統領は質問に対して回答。ミーティングは非公開で内容については話せない、情報が公開されたことは恥ずべきことだが、それは嘘のニュースで、敵対する勢力が行ったものだと話した。2200万件の個人情報がサイバー攻撃で奪われたとされるが、それは中国によるものかもしれない。才能のある人を集めてサイバー攻撃への守りを固めると話した。
トランプ次期大統領は、プーチン大統領との関係について、ニュースはデマだと説明。ヒラリー氏の批判をした。
トランプ次期大統領は、ロシアのサイバー攻撃に対してオバマ大統領が制裁を加えたことについて、プーチン大統領がトランプ氏を助けようとしたことなどないと釈明。ロシアはISとの戦いで努力をしている、ロシアとの関係がどうなるかは分からないとした。
「ロシアから恐喝される可能性があるのでは?」という質問に、トランプ次期大統領は、ロシアに限らずどこへ行くにもそこら中にカメラがあることに気を付けなければならないと話した。
「ロシアのハッキング行為は正当化できるか?」という質問に、トランプ次期大統領はロシアとは一切取り引きを行っていないし、これからも行わない、ロシアに対する負債は一切ないと話した。さらにドバイから20億ドルを提供するという話があったが断ったと話した。
「税の申告書を出してロシアと取り引きがないことを示すのか?」という質問に、トランプ次期大統領は、みんなが投票して自分は大統領になった、自分の息子が会社の経営を行い、自分は経営権を息子に譲ると話した。
トランプ次期大統領は会社の経営権を2人の息子に譲ると話した。トランプ氏の弁護士は、これはアメリカ国民に安心してもらうためで、ビジネスとは関係を持たないようにして、大統領の職務を個人的な恩恵のために行わないようにするためと語った。これは大統領職についている間続くと語った。またトランプ氏の流動的な資産は信託に預けられると説明した。また外国との取引はせず、国内の取引はアドバイザーの指導に従うことになると語った。これによってトランプ氏はトランプ・オーガナイゼーションから完全に引き離されると語った。また会社を売却しない理由は会社売却によって利益相反を払拭できないためだと説明した。こうしたことからアメリカの国民が大統領がアメリカを偉大にすることだけに関心を持つということをわかってもらえるのではないかと説明した。
「将来的に閣僚などへ利益相反の指摘があるかもしれないのでは?」と質問された。トランプ次期大統領は、多くの人から意見を聞いており、皆満足していると説明した。またトランプ次期大統領は貿易など悪い取引ばかりなので、成功を納めた優れた人々を政権に招きたいと説明した。
「オバマケアをどのように入れ替えてなくすのか?またそれに変わるものは?」と質問された。トランプ次期大統領はオバマケアは最悪のもので、正しくない方向に導かれていると語った。そのためオバマケアを入れ替えて別のものにして、医療保険関連の法案をすぐに通すつもりだと語った。長官たちが任命されて仕事が始まったらすぐに計画を提出すると説明した。
法人税の減税についての質問に対し、トランプ次期大統領は、さまざまな企業と会って多くの雇用を救った、企業が海外に移転してメキシコから輸入するなら大きな関税を課すと話した。
トランプ次期大統領は国境の壁について、メキシコと交渉してすぐに壁作りを始める、メキシコにも必ずその費用を支払わせると話した。最高裁判事の候補について、今20人のリストがあって、みんな素晴らしい人たちだ、信念を持って決めると話した。ナチスに関する発言について、情報機関が誤った嘘のニュースを公開するのは恥ずべきことだと話した。
トランプ次期大統領は質問を求める記者を制し、別の記者を指名した。「オバマ大統領のロシアへの制裁はやり過ぎか?」という質問に対し、トランプ次期大統領は否定した。
「疑惑が事実なら立場を考え直すのか?」という質問に、トランプ次期大統領は「そんなことはない」と回答。
トランプ次期大統領はメディアに対し、きちんとした倫理観を持っている人に来て欲しいと要求。自分は言い返すことができるが、反論する機会のない人はメディアに人生を台無しにされることもあるので、誠実に報道して欲しいと話した。
「アメリカの情報機関を信じられるか?」という質問に、トランプ次期大統領は、90日以内にサイバー攻撃に関する報告をしてもらって見直す、アメリカはサイバー攻撃に対する守りが弱いので、守りを固めると話した。
「ロシアのハッキングに関して情報機関を批判したのはなぜか?」という質問に対して、トランプ次期大統領は、機密文書が報道機関に漏れたこと自体が情けないと話した。
「あなたやあなたの関係者が大統領選の間、ロシアと接触を図ったことはないと断言できるか?」「ロシアがハッキングをしていたとしたらプーチン大統領に何を言いたいか?」という質問に、トランプ次期大統領は「もうそんなことはすべきでないと言う」と回答。問題はロシアだけでなく、中国もサイバー攻撃を行っている、自分が大統領になればロシアも中国もメキシコも日本も、もっとアメリカに敬意を払うようになる、などと話した。
トランプ次期大統領は2人の息子に会社の経営権を譲ることを改めて説明。8年後にいい仕事をしたねと言えるようにして欲しい、そうでなければクビだと言うことになるだろうと話した。
「あなたの関係者がロシアと接触を図ったかという質問に答えていない。断言できないのか?」という質問に、トランプ次期大統領は答えず会場を後にした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月1日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
カール・ビンソンは長崎・対馬沖を通過、朝鮮半島東の海域に到着した。また日本政府も護衛艦「いずも」に防護任務を命じるなど日米関係の連携を強化した。さらに日米英仏が初の共同訓練をグアム周辺で実施する予定。国際社会からは武力衝突を危惧する声が上がっている。ドゥテルテ大統領は北朝鮮のミサイル発射に苦言を呈した。フランシスコ法王もこの問題は熱くなりすぎと話す。プーチン大統領は6カ国協議再開を提案した。安倍首相は6カ国協議について直ちに再開できるものではないとしている。北朝鮮に国際社会はどう対応するのか?

2017年5月1日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
続いて時事通信の報道から、北朝鮮の外交関連の新たな動きを紹介。北朝鮮の外務次官はロシアの駐朝大使と会談して核抑止力の重要性を強調、ロシア側は立場に理解を示したという。辺真一氏は、北朝鮮の立場としてはあり得る発言である、外務次官はアメリカとの交渉担当でありロシアに意思表明をしたことを不気味と感じると答えた。中林美恵子氏は、北朝鮮が中国と疎遠になればロシアが隙間に入り込むと答えた。田崎史郎氏は、安倍首相がプーチン大統領との非公式会談でトランプ大統領の意志を伝えたとみられると答えたが、他のメンバーからは考えにくいなどとの声があがった。
続いて北朝鮮のミサイル発射について解説。発射した基地は内陸部の北倉(プクチャン)と、これまでの沿岸の基地とは異なる場所からとなった。辺真一氏は、北朝鮮は公式に報道しておらず、ミサイル発射は失敗とみられると答えた。今後の発射も10日程度の周期で予想されるといい、アメリカや周辺国の圧力を受けて開発を急いでいるようだと答えた。中林美恵子氏は、国連安保理へのけん制とも考えられる、トランプ大統領がツイッターで挑発を続けていることに反応した可能性もあると答えた。核実験については、次の実験で核弾頭が完成する可能性がある、これまでの実験で国力を大幅に犠牲にしていることからあきらめることはないはずなどと話した。

2017年5月1日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊一面まるわかり
海上自衛隊初の米艦防護は、中国に促す連携圧力だと指摘されている。北朝鮮をめぐってはロシア・プーチン大統領が日露首脳会談で核問題に関する6か国協議の再開を提起した。中国・王毅外相も国連安保理の会合で対話を考えるべきだと訴えた。これについて日米韓は時期尚早との立場を取っている。政府高官は、北朝鮮が「朝鮮半島の非核化に向けた協議の用意がある」と言うまで圧力をかけ続けるとしている。龍崎孝は米艦防護の狙いについて、「日米一体化を誇示する政治的意図が濃厚」だとした。中国がなんらかの圧力をかける必要がある。しかし中国やロシアは話し合いが必要だと声を上げている。米艦防護により軍事圧力を加え続ける意味を強調したとも取れる。(産経新聞)

2017年4月30日放送 22:00 - 23:15 フジテレビMr.サンデー(ニュース)
北朝鮮を止めるカギを握るのは、ロシア・プーチン大統領だった。

2017年4月30日放送 12:00 - 12:15 NHK総合ニュース(全国のニュース)
ロシアとイギリスを訪問していた安倍首相が帰国した。27日にモスクワでプーチン大統領と日ロ首脳会談を行い、北方領土での共同経済活動の実現に向けて来月に共同で現地調査を行うほか、元島民による航空機での初の特別墓参の実施などで合意した。28日にはメイ首相と会談し、来月のG7サミットへの対応を協議し両国が自由貿易を主導することなどを確認した。一連の首脳会談では北朝鮮情勢への対応で協力していくことで一致した。安倍首相は「テロ等準備罪」を新設する法案や天皇陛下の退位を可能にする特別法案などの今国会の成立を目指す。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.